エゴノキの末弟

 昨日は雨が降るような予報だったのに、いつまでたっても降りそうにない空模様。新型インフルエンザのおかげで半ば自宅軟禁状態のshowzineを連れて午後から定点に行ってきました。目的の一つはFITのリフレッシュ。放置が続いたので虫やゴミで一杯になってるんじゃないかと心配でした。

 予想通りの状態。緑色に濁っていて藻も発生しています。ボウフラまで湧いていました。
それでも初採集のオオキノコムシ(チビオオキノコだけど)やハムシが落ちていてそこそこ嬉しかったです。オオキノコは同定でつまずいていますが。
沢の水で綺麗に洗って、再びセットしてきました。早春には風通しもよかった場所も下草が茂り出し、どうも虫の飛行ルートとは言えなくなってきたので、3セットのうち2つは少し場所を移動しました。

定点のミズキもほぼ終わり。かわってエゴノキが花盛り。ウツギも咲き始めました。
エゴノキの花を掬うとアオハムシダマシが無数に入ります。アオハムシダマシなのに赤いのばかりです。その中でも真っ青の個体が珍しく、いくつか摘んできました。
薄日の差していた天気もどんよりと曇ってきました。
これが最後、これが最後とエゴノキの花を掬っていた時です。
数年来探していた虫が網に入りました。


e0083097_19264682.jpg エゴシギゾウムシ

 エゴノキの名前を冠するゾウムシは3種類。我が家ではそれを『エゴノキ3兄弟』と称して揃えるのを目標にしていました。

エゴツルクビオトシブミ(長兄)はオトシブミ科であってすでにゾウムシですらない。まあそれは置いといて、一番多く見つかります。長兄かな。

エゴヒゲナガゾウムシ(次兄)も実はゾウムシ科ではありませんね。まあいいや。これはウシヅラヒゲナガゾウムシの別名があって奇妙奇天烈な顔をしています。地元では未採集ですが、千葉県でエゴの実を拾ってきていくつも羽化させた事があります。

そしてこの日やっと見つけたのがこの末弟です。宇治の山にはエゴノキがた〜くさん生えていて今までも散々掬ってきました。なかば諦めていのに・・・・。

やっと見つけたっ!
やっぱりいたんだね。
小さいゾウムシばかり見てきたけどそこそこ大きくてカッコいいです。



おまけ トンボの作ったハートマーク。
    それぞれの羽先にある点々模様が色違いなのがかわいい。
e0083097_209288.jpg

[PR]
by aile21 | 2009-05-25 20:14 | とうちゃん


京都南部の野山で宇治虫親子が発見した生き物の記録  出演 とうちゃん(aile21)・かあちゃん・ちび宇治虫(showzine)


by aile21

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

以前の記事

2016年 05月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 08月
more...

リンク

フォロー中のブログ

昆虫ブログ むし探検広場
生きもの写真家安田守の自...
もえび生物観察記
とある昆虫研究者のメモ
雑問のすすめ@じごまる
まぁくんのオサムシ
生きもの写真家 安田 守...
石神井公園の蟲日記
こぶ屋日記
虫の棲む星
些昆虫記
つやまぐ探虫記
別刊 宇治虫
さぼってばかりの虫屋日記2
古道具屋kanonさんち...
るど公園...
となりの昆虫記。
蠢蝦螽蟷昆蟲記

カテゴリ

全体
とうちゃん
ちび宇治虫
かあちゃん
こんなものみつけた
ちびがみつけたもの
カエル
上海編
関東編
東北編
中部編
沖縄編
中国編
四国編
東海編
北陸編
九州編
未分類

タグ

(213)
(186)
(108)
(84)
(83)
(66)
(52)
(47)
(36)
(33)
(20)
(19)
(19)
(19)
(14)
(13)
(11)
(10)
(6)
(6)

ライフログ


京都の昆虫


小さな骨の動物園


生き物屋図鑑


へなちょこカミキリロード―初心者のためのカミキリムシ入門


昆虫コレクション―集めて楽しむ (森の休日)


森と水辺の甲虫誌

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

近畿
自然・生物

画像一覧