梅雨あけたかな?

e0083097_2057751.jpg
 昨日の昼間は大荒れとなった宇治近辺でした。まさか新聞やニュースで突風の記事を見るとは思いませんでした。

 今日も引き続き不安定な天気との予報でしたが、昼前になっても太陽が燦々と輝いていて明るい夏空が広がっていました。それならばと、昼から家族で定点のノリウツギを見にいきました。
e0083097_2153615.jpg
 宇治の山にはそれほど多くはありませんがノリウツギがポツポツと咲いています。リョウブの花もそろそろ終盤の時期、このノリウツギが夏の花掬いでは最後のステージです。

 しかし、目の前で咲いている花をじーっと観察しても甲虫らしい姿は見当たりません。う〜ん・・・。
ヒメトラハナムグリだけが元気に飛び回っていました。
あたりを見回すと長い梅雨のせいか山のあちこちから水が流れ出しています。普段は小さな小川がゴウゴウと白波を立てて流れています。

網を持ってブラブラと花を見上げながら歩いてみました。
下から眺めていて何か黒いシルエットがフワフワと飛んでいるのが目に入ったのですかさず掬ってみました。
またオオヨツか?
e0083097_21174765.jpg
 一瞬、ヨツスジハナかと思いましたがよく見ると・・・あれ?
コウヤホソハナカミキリでした。
宇治では初めてだなあ。ここにもいるんだ。

 その後、名残りのリョウブを見上げながら歩いているとまたオオヨツ。今回もかなり黒っぽい個体でした。そういえば宇治ではオオヨツスジハナカミキリはよく採れるけれど、♀は採った事がありません。どうしてかな?
 「このオオヨツどうする?」と摘んでいた時、ふと視界に入ったリョウブの葉裏にカミキリの姿が!
網からつまみ出したオオヨツをshowzineに渡してすぐに網を被せました。

e0083097_21273188.jpg

おおっと!
クスベニカミキリ
そういえばこれもまた宇治では採集していませんでしたねぇ。
地元ラベルの虫はまだまだ採れるのでホッとしました。それも真夏の虫だなあ。


おまけ
e0083097_2138912.jpg
 showzineが見つけてきました。テントウムシがクモの巣に引っかかっていると思って見てみるとなんとクモでした。
アカイロトリノフンダマシ
蜘蛛の事はよくわかりませんが、この仲間は鳥の糞に擬態しているようです。しかしこいつはまるで描いたような目玉模様がついていて面白いです。漫画みたい。
「ずいぶん目が離れてるよ〜。」正面から見た魚みたい。
すでに「鳥の糞」のコンセプトはどこへいったのやら。(笑

どうやら当分は天気も安定しそうです。
ということは暑い日が続くんだろうなあ・・・。
[PR]
by aile21 | 2009-08-02 21:50 | とうちゃん


京都南部の野山で宇治虫親子が発見した生き物の記録  出演 とうちゃん(aile21)・かあちゃん・ちび宇治虫(showzine)


by aile21

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

以前の記事

2016年 05月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 08月
more...

リンク

フォロー中のブログ

昆虫ブログ むし探検広場
生きもの写真家安田守の自...
もえび生物観察記
とある昆虫研究者のメモ
雑問のすすめ@じごまる
まぁくんのオサムシ
生きもの写真家 安田 守...
石神井公園の蟲日記
こぶ屋日記
虫の棲む星
些昆虫記
つやまぐ探虫記
別刊 宇治虫
さぼってばかりの虫屋日記2
古道具屋kanonさんち...
るど公園...
となりの昆虫記。
蠢蝦螽蟷昆蟲記

カテゴリ

全体
とうちゃん
ちび宇治虫
かあちゃん
こんなものみつけた
ちびがみつけたもの
カエル
上海編
関東編
東北編
中部編
沖縄編
中国編
四国編
東海編
北陸編
九州編
未分類

タグ

(213)
(186)
(108)
(84)
(83)
(66)
(52)
(47)
(36)
(33)
(20)
(19)
(19)
(19)
(14)
(13)
(11)
(10)
(6)
(6)

ライフログ


京都の昆虫


小さな骨の動物園


生き物屋図鑑


へなちょこカミキリロード―初心者のためのカミキリムシ入門


昆虫コレクション―集めて楽しむ (森の休日)


森と水辺の甲虫誌

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

近畿
自然・生物

画像一覧