コニワハンミョウ

 朝まで降っていた雨も抜け、快晴の一日になりました。しかし日差しは強いものの猛烈に風が強かったです。
今日は大阪市立自然史博物館の研修会(プロジェクトY)に親子で初参加してきました。
e0083097_195375.jpg
 抜けるような青空の下、菜の花がどこまでも広がっていました。

 現地に着いて採集を始める前に各人が目的の虫などを一言コメントで自己紹介しました。その時にコニワハンミョウの名を聞いて、はて? こんなところにコニワハンミョウなんているのかな?
気になったのでその場で伺うとどうやらそこそこいるらしい。我が家はこの地でニワとエリザしか採ったことがないので俄然採りたくなってきました。
 しかし、いざ川べりに足を向けるとだんだん不安が。今朝まで降っていた雨のおかげで増水した川。狙いの砂州が水没していました。すっかり諦めて辺りの菜の花や丈の低い草をビーティングしたりしました。しかしこれといって目ぼしい虫もとれません。一番多く目にするのはハナノミダマシの仲間。ゾウムシもイチゴハナゾウくらい。
目先を変えて枯れ草をひっくり返してハネカクシを少し摘んだりしました。showzineは何をやっているのかと接近すると朽ち木をほじくっていました。
「なんか採れた?」と聞いても「なんも・・・、シロアリくらい。」
二人でしばらくほじくっていくと大きな幼虫が出てきました。ヒラタクワガタじゃないかな。

もう一つ盛り上がらないままミズギワゴミムシを摘んでいると、
「コニワ採れました?」と声が掛かりました。
「えっ??」

どうやらここからほんの少しだけ下流に砂州が広がっているらしい。しかも「いっぱい飛んでますよ。」と教えていただきました。そろそろお昼でしたが急いで車に戻り長網を取ってきました。
showzineと二人で砂州を平行に並んで進みました。私は水際を進んでいたので小さなミズギワゴミムシ(おそらくドウイロミズギワ)に気をとられがちでしたが横ではshowzineがしきりに網を振るっています。「こっちにいっぱいいる」と言うので私もそのラインを集中的にさがしました。強い日差しを反射した白い砂が眩しい。
やがて・・・

e0083097_20191018.jpg

e0083097_2020475.jpg
 やっと採れました。万歳〜♪

よく探すとホントにたくさんのコニワハンミョウが見られました。
ここ数年、新しいハンミョウを採っていなかったので嬉しい一品です。しかも通い慣れたこの河川敷で採れたのだからびっくりです。まだまだこのポイントは楽しめます。

この勢いでカワラハンミョウも・・・、いや、さすがにあれは絶滅してるかな。
 昼食後は橋を渡って対岸へ。

 土手を下りて河川敷の草むらに入ってすぐめに飛び込んできた光景は猫の死体です。うう・・・。
やっぱり素通りはできませんでした。初めは遠巻きに観察しました。無数のハエがたかり、いろいろなところを蛆が蠢いていました。枯れ葦の棒で死体をひっくり返してみると強烈な臭いが襲ってきます。うう・・・・。
 そこで目に留ったのがネットでみたことのある虫でした。

e0083097_21343100.jpg
オニヒラタシデムシ
オオヒラタ、ヨツボシモンばかり目にしてきたのでこのゴツゴツした上翅は目を惹きます。
強いて言うならアカガネオサムシのような。(そこまでシャープではありませんが)
シデムシは積極的に採りませんがこれは採らなくては!
どうしよ、どうしよ・・・。さすがに今の今まで死体に張り付いていたシデムシを素手で掴むのは躊躇います。しかし迷っているうちに草むらに逃げられてしまいそうだったので、意を決して摘んでしまいました。

 その後も「コブスジいないかなあ・・・」と執拗に死体の下の草を掘り返してみました。

e0083097_2114358.jpg
 んん・・・、なんかポツポツいるぞ。
多くのハネカクシとは別に丸っこい甲虫がモゾモゾ。なんか模様があるぞ。
「チビシデか?」という私。
「ケシキスイや」とshowzine。

持ち帰って調べてみたらケシキスイでした。
キボシヒラタケシキスイ
腐植した動植物に集まるらしい。
これもまた初採集になりました。

結局コブスジコガネは見つけられませんでしたが、死体が生なましいのでもう少し経ってから見に来ることにします。
 長い間、死体の臭いをかいでいたからかどうかは分かりませんが少々頭が痛くなってきたので網を置きました。
めまぐるしく変わる天候、寒暖の差のせいか、はたまた数年来続いている大伐採の影響か、総じて虫の数は多く感じませんでしたが初採集の虫がいくつも採れて十分満足な一日でした。また他の虫屋の方々といろいろお話が出来たので、思わぬ成果もあったように思います。御一緒して下さった皆様ありがとうございました。
[PR]
by aile21 | 2010-04-29 21:29 | とうちゃん


京都南部の野山で宇治虫親子が発見した生き物の記録  出演 とうちゃん(aile21)・かあちゃん・ちび宇治虫(showzine)


by aile21

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

以前の記事

2016年 05月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 08月
more...

リンク

フォロー中のブログ

昆虫ブログ むし探検広場
生きもの写真家安田守の自...
もえび生物観察記
とある昆虫研究者のメモ
雑問のすすめ@じごまる
まぁくんのオサムシ
生きもの写真家 安田 守...
石神井公園の蟲日記
こぶ屋日記
虫の棲む星
些昆虫記
つやまぐ探虫記
別刊 宇治虫
さぼってばかりの虫屋日記2
古道具屋kanonさんち...
るど公園...
となりの昆虫記。
蠢蝦螽蟷昆蟲記

カテゴリ

全体
とうちゃん
ちび宇治虫
かあちゃん
こんなものみつけた
ちびがみつけたもの
カエル
上海編
関東編
東北編
中部編
沖縄編
中国編
四国編
東海編
北陸編
九州編
未分類

タグ

(213)
(186)
(108)
(84)
(83)
(66)
(52)
(47)
(36)
(33)
(20)
(19)
(19)
(19)
(14)
(13)
(11)
(10)
(6)
(6)

ライフログ


京都の昆虫


小さな骨の動物園


生き物屋図鑑


へなちょこカミキリロード―初心者のためのカミキリムシ入門


昆虫コレクション―集めて楽しむ (森の休日)


森と水辺の甲虫誌

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

近畿
自然・生物

画像一覧