おがくず 2態

 
e0083097_0103087.jpg
 材箱の置いてある玄関内の壁を歩いていていた極小ゾウムシ。
たぶんシバタカレキゾウムシ。一体どこから出てきたんだ?拾ってきた材を突っ込んである容器は衣装ケースだったり、微妙に隙間の開いてるクリヤーボックスだったりでどれも可能性はある。でも実はこれ2匹目。山形のブナ材から1ヶ月くらい前に出ていたのと同じゾウムシだ。そう考えるとこの脱走ゾウムシも山形ブナかな。

 ゾウムシやらシロオビチビカミキリやらがちょこちょこ出てきているので、不安になって材箱をチェックしてみました。
顕著な変化のある箱もあれば、まったくなんの変化も無い箱があります。ブナやミズナラはカビがもうもうとはびこっていて、あちこちからおがくずが涌き出しています。
 でもおがくずが出ているからといってカミキリとは限らないんだよね〜。
e0083097_0381463.jpg
 これはかなりカミキリっぽい感じ。モリモリといい感じで盛り上がってます。
e0083097_0405649.jpg
 そして、ちょっと戸惑うのがこのパターン。なんだかそうめんみたいなおがくずがニュルニュルっと出ています。しかもかなりあちこちからニュルニュル・・・・。何が潜んでいるんだろうな〜?

 他に顆粒状のおがくずを排出している虫もいるようだ。例えて言うなら、『本だし 顆粒』かな。でもこれは野外でもよく見るタイプ。ホジホジしてもカミキリが出てきたためしがないです。おそらくハチか、蛾か・・・・、よくわからんということです。

 ミズナラ箱の底に、もう1匹のシロオビチビカミキリ発見。昇天なさってました。

 ブナ箱の底には小さなムカデ様。こんなものまで入り込んでいたのか・・・。他の虫を喰い荒されてはたまらんので強制退去させていただきました。

 カビだらけだし、小っちゃな小バエやら、シラミのような輩がコソコソ蠢いています。こんな箱、虫嫌いの家族がいたら置いておけません。
[PR]
by aile21 | 2006-12-06 01:17 | とうちゃん


京都南部の野山で宇治虫親子が発見した生き物の記録  出演 とうちゃん(aile21)・かあちゃん・ちび宇治虫(showzine)


by aile21

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

以前の記事

2016年 05月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 08月
more...

リンク

フォロー中のブログ

昆虫ブログ むし探検広場
生きもの写真家安田守の自...
もえび生物観察記
とある昆虫研究者のメモ
雑問のすすめ@じごまる
まぁくんのオサムシ
生きもの写真家 安田 守...
石神井公園の蟲日記
こぶ屋日記
虫の棲む星
些昆虫記
つやまぐ探虫記
別刊 宇治虫
さぼってばかりの虫屋日記2
古道具屋kanonさんち...
るど公園...
となりの昆虫記。
蠢蝦螽蟷昆蟲記

カテゴリ

全体
とうちゃん
ちび宇治虫
かあちゃん
こんなものみつけた
ちびがみつけたもの
カエル
上海編
関東編
東北編
中部編
沖縄編
中国編
四国編
東海編
北陸編
九州編
未分類

タグ

(213)
(186)
(108)
(84)
(83)
(66)
(52)
(47)
(36)
(33)
(20)
(19)
(19)
(19)
(14)
(13)
(11)
(10)
(6)
(6)

ライフログ


京都の昆虫


小さな骨の動物園


生き物屋図鑑


へなちょこカミキリロード―初心者のためのカミキリムシ入門


昆虫コレクション―集めて楽しむ (森の休日)


森と水辺の甲虫誌

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

近畿
自然・生物

画像一覧