ミツノゴミムシダマシ

 昨日は年始まわりで神戸の親戚へ行ってきた。
行き掛けになにか採れれば、と思っていたのに朝から雨模様。
一度あきらめかけたけれど、なんとか雨もあがってきたようなので、住宅街のなかにポツンとあった小さな神社の裏手の、これまた小さな雑木林を覗いてきました。正味1時間くらい。

e0083097_17203340.jpg 照葉樹の多い薄暗い林のなか、道具も持たずに「ちょっと見るだけ」くらいのつもりで「なにかいないかな・・・」と歩いて行く。宇治の山と生えている木々が違う。竹やぶが所々入り交じっている。崩せそうな崖も見当たらないし、手鍬を取りに戻る事もないなぁ。

なにも採れなさそう・・・・、戻ろっか。

 来た道を戻りながら、足元で気になる朽木を靴のかかとで崩したりしていると、クチキムシみたいな虫がポロポロッと転がり出て来た。
倒木を崩していて出てくる常連はクチキムシ、エグリゴミムシダマシ、ヨツコブゴミムシダマシ。この3種はほんとに見飽きるくらい出てくる。

 またクチキムシか・・・・、と思いながらも手に取ってみる。
・・・・・・角、生えてる。なんだこりゃ?

 どうにもゴミダマのようだが、初めて見るタイプだ。しかも角の先にはフサフサのぼんぼりまで付いている。これは面白い!

 この林にはカクレミノがたくさん生えていた。タテジマカミキリの越冬姿が見たいと常々思っている親子3人でくら〜い林の中をジ〜〜〜っと目を凝らす。地元の山でカクレミノなんて見た事ないもんなぁ〜。
 しかしタイムアップ。なかなか出会えないタテジマです。

 日付が変わってから家に戻りました。あのゴミダマを調べてみるとミツノゴミムシダマシというゴミムシダマシでした。キマワリやユミアシ、ナガニジなどが常連な感じだけれど、なかなか個性的で侮れないグループだ。油断しないで探してみなくちゃ。
e0083097_17273019.jpg
e0083097_17285136.jpg
 このフサフサはいったい何のためにあるのだろう?
[PR]
by aile21 | 2007-01-03 17:33 | とうちゃん


京都南部の野山で宇治虫親子が発見した生き物の記録  出演 とうちゃん(aile21)・かあちゃん・ちび宇治虫(showzine)


by aile21

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

以前の記事

2016年 05月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 08月
more...

リンク

フォロー中のブログ

昆虫ブログ むし探検広場
生きもの写真家安田守の自...
もえび生物観察記
とある昆虫研究者のメモ
雑問のすすめ@じごまる
まぁくんのオサムシ
生きもの写真家 安田 守...
石神井公園の蟲日記
こぶ屋日記
虫の棲む星
些昆虫記
つやまぐ探虫記
別刊 宇治虫
さぼってばかりの虫屋日記2
古道具屋kanonさんち...
るど公園...
となりの昆虫記。
蠢蝦螽蟷昆蟲記

カテゴリ

全体
とうちゃん
ちび宇治虫
かあちゃん
こんなものみつけた
ちびがみつけたもの
カエル
上海編
関東編
東北編
中部編
沖縄編
中国編
四国編
東海編
北陸編
九州編
未分類

タグ

(213)
(186)
(108)
(84)
(83)
(66)
(52)
(47)
(36)
(33)
(20)
(19)
(19)
(19)
(14)
(13)
(11)
(10)
(6)
(6)

ライフログ


京都の昆虫


小さな骨の動物園


生き物屋図鑑


へなちょこカミキリロード―初心者のためのカミキリムシ入門


昆虫コレクション―集めて楽しむ (森の休日)


森と水辺の甲虫誌

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

近畿
自然・生物

画像一覧