おまけのゴミムシたち

 ここ2〜3日で急に寒くなりましたね。ある日突然寒くなるのは京都の特色です。過ごし易くなるのは嬉しいけれど、毎年この時期に風邪をひくんです。必ず。
そんなこんなで風邪気味です。頭はボーッとしてます。鼻水も・・・ズズッ。

コブ叩きやらトラップ採集での名脇役でも載せてみます。

 e0083097_036316.jpg ダイミョウツブゴミムシ

9/30 滋賀県T市

赤い胸がかわいいゴミムシです。あんまりいないタイプじゃない?
触角折れちゃった。
コブ叩きのおまけです。6.5mmくらいかな?
e0083097_0494055.jpg ヨツモンコミズギワゴミムシ

10/07 京都府Y市

川べりの砂地でホントに水際の濡れて色が変わっているところにいます。吸虫管を持って行かなかったことを後悔しました。なんとか肉眼でも黄色い紋は見えます。3mm未満です。
e0083097_153886.jpg ヒラタコミズギワゴミムシ

10/07 京都府Y市

これも砂地の川べり。ヨツモン〜と同じところにいました。
模様がないと辛いなあ〜、と思っていたけれど、このゴミムシどうにもこうにも平べったい。上から押しつぶされたよう背面が平らになっています。だからヒラタ・・・。
2.5mmくらい。

e0083097_1115174.jpg アリモドキの仲間?

10/07 京都府Y市

これまた上の2種と一緒に採集。
こいつには困ってる。アリモドキには間違いないと思うんだけど、図鑑と絵合わせしてみるとどうもはっきりしない。
 ホソクビアリモドキは草葉のビーティングをしているとイヤっていうほど落ちてきます。でもこれは水際の小石まわりをちょこまかしていました。アリモドキも小さいけれどバリエーションが豊富ですね。イッカクなんかも採ってみたいと常々思ってたりして。
e0083097_23321075.jpg 追加掲載 頭部と胸部をアップで撮ってみました。

 頭部の正中線あたりは特に目立った無点刻部というのは見あたりません。(写真で見るとなんとなく艶っぽくも見える気がしますが顕微鏡を覗いてみると一様に点刻が広がっています。

 胸部の形は幅よりも長さのほうが若干長いですね。

 体長は3.5mmくらい。
 
 特定の虫を採集に行っても、ついついこういう脇役たちにも目をとられてしまいます。それがまた楽しいんです。寒くなって狙いの虫が少なくなってもこういう虫達が楽しませてくれるでしょう。
だんだんサイズが小さくなっていくのがちと気がかり。ああ、やっぱり今年も・・・?。
(ホントは特徴のないゴミムシたちがまだまだあるんだけど、特徴もないからコメントもできないので全部はアップできませ〜ん。)
[PR]
by aile21 | 2007-10-11 01:34 | とうちゃん


京都南部の野山で宇治虫親子が発見した生き物の記録  出演 とうちゃん(aile21)・かあちゃん・ちび宇治虫(showzine)


by aile21

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

以前の記事

2016年 05月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 08月
more...

リンク

フォロー中のブログ

昆虫ブログ むし探検広場
生きもの写真家安田守の自...
もえび生物観察記
とある昆虫研究者のメモ
雑問のすすめ@じごまる
まぁくんのオサムシ
生きもの写真家 安田 守...
石神井公園の蟲日記
こぶ屋日記
虫の棲む星
些昆虫記
つやまぐ探虫記
別刊 宇治虫
さぼってばかりの虫屋日記2
古道具屋kanonさんち...
るど公園...
となりの昆虫記。
蠢蝦螽蟷昆蟲記

カテゴリ

全体
とうちゃん
ちび宇治虫
かあちゃん
こんなものみつけた
ちびがみつけたもの
カエル
上海編
関東編
東北編
中部編
沖縄編
中国編
四国編
東海編
北陸編
九州編
未分類

タグ

(213)
(186)
(108)
(84)
(83)
(66)
(52)
(47)
(36)
(33)
(20)
(19)
(19)
(19)
(14)
(13)
(11)
(10)
(6)
(6)

ライフログ


京都の昆虫


小さな骨の動物園


生き物屋図鑑


へなちょこカミキリロード―初心者のためのカミキリムシ入門


昆虫コレクション―集めて楽しむ (森の休日)


森と水辺の甲虫誌

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

近畿
自然・生物

画像一覧