やんばる探検隊 逍遥

 (まだ4月4日の続き しつこい?)

 午前中は時折晴れ間もあり、「もしかしたら今日一日はもつかも・・・」と淡い期待を抱いていました。しかし午後になるとだんだんと雲が広がってきました。天気予報では「夜には雨」となっていたので、「やっぱりこれからか・・・」と少々不安になります。

 最後に訪れたポイントはみかん畑の脇に新しい粗朶が大量に積み上げられてありました。ここではひたすらビーティングです。カミキリの他にヒゲナガゾウやタマムシなどが期待されます。
 粗朶に集まる小さい甲虫達はむやみに振動などの刺激を与えると、ポトッと落ちて逃げてしまいます。今までも何度悔しい思いをしたことか・・・。沖縄に来てまでそういう失敗を繰り返さないために、先ずはじっくりとルッキングで探しました。

・・・・・・

・・・・

・・・

 う〜ん、なにも見当たりません。ここでも環境は抜群なのに、何かの要素が足りないのでしょうか。

ということで・・・、

いつものように気になるところをテキトーに叩きまくっていくことになりました。我が家はいつもこんな感じなんです。(笑)

ポツポツと小さな甲虫たちがネットに落ちていきます。
 オキナワクビナガハムシ
 オキナワツヤハムシ
 タイワンツヤコメツキモドキ
 アマミアオハムシダマシ
 ムラサキツヤニジゴミムシダマシ
 ジュウニマダラテントウ・・・etc.

 面白いのはアオハムシダマシでも「オキナワ・・・」がつくのです。和名に「オキナワ・・・」や「リュウキュウ・・・」がつく虫のなんと多いこと。おかげでほとんどが初採集になっちゃいます。〜♪

 やがてやっとカミキリが落ちました!
e0083097_10071.jpg
オキナワカノコサビかな。
e0083097_11792.jpg
オキナワアヤモンチビカミキリかも。

e0083097_14770.jpg
おお〜っと!これは・・・、ワモンサビカミキリのようです。今回唯一、本土と重複する虫でした。orz

 ウスアヤはいないのかなあ・・・、と細い竹の群落を叩いてみたりはしてみたものの、要領がわからず。

 茶色いカミキリが続いていたところ、
「おおっ!!・・・白黒のトラ!」

・・・・・・・

・・・・・

・・・

「ヒメクロトラ?」

・・・

・・・

・・・orz

「なんで沖縄まできてこいつが顔を出すんだよ〜!!」
と、複雑な気持ちになりました。しかし「なんでも採る!」が今回のモットー。丁重に〆させていただきました。

ところが、帰ってからわかった事なのですが、これ


e0083097_122789.jpg
リュウキュウヒメクロトラカミキリ!! 〜♪
ヒメクロでも初物。沖縄恐るべし!

ちびはSさんからオビレカミキリというかっこいいカミキリを貰いました。
いいなぁ、それ・・・。

他にも微塵な虫達をたくさん採集できました。

 オキナワアヤモンチビがハイビスカスの枝から落ちたので、もう一度別の株を叩いた時の事です。

「!!!!!! おっ、おおおーーーーーーー!」

「やっ、やっ、やった! やたっーーーー!!!!」

つい歓喜の声を上げてしまいました。

e0083097_171039.jpg
叩き網に落ちたのはキノボリトカゲの赤ちゃんでした!
もう、たまらん! かあわいいいい!
e0083097_173311.jpg
e0083097_175315.jpg
これはもうミニイグアナですね。
私が歓声を上げた時には、「何〜、また変な声出して・・・」と、またいいもん採られたかというような不審な目を向けてきたちび宇治虫でしたが、このキノボリトカゲを見てからは思った通り魅せられてしまったようです。なかなか手放しません。その後も他のみんながそれぞれ採集を再開してからも一人キノボリトカゲと戯れていました。(笑)
「なんだか飼いたくなってきちゃった〜♪」だって。

 かあちゃんはといえばなにやら一人でニヤニヤ。
かあちゃん「こんなの採れた〜♪ これカミキリやろ?」
私    「ほほ〜う・・・。確かにカミキリやな。」
Sさん   「あっ、これがそうです。オキナワチャボですよ。」

e0083097_154249.jpg
オキナワチャボヒメハナカミキリ
一緒に採集しながらこのカミキリの名前は朝から時々話題にあがっていたのです。
かあちゃん上機嫌。(笑)

でも、なんだか腑に落ちない。直前までかあちゃんはふらふらしていたけど、ビーティングなどしていたような雰囲気が無い。
私    「えっ? どこで? 叩き?」
かあちゃん「ううん、私の鞄にとまってた。ピトって・・・」
・・・なんだそれ、強運?。

 気がつくと既に午後4時。Sさんは明日の昆虫教室のためにトラップを仕掛けに行くそうです。「出来れば私たちもやってみたい」と事前の連絡でお願いしていました。しかしトラップ採集は早くても翌日にまた回収に来なければなりません。検討の結果、Sさんのポイントまでは行けそうもありません。残りの時間も少ないのでここで解散して、私たちはこのポイントに仕掛ける事にしました。
 Sさんに用意して頂いたのは腐肉(鶏肉)、腐肉(レバー)、腐らせたバナナです。おお〜う!思わず首を90度以上背けてしまうような臭さです。出来る事はなんでもやってみようと地元でいつも使ってるプラコップと蛹粉は持参していたのですが、今回は腐肉たちで十分です。
 この地でSさん、めえさん一家とお別れです。こんな素人一家におつきあい下さってありがとうございました。今日一日ず〜っと優しい笑顔で接していただきました。たくさんの虫を採らせていただきました。たくさんの虫の名前も教えていただきました。ひたすら感謝のみであります。ありがとうございました。

 めえさん一家は私たちのトラップ設置を見学されてから帰られました。今後トラップも試されるのでしょうか?
 採集をご一緒したのは嬉しいのですが、私たちの採集は甲虫全般。一応カミキリやコガネムシなどメジャーなものを狙いつつ、おまけで採れる地味で微塵な虫も視野に入っているのです。結果、ネットに入った5mm以下の虫でもいそいそと集めていたりします。数でいえばそのような虫のほうがはるかに多くなってしまいます。
端からみたらなんて地味な採集なんだろう。果たして小4のR君にこんな採集を楽しんでもらえるのだろうかと実は気をもんでいたのです。
 しかしそれは杞憂だったかなとも思います。普段は目に留まらない小さな虫にあえて目を向けると意外な発見をして楽しい事があります。我が家はそうでした。別れ際のめえさん一家の充足された笑顔を見て、私たちも満足させていただきました。楽しかったですね。また沖縄に来た時も宜しくお願いいたします。

 やんばるの山を下りて、少しの時間海岸でも虫を探しましたがアザミについたゾウムシ1匹だけでした。あたりはとっぷりと陽も暮れ、ましてや厚くたれ込めた雲のためにすっかり暗くなっていました。

 今日のソーキそば
e0083097_193448.jpg
なんというボリューム!!これで700円
・・・・・でもね、

多過ぎ! 飽きる!

今日のは△


 そば屋を出たら雨が降ってきました。トラップ水没してるかも・・・。
[PR]
by aile21 | 2008-04-14 01:14 | 沖縄編


京都南部の野山で宇治虫親子が発見した生き物の記録  出演 とうちゃん(aile21)・かあちゃん・ちび宇治虫(showzine)


by aile21

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

以前の記事

2016年 05月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 08月
more...

リンク

フォロー中のブログ

昆虫ブログ むし探検広場
生きもの写真家安田守の自...
もえび生物観察記
とある昆虫研究者のメモ
雑問のすすめ@じごまる
まぁくんのオサムシ
生きもの写真家 安田 守...
石神井公園の蟲日記
こぶ屋日記
虫の棲む星
些昆虫記
つやまぐ探虫記
別刊 宇治虫
さぼってばかりの虫屋日記2
古道具屋kanonさんち...
るど公園...
となりの昆虫記。
蠢蝦螽蟷昆蟲記

カテゴリ

全体
とうちゃん
ちび宇治虫
かあちゃん
こんなものみつけた
ちびがみつけたもの
カエル
上海編
関東編
東北編
中部編
沖縄編
中国編
四国編
東海編
北陸編
九州編
未分類

タグ

(213)
(186)
(108)
(84)
(83)
(66)
(52)
(47)
(36)
(33)
(20)
(19)
(19)
(19)
(14)
(13)
(11)
(10)
(6)
(6)

ライフログ


京都の昆虫


小さな骨の動物園


生き物屋図鑑


へなちょこカミキリロード―初心者のためのカミキリムシ入門


昆虫コレクション―集めて楽しむ (森の休日)


森と水辺の甲虫誌

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

近畿
自然・生物

画像一覧