新芽が膨らんできました。

 すっかり週一更新になっています。

 昼前の一時間ほど、天ケ瀬に言ってきました。ダム上の南向き斜面は風も弱くて暖かかったです。なんとなく来てみただけなのでカメラだけ持って駐車場のまわりだけウロウロしました。
e0083097_2154854.jpg
 寒い寒いと思っていても少しずつ春は近づいているわけで・・・。
 モクレンやノバラ、サクラの新芽は膨らみはじめています。左下はカエデですが、穂先が細くてマクロでピントを合わせられませんでした。しかし新芽の梢は赤くて生命感をかんじさせます。

 ろくに虫ネタを挙げる前に春が・・・・、

e0083097_22192455.jpg
 越冬中の虫でも探してみようかと一本のケヤキに近づいてみると、この時期お約束のヨコヅナサシガメ集団越冬。よくサクラの木のくぼみで集まっているのを目にするのに、ケヤキの、しかも天気によっては吹きっさらしで寒そうな場所に集まっていました。苔の布団が気持ち良さそうだけど。
 他に見つけたのはクサギカメムシとカスミカメムシの仲間と思われる小さなカメムシくらい。ヒメテントウ一匹見つけられなかったのは残念。次はもう少し気合いを入れて探してみます。

 冬枯れの山は目隠しになる木々が葉を落としているので、野生の小鳥があちこちで見られます。地面に降り積もった落ち葉がカサカサと音をたてていたら必ず小鳥が動き回っています。近づけないので残念ながら写真はありません。さまざまな小鳥がいるようですが、私が一目で名前がわかるのはメジロくらい。
 ふと、日の当たる木の幹に動き回る小さな影を見つけました。


 動きからすると・・・。



e0083097_2244672.jpg
 やっぱりハエ。
それにしてもハエの仲間だけは冬の間もよく活動しています。元気だなあ。
そういえば以前、倒木の中で越冬している甲虫を探して森の中で倒木を割っていたら、中からハエが出てきた事がありました。まあ、ウジなら違和感はないのですが、成虫は深く掘られた坑道を抜けて外に出られるんだろうかと不思議に思ったことがあります。
崖掘りでも土の中からたまにハエが転がり出てくることがあります。
もう少し模様にバリエーションとかあったら興味も湧くかもしれないけど、今のところハエはもうひとつ踏み込めません。
[PR]
by aile21 | 2009-02-08 22:58 | とうちゃん


京都南部の野山で宇治虫親子が発見した生き物の記録  出演 とうちゃん(aile21)・かあちゃん・ちび宇治虫(showzine)


by aile21

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

以前の記事

2016年 05月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 08月
more...

リンク

フォロー中のブログ

昆虫ブログ むし探検広場
生きもの写真家安田守の自...
もえび生物観察記
とある昆虫研究者のメモ
雑問のすすめ@じごまる
まぁくんのオサムシ
生きもの写真家 安田 守...
石神井公園の蟲日記
こぶ屋日記
虫の棲む星
些昆虫記
つやまぐ探虫記
別刊 宇治虫
さぼってばかりの虫屋日記2
古道具屋kanonさんち...
るど公園...
となりの昆虫記。
蠢蝦螽蟷昆蟲記

カテゴリ

全体
とうちゃん
ちび宇治虫
かあちゃん
こんなものみつけた
ちびがみつけたもの
カエル
上海編
関東編
東北編
中部編
沖縄編
中国編
四国編
東海編
北陸編
九州編
未分類

タグ

(213)
(186)
(108)
(84)
(83)
(66)
(52)
(47)
(36)
(33)
(20)
(19)
(19)
(19)
(14)
(13)
(11)
(10)
(6)
(6)

ライフログ


京都の昆虫


小さな骨の動物園


生き物屋図鑑


へなちょこカミキリロード―初心者のためのカミキリムシ入門


昆虫コレクション―集めて楽しむ (森の休日)


森と水辺の甲虫誌

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

近畿
自然・生物

画像一覧