カテゴリ:中部編( 12 )

富士吉田日記決戦 3

e0083097_23171241.jpg

シロオビドイまで探す時間もなくなって山を降りる事にしました。うろうろすると図鑑やネットで何度もみた「ぐにゃぐにゃした食痕」があちこちにありました。

次はおまえだ〜!

そういえば最初にお会いした虫屋さんが「コブヤハズのトラップがある」と言っていた。
???
カミキリのトラップって???
[PR]
by aile21 | 2006-09-04 23:17 | 中部編

富士吉田日記決戦 2

e0083097_2313633.jpg

教わったポイントまであとちょっと、というあたりでまたやみくもに叩いていたら上の方から大きな網を持った虫屋さんが歩いてきました。
「こんにちは〜。何を採ってるんですか?」声をかけてみました。
「カミキリですけど…。」5人で来ていて、フジコブやシロオビドイはそこそこ採れているらしい。本命はやはりオオトラだということ。いろいろと知識、経験が豊富そうでこれはもうすがってみよう。
仕事のついでに来た事。コブ叩きは初めてで、とりあえず下の町の100均で網と傘だけ揃えてきた事などを話したあと、

「どういうふうに採ってるんですか?………教えてください。」思いきって白状しました。
すると逐一詳しく教えてくださいました。ルッキングで探す事、その時自分が探していた場所は日当たりがよくて乾燥しすぎて良くない事など。聞けば聞くほどだんだん視界が明るくなっていくようでした。

日蔭のポイントまで教えていただいて再チャレンジです。今度はむやみに叩くのはやめて(実はもう腕が疲れていましたが)じっくり目で探すようにしました。

 20分ほどして、
………!!!

いたーっ!!!

枯れたキイチゴの葉の裏から一本の触角がすぅ〜っと見えました。触角しか見えないけれど間違いなくカミキリ。そぉ〜っと手を差し出して掴みとりました。

やったぁ〜〜!
フジコブヤハズカミキリです。かわいい!ちっちゃいけどごつごつしていて素敵。オスみたいです。

あれ!?コブ叩きでなくてルッキングで採っちゃったよ。???いいのかな?初挑戦のコブ叩きは成功?失敗?
う〜ん…叩きでポトッていうのも経験したいな。もう少し粘ってみました。正午を過ぎて日蔭が無くなってきた。状況はキビシイな。枯れ葉もパリパリだよ。

小一時間くらいして今度は大きなメスが枯れ葉の正面にガッシリしがみついていました。
落ち逃げされないようにソォ〜ッと網を下に差し出して、そのキイチゴを網の柄でトントンッと叩いてみればポトッとネットイン。
これってコブ叩き?

 なにはともあれ狙いのフジコブがペアで採れて大満足です。せっかく2週間も富士吉田にいたんだから探さずには帰れないです。でも自力では無理だったなぁ。休みが日曜日で他の虫屋さんに会えたのはラッキーでした。
この経験は秋のマヤサン狙いに役に立つでしょう。
[PR]
by aile21 | 2006-09-04 23:01 | 中部編

富士吉田日記 決戦 1

 昨日(9/2)、やっと富士吉田での仕事が片付きました。仕事のチームは解散。
…でもまだ富士吉田に一人居残りました。なぜならまだやり残した事があるからです!。このままオメオメと帰れるかぁ〜!
 朝一番に林道に入る。元々そんなに時間はとれないと思っていたから情報収集がほとんどできていないし、両手に持つのは虫とり網(100均)と傘(100均)のみ。
 持っている情報は『モミ』『ヤマブドウ』『キイチゴ』『富士山麓の林道』くらい。しかも林道が載っているような地図さえ持っていないのである。道の駅で頂戴した観光マップをもって突入!

初めに入った林道はヤマブドウやキイチゴはそれなり。イタドリが満開でした。でもモミはあんまりで、アカマツやカラマツ(?)が多いな。
傘を広げ、虫とり網の柄でひたすら叩く、たたく、タタク…。
ザトウムシがいくらでも落ちる。
ハサミムシも多いな。ハサミの形の変わったタイプ(アルマン型だっけ?)もいて面白かったけど、今回は無視。
カメムシ、サシガメ も多い。

まとまったしげみがあればひたすら叩く。だんだん手が痛くなってきた。キイチゴのトゲでビニール傘もボロボロだよ。
 叩いては移動を繰り返して2時間程経った頃、「こんにちは!どうですか?とれましたか〜?」と声が掛かった。通り掛かった虫屋さんの話によるともう一本上の林道がいいらしい。
一度別荘地まで引き返して上り返すことにしました。もう10時前だ。
[PR]
by aile21 | 2006-09-04 07:00 | 中部編

富士吉田日記休日

e0083097_2014587.jpg

二週間近く富士吉田に滞在しながら休みも取れず、やっと仕事の都合で今日休みがとれた。

朝、シトシトという雨音が起こしてくれました。
……。なにもいうことはありません。

同僚と雨のドライブ。富士五湖をまわっても真っ白な景色。どの湖も一緒!
昼前で気温16℃。朝霧高原は[なだらかに広がる景色が北海道を思わせる]らしいが…、真っ白。牧場だらけでたまに牛や馬がちらほら。テンションがあがっていれば牛糞返しでも、と思うのだろうが…、そぼ降る雨は無情にも僕の背中を押してはくれませんでした。

下がりっぱなしの気分で「いくらなんでも悲しすぎる。」と西湖の温泉へ。ダラダラ風呂に浸かっていると少し小降りになってきた。今更遅~い!
夕飯前にサッと車で飛び出してはみたものの…。なにをどうすればいいんだろう。ヤマブドウ?キイチゴ?そこらじゅうにあるよ。それで?もっと事前に研究しておけばよかった。ザトウムシばかり採れる。
そのうちハンノキっぽい枯れ枝からヤハズカミキリとニセビロウドカミキリがとれた。

まぁ、たかだか1~2時間でうまくいくわけないよ。気がつくといつのまにか雲が晴れて夕闇せまるそらに月と星が。車に戻る途中、突然壊れたスピーカーのような音が前方のしげみから大音量でけたたましく聞こえてきました。
興味津々で近付いていくと野鳥が慌てて飛び立っていく。なんだなんだ?

エゾゼミ?こんなのいるんだ。しかしうるさいなぁ。でも初めてみた。いいお土産がみつかった~♪と思って拾い上げてビックリです。
お腹が半分無い…。さっきの野鳥に襲われていたのね。う~ん、まさに壊れたスピーカー。

これではお土産には…ちょっと…。残念。
[PR]
by aile21 | 2006-09-01 20:14 | 中部編

富士吉田日記マイマイカブリ

e0083097_20481319.jpg

昨晩、携帯圏外の宿舎から外に出て、[かあちゃん]と電話していた。いつもとある飲食店の看板照明の下で淡い期待をいだきながら話している。
その時、視界にうごめく黒い影。おっ!マイマイカブリ!どんなんかなぁ〜?と明かりの下へ。

あれ?黒いぞ…。てっきりヒメマイマイと思っていたのに、前胸背板(だっけ?へへ…こんな言葉が使えるようになりました♪)が真っ黒です。これでは京都にいるコマイマイと同じみたいだなあ。ふ〜ん…。どのあたりで住み分けているのかな。これはこれで自分にとってはいい資料かも。

と、昨日のことをアップする前にたった今まで[かあちゃん]と電話していたらフワ〜っと何か飛んできた。ん〜?カミキリ?

キボシカミキリ…。_| ̄|○

ハァー…。

フジコブヤハズを採ったりオオトラを目撃している人達がいるっていうのに。
[PR]
by aile21 | 2006-08-30 20:48 | 中部編

富士吉田日記トビナナフシ

e0083097_17552942.jpg

昨夜、宿舎の外で電話をしていたら外灯の下になにやらうごめく虫が…。

「トビナナフシ」でしょう。(多分…)
これって関西には少ないんだよね〜。初めて見た。地元でよく見るナナフシやトゲナナフシみたいに枯れ枝っぽくなくて鮮やかな色で綺麗です。
ちょっと小さめだ。

今日のカミキリ。昼間フラフラ飛んできたシラホシカミキリ。まだいるんだ。そういえば2年振り。以前地元で採ったのより大きいな。
[PR]
by aile21 | 2006-08-28 17:55 | 中部編

富士吉田日記ヤマブドウ

e0083097_2132216.jpg

な〜んか出てる。
カミキリ出てる。ヤマブドウから…。

おっ!茶色いぞ!

……、あれ!?……あなたは…。

ゴマフさん?しかも2匹も。

…う〜ん、
…残念。
まぁ、そんなにうまくいかないか。宇治虫を見に来てくださっている皆さん、期待させてしまってすみません。(えっ?期待なんかしてないって?)

メモ;ゴマフカミキリ 晩夏にもヤマブドウから羽脱する。

後日確認(?)したところ、ヤマブドウではなくフジのようです。植物の同定って難しいです。花や葉っぱがついていればまだしも、落ちてる枯れ枝なんてもうお手上げ!間違った情報すみませんでした。勉強します。
[PR]
by aile21 | 2006-08-27 21:03 | 中部編

富士吉田日記霧

e0083097_1362555.jpg

朝から辺り一面真っ白。
寒い、さむい。20℃前後しかないです。
もう秋だなあ。

テレビの天気予報で大阪が連日35℃っていうのをみると信じられないです。
[PR]
by aile21 | 2006-08-27 13:06 | 中部編

富士吉田日記

e0083097_20503362.jpg

仕事をしていたらフワフワとなにかが飛んできました。ん?カミキリだ!追い掛けていって見つけたのは…アカハナ様。がっくし…。まだまだ元気だね〜。

またまたヤマブドウの枝を折ってみました。そのうち、おっ!カミキリ。成虫です。
何だろうなあ〜?

…ナカジロサビくんでした。がっくし。

ナカジロサビカミキリは夏の終わりに羽化、羽脱する。ホストの一つにヤマブドウ。

これはこれで記録しておこう。小さな積み重ねが大事ですよね。

グスン(つд`)
[PR]
by aile21 | 2006-08-24 20:50 | 中部編

20分の採集

e0083097_20451261.jpg

昼休みにちょっと抜けだして散歩がてらあたりをぶらぶらしてみた。
シシウドやイタドリは満開なのになんだか虫の気配がない…。ハエやちっちゃいハチばかりです。ふと気がつくとわりと交通量のある道路沿い(アカマツやモミの林の中)になにやら腕の太さくらいの長い枝が倒れていました。捻れて絡まって…。小さな羽脱こうがたくさんありました。もしかしてまだあたりにいるかもと思って見渡してみたらこんなカミキリがいました。似たようなのはいろいろいるけど我が家ではまだ見た事ないかも。ナカジロサビかな?

その枝がどうもヤマブドウのような気がするので「ブドウトラでも入っていないかな?」とボキッと折ってみました。

ポロッ…

真っ白な蛹が出てきました。まぎれもなくカミキリです。おぉ〜!
ちいさなサビカミキリ系 より大きいです。何だろう?あとからいろいろ考えていたら…、ブドウ、夏の終わり…、もしかしてフジコブヤハズ?

な〜んてこれは希望的観測、というよりは妄想ですね。宿に持って帰って 様子を見てみようと思います。

通り掛かったスーパーにスミナガシがいました。涼しいし景色は素晴らしいしでほんとにいいところです。…これが仕事でなければ…。
[PR]
by aile21 | 2006-08-22 20:45 | 中部編


京都南部の野山で宇治虫親子が発見した生き物の記録  出演 とうちゃん(aile21)・かあちゃん・ちび宇治虫(showzine)


by aile21

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

以前の記事

2016年 05月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 08月
more...

リンク

フォロー中のブログ

昆虫ブログ むし探検広場
生きもの写真家安田守の自...
もえび生物観察記
とある昆虫研究者のメモ
雑問のすすめ@じごまる
まぁくんのオサムシ
生きもの写真家 安田 守...
石神井公園の蟲日記
こぶ屋日記
虫の棲む星
些昆虫記
つやまぐ探虫記
別刊 宇治虫
さぼってばかりの虫屋日記2
古道具屋kanonさんち...
るど公園...
となりの昆虫記。
蠢蝦螽蟷昆蟲記

カテゴリ

全体
とうちゃん
ちび宇治虫
かあちゃん
こんなものみつけた
ちびがみつけたもの
カエル
上海編
関東編
東北編
中部編
沖縄編
中国編
四国編
東海編
北陸編
九州編
未分類

タグ

(213)
(186)
(108)
(84)
(83)
(66)
(52)
(47)
(36)
(33)
(20)
(19)
(19)
(19)
(14)
(13)
(11)
(10)
(6)
(6)

ライフログ


京都の昆虫


小さな骨の動物園


生き物屋図鑑


へなちょこカミキリロード―初心者のためのカミキリムシ入門


昆虫コレクション―集めて楽しむ (森の休日)


森と水辺の甲虫誌

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

近畿
自然・生物

画像一覧