カテゴリ:中国編( 13 )

石見の冬

e0083097_2171427.jpg
 昨年夏からの大きな仕事もまだまだ先が長そう。忙しいのはいい事だけど、たまには息抜きをしなくてはね。
ということで、先週から別件の仕事で島根に来ています。昨年9月に来た石見の海です。

 しかし寒い。雪はちらほらですが朝晩の冷え込みはさすがに寒いです。
季節が季節なら、朝飯前に一仕事(虫探し)、晩飯後に一仕事(灯火廻り)というところですが今回は明るい時間に自由になる時間が皆無でした。夜は凍えるばかり。
もっぱら旅館でビール飲んでました。
「宿ではカニがでるかな」と期待していたのですが、ついに出会えずじまい。しかしウチワエビうまい。
バトウも美味い。

ま、秋にいろいろ採ったから今回はいいかな。
一週間と少し滞在しました。明日帰ります。

さ、あさってからまた大阪の日々です。
[PR]
by aile21 | 2014-01-27 21:12 | 中国編

石見の夕日

(9月15日)

 日曜日は仕事はお休み。同僚と宿前の浜で投げ釣りを楽しみました。
e0083097_0115728.jpg
 昼までの3時間ほどで二人でシロギスが40匹くらいの入れ食いでした。根がかりもないし、餌盗りもいないのでなんて楽チンな釣りでしょうか。たまにスズキの子供が混じったりしましたが。台風が近づいているのでたまに小雨が降ったり止んだりでした。やがて波も強くなり濁りがでてくるとパタリと釣れなくなったので昼には納竿。

 昼食は港で「バトウのフライ」というのを食べました。一体何?と思えばなんとマトウダイのことでした。この地方ではよく食べられているようでスーパーの鮮魚コーナーにも売られているほどです。
揚げたての白身は味もしっかりしていて、ふっくらとした食感が・・・んまい!!
だいたい関東や関西でマトウダイなんて見たことないですね。
こういうことがあるから出張は楽しい。

 一度宿に戻り、1時間ほど昼寝をして、一人再び浜に出向きました。
e0083097_0215996.jpg
 仕事の都合で急遽京都に帰らなければならなくなったのです。思い残すことのないようにと・・・。

水際でハンミョウを探したり、草の根際を篩ってみたり。
結局、ハンミョウはエリザを一つ見かけただけでした。カワラはともかくハラビロが見てみたかったんですが今回は諦めました。
篩いではマグソコガネの類は見つかりませんでしたが、小さいコメツキやゾウムシ、ゴミダマが見つかりました。ゾウムシは密かに狙っていたのでちょっと嬉しかったです。
e0083097_0284610.jpg
おそらくスナムグリヒョウタンゾウムシではなかろうか。

 当初はオサムシやセンチコガネも視野に入れていたのですがなかなかそこまで手を広げられなくて、浜辺の虫ばかりの出張になってしまいました。しかし石見に海があまりに良いところだったので十分満足です。静かだし水も綺麗。魚もうまい。
年明けに再度訪れる予定があるのでその時は「カニで一杯」なんていいですねぇ。
e0083097_0344733.jpg
夕方にはうねりと波が強くなってきました。

(9月16日)

e0083097_0403849.jpg
 朝起きてびっくり。吹き荒れる強風。叩きつける波。
ああ、やっぱり台風なんだと人ごとのように考えていたら、京都がエライことになっていました。桂川が氾濫です。福知山も・・・。宇治や宇治田原も一部避難勧告が出ていたそうです。宇治川も溢れそうだったとかなんとか・・・。
昨年の宇治豪雨に続いて今年も水害ですか。

とりあえず我が家は無事なのでご心配いりません。
それにしてもなぁ・・・・。「今までに体験したことのないような危険」って、毎年グレードアップしていくのはやめてほしい。ホント。
[PR]
by aile21 | 2013-09-17 00:45 | 中国編

石見の黒

e0083097_2151667.jpg
 朝の散歩。

今日もいい天気になりそう。

飛砂を避ける柵を通り抜け、砂浜に下り立ったその時・・・、
e0083097_21544719.jpg

おった・・・・。

まるでヤラセ写真のようですが、1匹のオオヒョウタンゴミムシが砂の窪みに鎮座していました。

なんだ、この浜にもいたのか。
でもやっぱりいい虫だなぁ・・・。
e0083097_21583513.jpg
ふと気づいたのは砂の上に縦横無尽に交錯するなにやら怪しい足跡。
一見カニのようにも思われるがもしかして、とこのオオヒョウタンを小突いてみる。
慌てて走り出すオオヒョウタンの足跡がまさにそっくり。

トラップでも仕掛けないと確実にはとれないかもと信じきっていましたが夜回りでいけるかも。
山陰の海はいいねえ。(ただし夏~秋に限る・・・?)
[PR]
by aile21 | 2013-09-14 22:11 | 中国編

石見の灯

e0083097_21344928.jpg
 先日、島根県隠岐島がユネスコのジオパークに指定されました。確かに山陰の海岸線はむき出しの地層が特異で面白いところが多そうです。
宿のすぐそばにこんな景勝地があったなんて・・・。

 昨晩は夕食後にブラブラと散歩(虫探し)をしました。間近の海岸は背後の草地がないのでちょっと面白くないかなと、内陸方面に歩いてみました。住宅がちらほら点在する中、緩やかな坂を登っていきます。畑や藪の際にまで砂だらけ。この辺りの海岸線は飛び砂がキツそうであちこちに「滞砂注意」の立て看板が見受けられます。冬の季節風の強さが伺えますね。

 そんなわけで見つかる虫は砂系のゴミダマばかり。
オオスナ、コスナ・・・?初見と思われる丸っこいスナが見つかったのでまだ良かったのですが。
集落を抜けて開けた丘の上にでたら一面のクズ原でした。懐中電灯だけではこれ以上無理と振り返ると遠くに漁火が見えます。面白いのは点在する民家の灯や街灯より遠く海の漁火のほうが煌々と明るいのです。
すごいな、漁船て。

 来た道を引き戻し、途中から民家の合間を縫うように歩いて街灯廻りをしながら帰りました。
e0083097_2159039.jpg
オサムシモドキ 砂地の定番。
アスファルトにこびりついている何かを必死に齧りとろうとしていました。
e0083097_222228.jpg
スズムシ
他にクツワムシも歩いていました。クツワムシってほとんど見たことないような・・・。
e0083097_2234964.jpg
オオヒョウタンゴミムシ(死骸)

・・・いるねぇ~。

「できれば」と考えていましたがいることはいるんだなぁ・・・。しかしここは砂まみれとはいえ海岸線から1kmほど内陸の丘の上。海岸の虫と認識していたけど砂さえあれば生息範囲はまだまだ広いのかも。
内陸の京都盆地にも記録があるくらいだからなぁ。
それからちょっとした芝地などもいちいちチェックしながら丘を下りましたが結局オオヒョウタンには出会えずじまいでした。

結局海岸まで戻り、街灯下や自販機前を覗きながらブラブラしました。
集落の奥、漁港の波止にポツンと明るい灯りがあったのでそこまで行ってみると、灯りの下で大きな黒い虫がひっくり返ってジタバタしています。
e0083097_22154540.jpg

おっ!! なんや、見つけてもうたか?
大きさ的に・・・・、
色的に・・・・、

ん?

ちょっと牙が長いかな?

・・・・・・・
e0083097_22172996.jpg
なんだ、クワガタか。
それにしても9月の中旬でノコギリクワガタとはね。
夏の漁港ではミヤマクワガタを灯下で見かけることはよくありますが、ノコは初めてだなぁ・・・・。

帰りがけにやっと見つけたのは流木の下で(タダ)ヒョウタンゴミムシ。随分ちっちゃくなっちゃった。
e0083097_22241739.jpg
e0083097_22245214.jpg
昨夜はこんな事をしていて寝不足。ちょっと後悔。
[PR]
by aile21 | 2013-09-13 22:29 | 中国編

石見の姫

 日の出直後から朝食までの小1時間、浜辺を散歩するのが一日の最初の楽しみです。
朝晩はTシャツではかなり肌寒いです。

 今日は浜の西端に流れ込む川の河口に行ってみました。対岸から眺めた時には猫の額ほどですが草地も少々あり、礫も転がっているのでまた違う虫が見つかるかもと目論んでいたのでした。しかし現地に着いてみると、う~ん・・・・・。あんまり気配を感じませんね。ガツガツ掘り進める時間もないので今日は下見ということにして水際に飛び出した岩場を見てみました。

e0083097_222153.jpg
フナムシもほとんどいないし、う~ん・・・・、な感じ。
潮だまりを覗いてみてもヤドカリすら見当たりません。盛り上がらない・・・。

と、そこで潮だまりの水の中に小さな枯れ枝のようなものを見つけました。ありゃ!?
これは・・・。
e0083097_220445.jpg
 ミズカマキリだ。
ミズカマキリって潮水でもいけるのかぁ?
でも、たまに潮だまりに湧いているボウフラを見ることもあるし、関係ないのかなぁ。

手にとって見ているとふと思い起こすことがありました。
「なんか、小さいな。」
そういえばヒメミズカマキリっていうのがいたなあ・・・。
これ、そうかな?地元でよく見るミズカマキリってもっとデカいものが多かったはず。
そう思ったら気になって手放せなくなりました。
e0083097_2273952.jpg
宿に帰って朝飯後にネットで調べてみました。ヒメミズカマキリの特徴は体長と呼吸管の長さのようです。
呼吸管が短めというのは合致します。本来の体長は25~35mmくらいらしいのですが、この子は38mm。
微妙だけど大きめの個体ということでいいのかな。

ヒメミズカマキリ初ゲットぉぉ!!

水性カメムシ採ったのなんて久しぶりでーす。(笑)
(仕事から帰ってきたら死んでいました。固くなってて後肢の付節が飛んでしまいました。泣)
e0083097_2218529.jpg
 昼食はコンビニの弁当を買って仕事先の目の前の浜に行きました。
なんだこの海!!
日差しはキツくて暑いけど、風は爽やかで汗ばむ程度。
目の前は透明度の高いエメラルドグリーンの海が広がっています。
うーわ~っ! 泳ぎてえーーーーー!
e0083097_22285541.jpg
ここの浜は後ろも広く砂地に草も多く生えています。ここで虫採りしたいなぁ・・・。
草の間にはウサギと思われる獣糞がたくさん落ちていました。
[PR]
by aile21 | 2013-09-10 22:34 | 中国編

石見の浜にて

 連日天気が優れず、雨ばかり。今朝は一旦小康状態にはなりましたが、結局昼までは降ったり止んだりでした。
せっかくの休日なので虫探しでもと期待していましたが諦めて観光へ。
製鉄や金属加工に興味があるという同僚と安来の和鋼博物館を見学です。
もののけ姫に出ていた「たたら製鉄」の勉強をしてきました。なかなか面白かったです。
ところで安来は「やすき」ではなく「やすぎ」なんですね。

昼食はせっかくなのでドジョウをいただきました。

安来から石見への帰り道はよく晴れ、日本海を眺めながらのドライブです。視界の開けた景色を堪能して宿へ帰投しました。
e0083097_23471945.jpg
 夕刻、宿の食事まで1時間ほど残っていたので目の前の砂浜へ。
早朝に散歩をしていますが、前回書いたとおり虫の少ない浜です。しかし懲りずに流木をひっくり返してみたら、ありゃりゃ!!
e0083097_23475752.jpg
e0083097_23481534.jpg
はじめはひっくり返した流木の裏にある窪みに潜んでました。そして目を凝らすと、いるわいるわ・・・。
小さなマグソコガネが砂粒に紛れ、息を殺してジッとしているのが見つかりました。
目が慣れてくるとそこかしこです。
あっという間に30ほど捕獲できたのでした。

どうやらこれは自己初の糞虫ですね。そういえばこういう流木や漂流物の下で見つかるケシマグソの仲間がいたような・・・。

どうやらヤマトケシマグソのような気がします。たぶん・・・。
糞虫図鑑を携行していないので同定は京都へ帰宅してからですが、やっと島根のお土産がとれたというものです。
ホッ・・・。
e0083097_23594259.jpg
山陰は夕日がとても綺麗。
やっと拝めました。
[PR]
by aile21 | 2013-09-08 23:59 | 中国編

石見の海にて

e0083097_22552794.jpg
 9月4日より島根県浜田市に来ております。出張です。4日は猛烈な雨の中をやってまいりました。中国道の一部と浜田道が通行止めになり、米子経由になってしまいました。

 島根は数年前の出雲出張についで2回目。前回は何も持ち帰れなかったので今回は何かお土産が見つかる事を期待してます。

 昨日からは天気に恵まれ、朝の散歩を楽しんでおります。
昨日は浜の流木をひっくり返しても甲虫が見当たらず、ハネカクシ1匹見つけられませんでした。
しかし今朝はやっとナンチャラミズギワゴミムシと思われる極小なゴミムシと、真っ黒だけど全身つや消しなゴミムシが見つかりました。両方持ってるようなきもしますが、とりあえず確保。(貧乏性)

それにしても随分涼しくなりました。朝晩は長袖が欲しいくらいです。
もうちょっと残暑が続いてくれないと淋しい気もします。
さて、どうでしょうねぇ・・・。
[PR]
by aile21 | 2013-09-06 23:15 | 中国編

宮島はシカだらけ

(8月30日)

 やっと仕事も落ち着きを見せはじめました。いつまた時間が空くかわからないので昼過ぎから宮島に行ってまいりました。

 市内から乗った路面電車ははじめトロトロ、しかし広島市を出た途端にスピードを上げて普通の電車並にグングン進んで行きます。
終点の宮島口からは小さなフェリーで約十分。テレビや本で見た事のある紅い鳥居が近づいてくると嬉しくなりました。

 しかし桟橋に着いた時刻はすでに午後三時をまわっています。どうしようかな。
…って、おぉっ!
発着場の外に出た途端、目に入ったのは観光客に混じって辺りを滑歩する鹿達。宮島って鹿がいるんだ…。観光客に触られても動じないどころかクンクンと匂いを嗅ぎにきたと思ったら、観光客の鞄をもしゃもしゃと食べようとしたり餌をねだって鼻を鳴らしてみたり。

ここは奈良公園か?(笑)

そこからすぐに厳島神社には向かわず、砂浜でルイスハンミョウを探しました。8月終わりの海はとても静かで、ギラギラしたものが全く感じられません。浜を渡る風もほどよくて砂浜を歩くのにはうってつけの気候でした。

 波打ち際、中段、海浜植物の生える部分とを見ながら浜をジグザグに歩いて探しました。
…8月終わりの海は静かでした。足元から飛び立つ虫は一つも見当たらず。う〜ん…。一匹のハエが低く飛んでいました。通常なら「なんだハエか」で済ませてしまうのに「それは見間違いで本当は…」などと淡い期待とともに網を被せてみれば、…やはりハエだったなんてことも。
流木をひっくり返してみてもゴミムシ一つ見つけられない始末です。唯一見つけた甲虫は小さなハネカクシだけでした。


e0083097_222448.jpg
 海の中で一匹の鹿が海面に口を突っ込んでいました。
 この島はいたるところに鹿がいて、公園、車道、海の中とどこでも下草や海藻を食べています。ということは、そう、いたるところ鹿の糞だらけなのです。糞虫探しという手もあったのですがあまりに広範囲に広がっているのでウンザリするのと、残り時間が気になるのでツンツンはやめました。小一時間で採集は諦めて厳島神社に向かったのでした。

 フェリーから見ていて気づいていたのですが大きな鳥居周辺の潮が引いてあたりが干潟のようになっていました。神社入口付近に表示されていたのですが今日は大潮だったのです。しかも干潮時刻が先ほど宮島に到着した頃だったようです。
たくさんの観光客が大鳥居の下に集まっています。

行ってみようっと・・・?

e0083097_2316568.jpg
 
 目の前から一匹の鹿がこちらにまっすぐやってきます。
e0083097_23182114.jpg
 

 な、なに?

e0083097_23192968.jpg
 えっ!?

 ちょっ! ちょっとお〜!


e0083097_23205214.jpg
 こらーっ!!

 バッグ食うなあ〜!



このあとシャツに噛み付かれて逃げました・・・。


e0083097_22455344.jpg 大鳥居のまわりはアオサのような海藻で一面緑色です。少しめくってみたけどカニしかいませんでした。それにしても外国人観光客が多いです。密度だけでいえば京都よりもおおいのではないでしょうか。

 その後は厳島神社に参拝。でも時間がないっ。

e0083097_22562982.jpg ああ、急がなきゃ。
e0083097_22583018.jpg だめだ・・・。

 入って3分で出ました。タイムアップです。
あとから気づいたのですが、参拝料の300円払わなくても干潟から入れたな。(爆

 
 午後5時のフェリーで宮島を後にしたのでした。ちょっと今回の計画は無理があったかな。島には2時間もいられませんでした。ドタバタの宮島行きになってしまいました。持ち帰りはいつのまにか網に入っていたサビキコリ一つ。7時からの仕事のために広島市に戻ったのでした。

広電に乗ってしばらくすると滝のような雨が降り出しました。

(9月1日には京都に戻りました。あいかわらず忙しくて落ち着かないです。こんな状態、もうちょっと続きそう。・・・夏も終わったな。)
[PR]
by aile21 | 2008-09-03 23:22 | 中国編

広島といえば

e0083097_20392866.jpg

 昨日はなんとか時間を作って宮島に行ってきました。ドタバタになってしまいました。詳しくはまた後ほど。

 今まで縁がなかった広島。持っていたイメージでは「原爆ドーム」「安芸の宮島」あとは「映画と尾道の街」くらいでした。

ところがそういった観光名所よりも普段の生活でたいへんお世話になっているものがありました。

100円ショップ『ダイソー』!
広島が本拠地なんですね。正確には東広島市のようですけど。
いつもたいへんお世話になっております。(笑)
あの伸縮できる虫とり網はスタンダードとしていつまでも残して欲しいです。全国どこのダイソーでも買えるように。多少のマイナーチェンジはかまいません。例えば強度とかね。しかし100円なので多くは望みますまい。
あと毒瓶に使うプラスチック製の水筒ですが、スクリュー型の蓋はいただけません。揮発した酢酸エチルが抜けやすいです。やはりタッパー型の蓋が一番かとおもいます。もう少し小さくてもいいけど。あっ、いやいや何でもありません。

これからもビンボー昆虫採集の強い味方であってほしいと思います。(爆)
[PR]
by aile21 | 2008-08-31 20:39 | 中国編

束の間の散歩

e0083097_12441288.jpg

 広島に来て4日目。あいかわらず仕事とホテルの往復だけ。

 今日は昼間に一時間ほど空いたので仕事場から歩いて10分ほどにある原爆ドームを見に行って来ました。

あぁ、久しぶりに緑を見た気がする。外国人観光客が多く集まる原爆ドームは町中を流れる川の畔にありました。

 現代のビルが林立する町中にあっては当然にその遺跡は異質なものに感じました。整備された公園にはクスノキ、ケヤキ、エノキの木々が植えられています。幹には蝉の抜け殻がぽつぽつ。

 水の引いた河原に下りてみました。潮の香りが濃いです。
小さなカニが「よいしょ、よいしょ…」とハサミを振り上げていました。かがんで目線を低くしてみると潮のひいた川底一面で無数のカニが一斉に踊っていました。
 石をひっくり返してみてもこれまたカニ、カニ、カニ…。
やっと見つけた黒い虫はヒョウタンゴミムシの死骸でした。う~ん…。
[PR]
by aile21 | 2008-08-29 12:44 | 中国編


京都南部の野山で宇治虫親子が発見した生き物の記録  出演 とうちゃん(aile21)・かあちゃん・ちび宇治虫(showzine)


by aile21

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

以前の記事

2016年 05月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 08月
more...

リンク

フォロー中のブログ

昆虫ブログ むし探検広場
生きもの写真家安田守の自...
もえび生物観察記
とある昆虫研究者のメモ
雑問のすすめ@じごまる
まぁくんのオサムシ
生きもの写真家 安田 守...
石神井公園の蟲日記
こぶ屋日記
虫の棲む星
些昆虫記
つやまぐ探虫記
別刊 宇治虫
さぼってばかりの虫屋日記2
古道具屋kanonさんち...
るど公園...
となりの昆虫記。
蠢蝦螽蟷昆蟲記

カテゴリ

全体
とうちゃん
ちび宇治虫
かあちゃん
こんなものみつけた
ちびがみつけたもの
カエル
上海編
関東編
東北編
中部編
沖縄編
中国編
四国編
東海編
北陸編
九州編
未分類

タグ

(213)
(186)
(108)
(84)
(83)
(66)
(52)
(47)
(36)
(33)
(20)
(19)
(19)
(19)
(14)
(13)
(11)
(10)
(6)
(6)

ライフログ


京都の昆虫


小さな骨の動物園


生き物屋図鑑


へなちょこカミキリロード―初心者のためのカミキリムシ入門


昆虫コレクション―集めて楽しむ (森の休日)


森と水辺の甲虫誌

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

近畿
自然・生物

画像一覧