カテゴリ:東海編( 23 )

イセオサムシ

 伊勢から帰ってまいりました。
今回の出張はなかなかハードでした。予想通り時間はないし、朝晩は暗いし寒いし・・・、ということで虫たちとの時間はまったく取れず。
e0083097_21581211.jpg
 伊勢市に宿泊し、志摩市と鳥羽市を行ったり来たりしていました。それなのに海にはほとんど向かずたまに車窓の外に流れるのを横目で見るくらいでした。それでは淋しいので昨日には早めにホテルを出て有名な夫婦岩というのを見てきました。

でも、なんだかよくわからん・・・、というか普通の岩でしたね。
e0083097_2225160.jpg
対岸の神社にはあちこちカエルだらけ。
e0083097_2242482.jpg
ピュー・・・・

 さて最終日となったので悔いを残さないように今朝は一発奮起。
前回のウガタ惨敗が心残りではありますが、それはまた十分に時間を取って再チャレンジしなければ連敗しそうなのでもう少し可能性のありそうなイセオサムシを狙いに河川敷に向かいました。
e0083097_22114341.jpg
 それにしてもここ数日、非常に寒いです。昨日は岐阜あたりでは雪がちらついていたようです。名古屋あたりでも最低気温が3℃などといわれてましたね。
河川敷は霜で真っ白でした。
ピッケルを持って降り立つ河川敷で初めて本格的な冬を感じたのでした。

 手頃な崖を探すもなかなか見つかりません。河川敷に降りられるポイントがなかなか見つけられず南向きの河原に入ったのも苦労の元でした。広い河川敷はオサ堀りのセオリーに反する日当たりの良い草地ばかり。これではどうも・・・、そんなこんなで土手と川の間に横たわる竹やぶ周辺をウロウロしたのでした。
イメージ通りの崖が無いなぁ・・・。それに竹やぶでのオサ掘りってよく聞くけど実際にはやったことなかったのでもう一つ要領がつかめませんでした。

それでもスジアオゴミムシがポツポツと出てきたので諦めず続けてました。

それにしても久しぶりのオサ掘りは疲れるなぁ・・・。
30分くらいで肩が重くなってきました。そんなことではアカンアカン。
やがて竹やぶの縁にポッカリと掘られたようなくぼみを見つけました。それは自然のものというよりは誰かが山芋を掘り出した跡のよう穴でした。過去の経験でこういう穴の肩にオサムシが越冬していたのを見つけているのでここぞとばかりに掘り始めたのでした。
e0083097_2228248.jpg
 柔らかい砂質のポロポロと崩れる土の中からこちらを見ている姿が。
頭と胸しか見えませんがその広い前胸を目にした瞬間、「ああ、やっと・・・」と安堵の息が漏れたのでした。
e0083097_22362693.jpg
やっと見つけたイセオサムシ。想像通り赤味のある中型のオサムシでした。
先月もトラップで一回だけチャレンジしましたが叶わずに終わっていました。とりあえずこれで気がかりな虫を一つ攻略できました。

それから追加を求めて頑張ったのですが、数多のスジアオとルイスオオゴミばかりが「これでもかぁ!!」という感じでゾロゾロ。
マイマイカブリが3つ固まって土の中から出てきたくらいでした。思い返すと土中からマイマイカブリを掘り出したことってあんまりなかったように思います。たいがい倒木でしたから。

結局イセオサムシの追加は得られず。ちょっと残念。オサムシってやっぱり難しいなぁ。
ま、いいか。
[PR]
by aile21 | 2012-12-02 22:49 | 東海編

行ったり来たり

 少々更新が滞っておりました。

 先月の糞虫採集の直後から3週間弱の間、東京に出張しておりました。その仕事がまた随分ハードで自然を楽しむには縁の遠いものになっていました。早朝未明から深夜まで働いていたので寄り道もできず完全に虫のスイッチはオフでした。
e0083097_22434747.jpg
 仕事先の横を流れる川(仙川)に被さるように枝を広げる桜。
ほとんどの葉が散っていて初冬の趣でしたが、そのわりには暖かい日々でした。

余談ですが私自身、特にスポーツに縁の無い生活をしてきましたが歳の割にはタフな方でまだまだいけるとこっそり自負していたのですが、今回はさすがに・・・。
「ああ、やっぱり歳をとったんだなぁ・・・」としみじみ感慨に耽ったりしてみました。
とはいえ、同世代と比べるとまだまだ強い方だけれどね。と、もう少しもがいてみます。(笑)

さて・・・・、
e0083097_22573552.jpg
 今日からまた伊勢志摩に出張です。10月の続きです。
しかし秋のシーズンも終わり、さてさてどうしようかというところ。

日が沈むのが早すぎるこの頃です。
ぼちぼち仕事との兼ね合いで様子を見ながらチャンスを待つとしましょうか。
[PR]
by aile21 | 2012-11-20 23:06 | 東海編

エレガンス

e0083097_2227199.jpg
 昨年は指をくわえてネットを眺めていただけだったので長年の夢をかなえるためにやってきました。
はじめはなかなか良い住処を見つけられませんでしたが、当たりはじめると出るわでるわ・・・・。

いいわぁ・・・・。

でかいし、美しい。
e0083097_22423799.jpg
オオフタホシマグソコガネ
Aphodius elegans Allibert,1847

いるとこにはいるもんなんだと実感したのでした。大型の糞虫を養うにはやっぱりこれだけの○んこが必要なんだなとも感慨深かったです。
あんまり採り過ぎると帰ってから面倒なのでそこそこ摘んだら★★★★探しに切り替えました。

しかしこれがなかなか出ない。やっと見つけたのがバラバラになった死骸一つ。
「思っていたよりでかいな・・・」というのが第一印象でした。これならいれば見逃すまいとひたすら探しましたが、・・・。
e0083097_22412168.jpg
ツノコガネとか・・・。
でもずいぶん前に一回しか採ったことなかったから嬉しい。
たくさん見つかるちっちゃいマグソはたぶんフチケなんだろうな。
ほかにはゴホンダイコクとかカドマルとかがぽつぽつ。

またセンチコガネ採っちゃいました。(笑)

結局★★★★には出会えずに終了。
ま、仕方ないか。またの機会にチャレンジすることにしましょう。
でも日帰りでサクッと来てサクッと採集して帰るにはちょっと遠いなあ。
仕事と絡められたらいいんだけど・・・。

 帰りは行楽帰りの渋滞にドキッとしました。まだ紅葉って感じじゃないんだけどやはりこの時期の日曜日はこんなもんですかねぇ・・・。

西日に向かって車を走らせてたら・・・、
e0083097_22554482.jpg

エッ!?

まさか??
e0083097_22575644.jpg
・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・

・・・・・。

おまけ

 今回フチケマグソに「なんだまたか」なんて偉そうな態度を取ってしまいましたが実は最近初採集したばかり。テヘペロ・・・。
三重で採ったマグソコガネ2種を調べてみたらやっぱりたくさんいたのがフチケでした。
それよりもっと小さな黄色いマグソのほうが気になっていたのでした。
e0083097_2345239.jpg
それがこれ。
コスジマグソコガネ。
3mmくらいしかないけど、彫りの深いエリトラの条溝がなかなか良いです。
両方初採集だったのでめでたしめでたし。
[PR]
by aile21 | 2012-10-21 23:13 | 東海編

センチコガネもなかなか

e0083097_22541176.jpg
 伊勢志摩出張の虫を整理してます。

オオセンチは採れなくて残念でしたが、あそこのセンチコガネは京都のものより断然綺麗です。
トラップにはまっていたのを見ているうちにその美しさに気がついて、「せっかくだから少し摘んでおこう・・・、」

と、ちょこちょこ摘んでいたらいつのまにか59exs.もありました。(笑)

いつも〆たあとの写真はもう一つ綺麗に写せないので今日は糞出しの毒ビンに入れておいたのを洗って外で撮ってみました。こっちのほうがいいですね。

折々に各地のオオセンチは集めていきたいと思っていましたがセンチも侮れないようです。
e0083097_2331079.jpg

来年あたりは九州出張でもないもんですかねぇ・・・。
[PR]
by aile21 | 2012-10-19 23:10 | 東海編

完敗でした。

e0083097_23191460.jpg
 採集の成果とは裏腹に仕事も順調に進み当初の予定より少々早めに志摩から引き上げることになりました。

ちゃんと仕事してましたよ。虫採りに行ってたのではありませんから。

前日は打ち上げもあってトラップのチェックもできず。昨日現地解散のあと数箇所に仕掛けてあったPITを回収してまわりました。一縷の望みもありましたがなんだかもうダメダメなモチベーションでした。

結局10/09に追加したオサムシも入れて全9exs. すべて♀でした。なんかもう・・・。完敗です。

志摩に来てからいろいろ調べていましたが、どうやら今まで採れていたのはどうもイワワキらしいというのが自分の印象です。きわどいところなんですけどね。分布的にはイワワキ(シマオサムシ?)としておくのが無難な気がします。残念。

ウガタオサムシの分布を調べてみると、このエリアなら間違いないだろうとずーっと仕掛け続けたポイントはオサムシの「オ」の字もかかりませんでした。ここなら♀でもウガタとラベルが付けられそうだったのですけどね。そこではふ節のなくなったマイマイカブリが一つ採れただけでした。

う~ん、手ごわいなぁ・・・。というより準備不足、勉強不足でしたね。ナメテました。
またの機会に再挑戦してみようと思います。
e0083097_23394729.jpg
 糞虫探しの時にはこんなところも通り過ぎました。しかしウガタで苦戦しているなかこんなのまで手を出す余裕は無かったですね。

そもそも山でのオサムシ採りよりは河川敷のほうが容易いイメージがあったので、伊勢市でも無理をおしてトラップをいくつか仕掛けていました。一回だけですけど。
昨日の最後は帰りがけにそこも回収によりました。
ここならイセオサムシが採れるんじゃないかと。

ここはさすがに色々なゴミムシがおちていました。セアカヒラタは河川敷の常連ですね。ミイデラも。オオゴモクもごっちゃり。その中で最初に目を引いたのはマイマイカブリ。あとはクロナガオサ。クロナガを見ると秋を実感しますね。オオキベリアオを見つけたときにはやはり嬉しくなりましたが脚はあちこち欠損していて触角も全く無くなって死んでいたのが残念でした。
やがて光沢のあるオサムシの姿を目にした時には「お、やったか・・・?」とときめきました。
ところがよくよく見るとエゾカタビロオサムシでした。
e0083097_2356665.jpg
なかなか数が採れないオサムシなので嬉しいところです。自己3つめ。

しか~し、イセオサムシはとうとう採れませんでした。
ここでも完敗でした。結局一ヶ月もいて三重特産のオサムシでキチンと同定できるものが一つも採れなかったというのがへこみます。
まあ、仕事の合間とはいえ、やるだけやったので仕方ないです。

あとはついでに採ったこまごまとした虫をこれから整理していこうというところ。


 それとトラップ回収の際に入っていた虫で気になる虫がいました。当初はよく見るゴミムシだと思ったのですがエリトラの模様に違和感を感じ、大きさもいつもより大きいことに気づきました。「よくわかんないけど、とりあえず採っとこうか・・・」くらいにしか思いませんでしたが、オサムシのことで頭がいっぱいで一度捕獲したにもかかわらずいつのまにか逃がしてしまいました。
「あれ、いない・・・」と気づいてから、ふと「もしかして・・・」という思いがよぎってきました。
一夜明けてから記憶をもとに保育社の図鑑を開いてみると、見れば見るほどその虫のように思えます。ほぼ間違いないと思うんだけどなあ・・・。もしかしてウガタオサなんかよりよっぽど記録になるんじゃないかと一人で盛り上がったり、へこんだり。

そんなこともあり悔恨の思いが残る伊勢志摩になりました。
課題が多く残ったのでホントにまたチャレンジしたいと思うのでした。

今回の成果はふだん馴染みのなかった照葉樹を少しは勉強できたことですね。トベラも今までピンときませんでしたがもう間違えませんね。タブノキやユズリハ、シャリンバイ、ホソバタブ・・・・。いろいろ覚えられました。
[PR]
by aile21 | 2012-10-13 23:57 | 東海編

帰ってきました

e0083097_23572382.jpg
 一ヶ月の出張も一段落。先ほど京都に帰ってきました。

やっぱりこっちは寒いわ。
やはり伊勢は暖かかったんだなと実感。

こまごまはまた後ほど・・・。
[PR]
by aile21 | 2012-10-12 23:59 | 東海編

もう君を離さない

e0083097_0425960.jpg
 誓い通り見つけてきました!

昼休みに昼食後、意気込んで森に入るも前回と別のエリアを探してみようと彷徨いましたが、意外にもカクレミノが1本も見当たりません。時間をロスしたなと前回のエリアに戻り目の前をさえぎる蜘蛛の巣も蹴散らし、シダで覆われた林床もグングン進みました。あちこち痒くなるのもおかまいなしです。何本もカクレミノを見ていきました。前回見落としていたカクレミノが結構あることに気づいたのですが、なかなかタテジマカミキリの姿を見つけられません。
そろそろ仕事に戻らないといけない時間だろうとは思っていました。いやもう過ぎてるかな?
仕方ない。今日は諦めようかと仕事場に戻りつつ積もった落ち葉ですべる斜面を上がった時です。
e0083097_104926.jpg
こんな幼木にしがみついていました。私の腰丈くらいしかありません。
今までそこそこ大きな木にしかいないと思っていたので上ばかり見てきました。
膝くらいの高さのところにいるとは・・・。
思い込みが邪魔をしていましたね。勉強になりました。でもこうやって虫採りスキルは上げていくものでもあるんですよね。(と、自己肯定)
e0083097_155156.jpg

前回のは幻に終わってしまいましたから、改めて初ゲットー!!
もう逃がさないよ~!


おまけ

 日曜日は糞虫探し。
e0083097_19203.jpg
 牛がいるのかと思ってたけど羊しかいなかった。
見つかるのはカドマルエンマばかり。ゴホンダイコクの♀を一つ見つけたくらい。オオセンチの生き残りくらいいるんじゃないかと期待してたんだけどなぁ・・・。
マグソが見当たらんな・・・、と感じていたら糞の古さや分解の状態で多少変わっていることに気づきました。
一瞥では特徴のないマグソコガネを2種だけ摘んで帰りました。初か既種かは帰宅後までおあづけ。

羊、汚いなあ・・・、と見ていましたが、その糞を漁っている者の言うことじゃないですね。
[PR]
by aile21 | 2012-10-09 01:18 | 東海編

なにやってんだか・・・

 昨日の興奮と充足感も一夜明けて新しい一日の始まり。
忘れないうちに昨日のタテジマカミキリを〆ておこうと一時保管していた容器をかばんから取り出すと・・・、

あれ? 

いない・・・。

えっ!?  ええ~!!!?

うわっ!

手製の吸虫管のホースが抜けています。まじ?
またやっちゃった。

どうやら逃げ出したようです。時々やるんだよなぁ・・・。
かばんの中身を全部出して中を洗いざらいさがしてもいません。
となるとこの宿の部屋か?
どこかに張り付いていないかと部屋中探しましたがいません。
昨日の移動の車の中か?
・・・・もうそうなったらまず見つからないですね。シュン・・・。
可愛くってすぐに〆られなかったとはいえ、自分のズボラさに幻滅しました。

仕方ない。また明日から休憩時間をフルに使って新たに探さなければなりません。
あ、明日は休みか。じゃあ明後日から。
e0083097_23301943.jpg
出張仕事もそろそろ佳境です。夏の名残も姿をひそめ、ずいぶん秋らしくなってきました。のんびりしてられませんね。

 トラップにはいつもと別の場所でtたぶんいつものオサムシ3exs.全部♀。
加えてクロナガオサムシが3exs.これは♂が混じってるのがなんとも恨めしい。もう・・・。

なんとも冴えない感じで悔しいので夜の浜辺でちょっと篩って」きました。ヤマトケシマグソってまだいるのかなぁ?
真っ暗な浜辺でペンライト片手に砂を篩っているというのもなかなか怪しいものです。
見つかるのはスナゴミムシダマシやよく見る薄茶色のケシガムシ多数。ちっちゃいエンマムシもそこそこ。
マルガタゴミムシの仲間もいますね。
やっぱり冴えないです。ハネカクシは大小、もとい、中~微小ですね。
もうやめようかなとした頃、かなり白っぽい飴色の虫を見つけました。たまたま少し前にいそはえとりさんのブログを拝見していて過去のログでこの虫を見ていたばかりでした。
あ、あれだとすぐにわかりましたよ。名前はすぐに思い出せませんでしたけど。「クロズ」だけは覚えていましたね。
そう、クロズハマベゴミムシダマシでした。これが採れたのでとりあえずまあいいか。

e0083097_23542677.jpg
 おいしい牛乳でも飲みにいきたいなあ・・・。
[PR]
by aile21 | 2012-10-06 23:57 | 東海編

タテジマカミキリ

昼休みに仕事先の敷地内にある森をうろうろ。 夜のオサムシ狩りに思わぬ苦戦を強いられてきましたが今回の出張中に狙っていた虫がもう一つありました。
カクレミノをホストにするタテジマカミキリです。
e0083097_213034100.jpg


宿から仕事に向かう道すがら車窓の外を流れる景色の中にいつもカクレミノを探していたように思います。
仕事先には緑が多く、これならカクレミノもそこそこあるんじゃないかと期待していましたが、実際には細くて低い幼木ばかりでとてもカミキリのつくようなカクレミノが見当たりませんでした。
たまたま昨日、今日と昼休みに一人になる時間が取れたので身近な森に入ってみました。やぶ蚊の猛攻にさらされながらウバメガシの森を彷徨いました。他にはタブノキやホソバタモだかウラジロタモだかのそんな樹木ばかりです。しかしこういう暖地性の森だからこそカクレミノが期待できるというもの。昨日はタイムアップでしたから今日は昨日の続きを進みました。

やっぱり幼木しかないな・・・・。

と諦めつつ来た藪を戻りはじめた時、やはりそんなに大きくも太くもないけれど、それでも今まで見てきた中ではそこそこ大きいんじゃないの?というカクレミノが目に入りました。

枝別れした細い枝を一つ一つなぞるように見ていきます。と・・・・、

あれ!?

あっ、あーーーーーーーーーーー!!!!!

いた!いた、いたぁーーー!!

そこには今まで図鑑やネットでしかみたことのなかった姿があったのです。
それはカクレミノの細い枝に逆さにしがみつき、触角をまっすぐにピーンと伸ばして枝に同化しようとじっとしているタテジマカミキリの姿でした。
本当にこんな格好でしがみついているんだと感激しました。
これはやはりこの姿を写真に撮っておきたい。あ、しかしデジカメは車の中だ。仕方ない携帯のカメラで・・・

うわ・・、カメラのレンズ汚れてるな・・・、ちょっとまてよ、何かで拭くから。

タテジマカミキリは地上2mちょっとの高さにいます。携帯のカメラを接写モードにして・・・、う~ん、ちょっと届かないなあ・・・。
ピントが合うところまでは背伸びしても手が届きそうにありません。
それならと、カミキリのしがみついている枝をそーっと手繰り寄せることにしました。

逃げるなよ~・・・、逃げるなよ~・・・、

ポトッ

うわああ、落ちたああ・・・。しまったあああ。

e0083097_21133544.jpg
それでもこのサイズのカミキリなら林床に落ちても見失うことはありません。残念ながら狙いの構図は撮れませんでしたが見事タテジマカミキリを採ることができました。
成虫で野外越冬するこのカミキリは是非とも真冬の寒い日に見つけたいと長らく思っていましたが、興味をもってから5年以上経ってしまいました。もう秋でもなんでもいいです。

決して珍しくもないはずのこのカミキリになぜ今まで出会えなかったかというと、宇治近辺にカクレミノが生えてないからです。さんざん探しましたよ。ありませんから本当に!(たぶん・・・)
これは太平洋側のどこかに行ったときに探そうと心に秘めてきたのでした。
カクレミノ以外にもホストになる木はいくつかあるようですが、やはりこのしがみつきスタイルを見たかったですね。これも長らく貯めておいた宿題のひとつです。なかなかカッコいいカミキリじゃないですか。
嬉しさでしみじみ。そしてニンマリ。
久しぶりにこぶしを握って小さくガッツポーズをしたのでした。
めでたしめでたし。

おまけ
e0083097_2127483.jpg
一昨日の夜、コップに落ちてるウバタマムシを発見。
おやまあ・・・。
[PR]
by aile21 | 2012-10-05 21:33 | 東海編

台風一過

e0083097_23281757.jpg
 昨日の台風をよけて土曜の晩から京都に一時帰宅してきました。昨晩は自宅でニュースを見ていると新名神などが通行止めになっていたので仕事に無事もどれるか心配でしたが、未明に外に出てみると星が煌々と輝いていたので安心しました。気持ちよく車を走らせて志摩に戻ってきたのはちょうど夜明けころでした。

 日中仕事を終えていそいそと出かけました。おそらく台風でめちゃくちゃになったであろうトラップを仕掛け直さなくてはならないでしょう。

ところがポイントに着いてみるとケモノに荒らされたコップがいくつかありましたが、水がたまっていたり土砂に埋もれているようなものはありません。どうやらこのあたりではそんなに激しく降らなかったようです。

とあるコップにコカマキリが陣取っていました。
e0083097_23415947.jpg
このコカマキリ、不思議なことに前回もまたその前にもこのコップに居座っていました。
初めは「あ、コカマキリだ・・・」くらいにしか思わなかったのですが、
二回目には「またお前か・・・」と思いましたが、さほど気にもとめませんでした。
しかし三回目の今日はあまりに不思議です。偶然ではないような。彼はここでいつも何をしているんでしょうね?
トラップを守ってくれているのか、はたまた邪魔してるのか・・・。

 さて・・・・、
e0083097_23482020.jpg

 また♀ですけど、なにか?

 実は本命ポイントは別にあって、いくつかトラップを仕掛けてはいるのですが全然オサムシが落ちません。というより獣害がひどくて。

まあ、あきらめずにつづけましょ。
試練ですな。
[PR]
by aile21 | 2012-10-01 23:54 | 東海編


京都南部の野山で宇治虫親子が発見した生き物の記録  出演 とうちゃん(aile21)・かあちゃん・ちび宇治虫(showzine)


by aile21

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

以前の記事

2016年 05月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 08月
more...

リンク

フォロー中のブログ

昆虫ブログ むし探検広場
生きもの写真家安田守の自...
もえび生物観察記
とある昆虫研究者のメモ
雑問のすすめ@じごまる
まぁくんのオサムシ
生きもの写真家 安田 守...
石神井公園の蟲日記
こぶ屋日記
虫の棲む星
些昆虫記
つやまぐ探虫記
別刊 宇治虫
さぼってばかりの虫屋日記2
古道具屋kanonさんち...
るど公園...
となりの昆虫記。
蠢蝦螽蟷昆蟲記

カテゴリ

全体
とうちゃん
ちび宇治虫
かあちゃん
こんなものみつけた
ちびがみつけたもの
カエル
上海編
関東編
東北編
中部編
沖縄編
中国編
四国編
東海編
北陸編
九州編
未分類

タグ

(213)
(186)
(108)
(84)
(83)
(66)
(52)
(47)
(36)
(33)
(20)
(19)
(19)
(19)
(14)
(13)
(11)
(10)
(6)
(6)

ライフログ


京都の昆虫


小さな骨の動物園


生き物屋図鑑


へなちょこカミキリロード―初心者のためのカミキリムシ入門


昆虫コレクション―集めて楽しむ (森の休日)


森と水辺の甲虫誌

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

近畿
自然・生物

画像一覧