<   2006年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧

交尾片に挑戦!

e0083097_22471368.jpg


 今日は栗東、信楽方面へ。

 快晴、気温も10℃を超えるとの予報に気分も良く、今日こそは何かめぼしい虫が採れるかな〜と車を走らせた。
 
 12月に「ちび宇治虫」たちがシガラキオサムシを採った栗東のポイント周辺にいってみたらあたりの崖はもの凄い有り様だった。至る所、崖という崖が崩されまくっていた。むごたらしい景観に「うひゃ〜!!」という感じ。
 それでもまだ掘れそうな部分(ほとんど無いけど・・・)を探しながら崩して行きました。昨晩にでも降ったのかあたりには雪が浅く積もっていて、土はカチコチです。途中、真っ黒なシガラキオサムシを1匹掘り出した後は、もう掘る崖がありません。時々気になるところを崩しながら林道を戻っていく途中では通りすがりの森林組合のおじさんに苦言をもらってしまった。こんなひどい状態は僕らのせいではないんだけど、おじさん達の気持ちも解る。崖掘りも節度が必要だよね。これ以上ここでは採集は出来ないと他所へ移動しました。

 コンビニで休憩兼昼食のあと、大戸川を越えて信楽町へ。車を止めて怪し気な林道を歩いて行くとまたまた大々的に崩されていた。「ここもか〜。」と思ってみても、どうも違う・・・・。試しに崖の肩を崩してみると、ぽつぽつとオサムシが出てくる。実は林道開削中のようだ。重機でくずした崖でも十分オサムシが採れました。それにしても凍った土は固くて手がマメだらけ。
 
 さて、このあたりはシガラキオサムシとイワワキオサムシの分布境界線になっている。採れたオサムシがはたして何オサムシなのか・・・、自信が無い。交尾片で判断するしかないようだ。でもこういう時に限って出てくるオサムシはメスばかり。
 「オスを探せ〜!!」
とみんな(親子3人だけど)で頑張ってやっと7匹目でゲット。

 帰ってから家にある図鑑などをいろいろ調べても、やっぱり交尾片を引きずり出すしかない。仕方ない。いずれは通る道だ。
 
 それにしても臭いな。
 グチュグチュだなあ。
 こら!あばれるな!

 それでもなんとか図鑑通りの結果を出す事ができました。交尾片の問題もなんとかなるかな。

 ・シガラキオサムシ    1
 ・イワワキオサムシ    7 (初採集)
 ・オオオサムシ      1
 ・アキタクロナガオサムシ 1
 ・ヨツボシゴミムシダマシ 2 (初採集)
 ・ミヤマヒサゴゴミムシ  1
 
 明日からまた関東の出張に戻らなければなりません。あの辺りではあとどんな虫がとれるかな。仕事の合間では辛いな。
[PR]
by aile21 | 2006-01-30 00:16 | とうちゃん

フタモンクビナガゴミムシ

e0083097_1954737.jpg


 久しぶりの京都。出張の合間をぬって、ちょっと帰省しました。さっそく家族3人で昆虫採集へ突撃。しかし、親子3人が手鍬をもってうろうろする姿って・・・

 木津川河川敷(井手町)は潅木地帯まで葦と野茨に阻まれてなかなか進めず、小雪まじりの雨がポツポツしていて先行き不安だったが、その後天気も回復した。
 千葉の河川敷の思いでもあって、河原の倒木がちょっと気になる。このあたりにはエゾカタビロ(採集済み)もいるし、もちろんマイマイカブリだっている。文献には詳細は明かされてはいないがセアカオサムシも確認されている。まだまだしつこく調査しなくては!
 
 ・・・・しかし、どうも芳しくない。クワガタの幼虫はゴロゴロ出てくる。アオゴミムシの集団越冬は毎度のこと。
 めぼしい虫が見つからないので、次は川べりの小さな崖(?)を崩してみた。そこで見つけたのがフタモンクビナガゴミムシ。ちっちゃいくせにおしゃれな模様です。集団越冬でかなりの数がいました。

  ・フタモンクビナガゴミムシ(初採集)
  ・ヒメキベリアオゴミムシ(初採集)
  ・スジコガシラゴミムシダマシ(初採集)

 アオゴミムシは住処を暴かれるとすぐにあわてて散らばるように逃げて行くのに、スジコガシラゴミダマのように集団のままでじ〜っとしているタイプがいるのは面白い。

 崖掘りでは、崖の外をむいているオサムシに対して、ゴミムシたちを見つけた時はたいていおしりがこちらをむいている。穴の堀り方がちがうの?

 昼過ぎからは山城町の山へ。
ここが全然ダメ! 先客が昨日今日にさんざん崖を崩していったようだ。倒木はいくらでもあるのに、全然虫が出てこない。おかしい。めぼしい虫でなくても、クチキムシやらゴミダマたちがいるのが普通なのに。

 随分粘ってやっとオオクロナガオサムシを1匹倒木から割り出して帰りました。久しぶりに地元の採集でした。あ〜疲れた。でも楽しかった〜。

  
[PR]
by aile21 | 2006-01-28 20:22 | とうちゃん

景色一変

e0083097_18102767.jpg

予想通り、いやそれ以上の雪が降ったようだ。
近くの河川敷が雪原になっていました。どこに崖があるのか、どこに倒木があるのか?全く判りません。普通のスニーカーでは凍傷とまではいかなくてもしもやけになりそうなので、あまり長居はしないで引き上げました。

北海道や東北などは綺麗なオサムシがいていいなぁ~なんて思っていたけど、よく考えてみたら冬の間はろくに虫採りもできないと気がついてしまった。
一年中採集ができるって贅沢なことなんだなぁ。
[PR]
by aile21 | 2006-01-22 18:10 | 関東編

大雪で真っ白

e0083097_20135953.jpg

すごい雪だなぁ~。
未明からず~っと降っている。
明日はバリバリに凍っているだろう。虫採りは無理かなぁ。
そういえば、年末年始の頃に日蔭の崖を崩そうとしたら土がカチンコチンに凍っていて全然崩せなかった事がありました。明日はそれに加えて何センチもの積雪がガッチリとガードしているんだろうな。
なにはともあれ、ちょっと覗きにいってみるか。
[PR]
by aile21 | 2006-01-21 20:13 | 関東編

もずのはやにえ・その2

e0083097_1915684.jpg

昨年末の“ちび宇治虫”に続いて、私もついに見つけました。長い間、一度は見てみたいと思っていました。
ケラですね。
次はカエルやトカゲ、カマキリなんかも見てみたいなぁ。
[PR]
by aile21 | 2006-01-17 19:15 | こんなものみつけた

カニムシ

e0083097_2027752.jpg

 今日は、桃山御陵で虫採りしました。 
最初の場所では、落葉の下に毛虫の大集団(*∧*)、竹の中にカミキリムシの幼虫ぐらいしかいませんでした。でも、暖かくなってきた頃には、カミキリムシを期待して来ようかなと思っています。
 次も、最初は全然見つけられなかったけど、朽木ですんごく小さなコメツキムシを捕まえました。それから、スズメバチやゴミムシダマシの幼虫などが、出てきました。     
そのとき!小さなさそりのような生き物発見!これはきっとカニムシという虫だ!
昆虫じゃないけど、持って帰った。

                           ちび宇治虫でした〜                  
[PR]
by aile21 | 2006-01-15 20:59 | ちび宇治虫

青いマイマイカブリ

e0083097_18395038.jpg

天気予報通り、昨日の雨が嘘のように晴れ渡った。気温もぐんぐん上がったようだ。川の土手にはタンポポの花がほころび、ホトケノザも咲いていた。
今日の採集は千葉県流山市。はじめはいつものように雑木林の中でゴソゴソ。もうアオオサはいらないし、コクワがたくさんでてきたけど、これも持ち帰らず。目先を変えて河川敷へ。
移動の足がないので、4キロくらい歩く。暖かい日だったのでさほど辛くはなかったけど、もう陽は傾いている。
江戸川の河川敷には倒木がいくつか転がっている。すでに材割りの痕跡があるが今日のラストチャンスと思って粘ってみる。
アオゴミの集団越冬がうじゃうじゃ出てくる。こいつらは河原にはいくらでもいるなぁ。
直径10センチくらいの枯木を割っていた。

「おっ!出た。…クロナガ?」

「あれっ?青いなぁ。オオオサ…、まさかそんなはずは…、」

「!!、ヒメマイマイ!」

なんといっても京都のマイマイカブリは真っ黒で地味〜な感じなので、こんなに青いマイマイカブリはすごく綺麗でうれしい。合計3匹採集出来ました。次のターゲットはアカガネオサかな。
[PR]
by aile21 | 2006-01-15 18:39 | 関東編

休日

 『宇治虫』の妻です。

 「土日のどっちか虫採り連れてって」と息子に言われた。具体的に採りたい虫と、
いそうな場所を言ってくれればいいのだが、なかなかそこまでは絞り込めないらしい。
 成虫越冬するやつ・・・どこに行けばいるんだろう??朽木と崖掘りは主人がさんざん連れて行ってくれてたし竹林なんかを探してみようかなぁ〜。冬のおすすめ採集ってあるのかな〜??私ももっと勉強しなきゃ・・・
 
[PR]
by aile21 | 2006-01-14 15:11 | かあちゃん

?なんだこれ?

e0083097_14532694.jpg

雑木林でひろったモノ。
甲虫の一部分には違いない。崖掘りの最中に、敷き積もった落ち葉の中で黒光りしていた。
持って帰ったのは全く虫の名前がおもいつかないからだ。
おそらく前胸部。
クワガタではない。
最初、カブトムシかと思ったが左右にある深い切れ込みがどうもを見て、却下。
写真ではわかりにくいが中央、やや下に小さな突起(角?)がある。その前面と思われる側にうすい褐色の毛がびっしり生えている。
大きさは幅12㎜、長さ9㎜、高さ8㎜。
糞虫かも?と思ったけどダイコクともちがうな。
そもそも、前胸ではないのかなぁ。

いずれにしよ、未採集の気になる甲虫がそこには生息しているわけだから正体がわかれば採集する事もできるだろう。
[PR]
by aile21 | 2006-01-14 14:53 | こんなものみつけた

オサムシマンション

e0083097_1758692.jpg

崖掘りでオサムシを探していると、ちょつと気がついた。
崖の肩で一匹見つけると、大抵そのまわり(半径30㎝以内)にあと数匹隠れている。けっして一つの穴に同居しているわけではないんだけど、これも集団越冬というんだろうか?
[PR]
by aile21 | 2006-01-13 17:58 | 関東編


京都南部の野山で宇治虫親子が発見した生き物の記録  出演 とうちゃん(aile21)・かあちゃん・ちび宇治虫(showzine)


by aile21

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

以前の記事

2016年 05月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 08月
more...

リンク

フォロー中のブログ

昆虫ブログ むし探検広場
生きもの写真家安田守の自...
もえび生物観察記
とある昆虫研究者のメモ
雑問のすすめ@じごまる
まぁくんのオサムシ
生きもの写真家 安田 守...
石神井公園の蟲日記
こぶ屋日記
虫の棲む星
些昆虫記
つやまぐ探虫記
別刊 宇治虫
さぼってばかりの虫屋日記2
古道具屋kanonさんち...
るど公園...
となりの昆虫記。
蠢蝦螽蟷昆蟲記

カテゴリ

全体
とうちゃん
ちび宇治虫
かあちゃん
こんなものみつけた
ちびがみつけたもの
カエル
上海編
関東編
東北編
中部編
沖縄編
中国編
四国編
東海編
北陸編
九州編
未分類

タグ

(213)
(186)
(108)
(84)
(83)
(66)
(52)
(47)
(36)
(33)
(20)
(19)
(19)
(19)
(14)
(13)
(11)
(10)
(6)
(6)

ライフログ


京都の昆虫


小さな骨の動物園


生き物屋図鑑


へなちょこカミキリロード―初心者のためのカミキリムシ入門


昆虫コレクション―集めて楽しむ (森の休日)


森と水辺の甲虫誌

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

近畿
自然・生物

画像一覧