<   2006年 03月 ( 18 )   > この月の画像一覧

柳のゆりかご 1

e0083097_20444025.jpg

スギカミキリを探しに行く途中、またまた河川敷に立ち寄ってみた。柔らかい萌黄色に包まれた柳が美しい。採集シーズンに入り、これから始まるであろう狂想曲に比べればなんとも優雅なワルツのようだ。
蚊やハエ、ミツバチがちらほら。「何か甲虫はいないかなぁ〜。」と思ってブラブラしていると気になるヤナギを見つけました。
それは、幹の途中で大きく薙ぎ倒され、崩れ落ちていました。きっと先週の強風で倒れちゃったんだな。近づいてみると、
おぉ〜!すごい虫食い。
なにが巣くっていたんだろう?こんなに穴だらけじゃあ嵐で倒れるのも無理はないなぁ。
中にいた虫達は災難だったなぁ。
いろいろ考えながら観察してみる。坑道のあちこちにオガクズがペリットのように固まってある。今まで見てきた粉のようなオガクズと違って繊維の塊だ。その一個を摘んで取ってみるとその下に蛹の抜け殻みたいなものがクシャクシャになって出てきた。真冬の朝、あまりに寒くて布団の中で着替えた時に足元のほうにクシャクシャになって押し出された寝巻 …、そんな感じ。どんな虫がここから出ていったんだろう。

・・・・・・ん!?・・・・今、・・・・・何か聞こえたような!?・・・・・。
[PR]
by aile21 | 2006-03-28 21:03 | 関東編

柳のゆりかご 2

e0083097_20483869.jpg

何か・・・・・聞こえた。・・・何だ?・・・えっ?・・・どこだ?・・・・・??

「…キィ…、……キィ、キィ…」

えっ!? まさか?
脱ぎ捨てられた抜け殻の先、木材の中へ暗く続くトンネル・・・、その奥に・・・

アァーッッ!!

いたぁーっ!!!

いや、なんかいるーっ!?

暗闇のその奥に微かに光る黒い塊。大きな鈎爪のついた後ろ脚がトンネルの出口をユラユラさまよっている。

うわっ!! でかっ!!

なんだこいつ???・・・コクワなんて大きさじゃない。
柳・・・黒い・・・・?
まさかヒラタか?・・・だとしたら超大物だ。
よ〜しっ!これはなんとか取り出してやる!
幸いトンネルの先は行き止まりのようで、そこより奥へは逃げ込めないようだ。むこうに逃げ場がないなら焦る必要はない。持久戦だ。

さて、どうしたものか・・・?
傷つけないように取り出すには、むやみに棒を突っ込んで掻き回すわけにもいかない。回りの木材を崩していくにもけっこう硬いため、勢い余ってグシャッ!となってしまうかもしれない。

そして一番安全、無難だと思われたのはあぶり出し作戦。煙草の煙をトンネルの中にしつこく吹きかけていったのだった。
[PR]
by aile21 | 2006-03-28 21:02 | 関東編

柳のゆりかご 3

e0083097_20513262.jpg

長い攻防が続いた。そのまま腰を下ろして一服もする。
 違うなぁ〜・・・。
真っ黒じゃない・・・。
白い斑紋がある。

そうか、・・・そうだったのか。[大きな昆虫]を見つけたことで舞い上がっていたようだ。冷静になって考えてみた。
真夏ではないのか?
それなのにこの時期にもう羽化しているの?
そもそも、コナラやクヌギに巣くうんじゃなかったっけ?これヤナギだよ。

ん〜?ドウイウコトダ?

また目から大きな鱗が落ちそうな気配。

さて、少しトンネル出口にお尻が出てきたところでそ〜っとトンネル上部を崩してみた。

おぉ〜!!!
お姿拝見。
カッコイイなぁ。

ヤベッ!こんなの容れる容器がないや!

あとは落ちてた小枝でコチョコチョしながら開口部の方へ誘導しました。
[PR]
by aile21 | 2006-03-28 21:01 | 関東編

柳のゆりかご 4

e0083097_2054126.jpg

でたぁ〜!

斑紋鮮やかなシロスジカミキリ。
触角の長さからみて♀のようだ。キィキィ鳴きっぱなしです。まだおぼつかない足どりでヤナギの幹をノソノソ行ったり来たり。飛び立つ気配はなさそうなので、いろいろ写真を撮ったりしながらしばらく観察していました。
改めて幹の廻りを見ると、特徴のある産卵痕も見つかりました。中にはオガクズの塊もあちこちにあります。
〈これはまだまだ入っているな。どうせなら♂も…〉
と、一瞬思ったけれど、このカミキリをみていたらなんだか妙にせつなくなってしまってそれは遠慮することに。また、夏のシーズンに探せばいいでしょう。今回はタナボタみたいなものだし。

結局、仕事用に持っていたレポート用紙でタトウを作り、胸ポケットに容れて連れて帰りました。
スギカミキリ探索の時間はほとんどなくなっちゃったけど、十分な成果かな。
[PR]
by aile21 | 2006-03-28 21:00 | 関東編

柳のゆりかご 5

e0083097_20562951.jpg

昨日、図鑑を調べていたらいろいろ解りました。
シロスジカミキリはヤナギやキリにも棲息するらしい。
また、羽脱するまで4年近くかかるという事もわかった。3年目に木の中で成虫になり、そのまま成虫越冬して4年目にやっと外界に出てくるのだそうだ。だから3月に材中にいるのはなんら不思議な事ではなかったのですね。
ずいぶん長い間頑張っていたんだ…。やっぱり大きな鱗がごっそり落ちました。いい勉強になりました。

でも、まだ一つ、疑問が残っています。
シロスジカミキリ…、実は生存中は黄色い斑紋で、死ぬとそれが白くなると言われている。事実2年前に採集した個体は正にその通りだった。
それなのにこの個体、…白いよ。決して黄色とはいえない斑紋です。…?
これはいったいどういう事なのか?
もしかして材中時は白くて、外に出たら紫外線や他の影響で黄色くなるのか。そして死んだらまた白くなるとか?
それともただ単にこの個体だけの個体差なのか?
できればもう少し生きていてもらうかな。そのうち謎も解けるでしょう。
[PR]
by aile21 | 2006-03-28 20:59 | 関東編

柳のゆりかご 6

e0083097_20585478.jpg

噛まれたくない虫がいる。彼女は“噛まれたくない”ワースト3に入ると思う。いや、多分一位だろう。牙をみてたら「これだけには噛みつかれては駄目だ。」と思っていた。
…のに、油断した。

くぅ〜〜〜!!
たまらん!いったぁ〜〜い!
クワガタのように締め付ける感じではない。
斬る、裂く、えぐる、そんな感じだ。
こういう時は無理矢理引き離そうとしてもダメだ。むしろ逆効果になる。ぐっ、と我慢して相手が気を抜いて噛む力が緩んだ時がチャンスだ。

平気、平気、そんなのなんでもないよ。

我慢比べなら負けないよ。

・・・平気だよ。・・・

まだまだ・・・・

・・・・・

・・・・

・・・

いーっつまで噛みついとんじゃあ〜〜〜!!!
肉がちぎれるぅぅ〜〜!
[PR]
by aile21 | 2006-03-28 20:58 | 関東編

天ケ瀬森林公園

 昨日と今日はいろんな木がありそうな、天ケ瀬森林公園に行きました。
昨日、採れたものはビロードツリアブ、シラホシテントウ、ウシカメムシの3匹です。
ウシカメムシは、なんと!運良く蜘蛛の巣に引っ掛かっていたのです。本当にラッキーでした。
でも、山登りもしたのですごく疲れてしまいました。

今日も、同じ所で採集したけど、杉がいっぱいあるので、スギカミキリ探しをしました。
でも、採れたのは、オオトビサシガメだけでした。
たぶん、出た跡かなぁって所はいっぱいあったけど、昔のっぽいやつばっかりでした。
[PR]
by aile21 | 2006-03-27 14:55 | ちび宇治虫

動き出したね。

e0083097_21434670.jpg

テンプルさんの掲示板[カミキリ党]で最近話題のスギカミキリを探しに行ってきました。
杉なんてちょっとした林ならいくらでもあるわい、なんて気軽に考えていた。行ってみるともちろん杉は見つかるけれど、羽脱の穴はちらほらあっても、どうも最近のものではなさそう。一番期待していた“ヤニがダラダラ”状態は全く見つけられませんでした。日も暮れかかってきたので終了です。
今まで越冬中に出会った虫達がそろそろ動き始めてました。アカスジキンカメの幼虫、エサキモンキツノカメ、クサギカメ、ヘリカメムシの一種など。(なんだ、カメムシばかりかぁ。)

実は雑木林に来る前に意外な虫との出会いがあって時間があまり無かったのです。その事はまた後で記事にしま〜す。
[PR]
by aile21 | 2006-03-26 21:43 | 関東編

サクラサク。

e0083097_10533872.jpg

やっと咲きました。
やっぱり桜はいいですね。一週間くらいもってくれるといいなぁ。
[PR]
by aile21 | 2006-03-26 10:53 | 関東編

こっちでもイネゾウモドキ?

 今日はちょっとブラッと、近くの店の裏にある、川沿いの道で虫探しをしました。
もうちょうちょがいっぱい飛んでいた。
 最初は蝶、蜂、虻や蚊しか見つからなかったけど、途中でナナホシテントウとヨモギハムシも見つけた。
そしてずっと行くと、僕達以外に虫を採っている子供を見たけど、4才〜5才の人でモンシロチョウを白い蝶や!とか変な呼び方をしてました。(しょうがないか・・・)
 僕達もお父さんの様に生きたイネゾウモドキを見てみたかったので、柳を見ると3匹ぐらい見つけられました。もちろんつかまえました。
 お父さんの記事から、鳴くと知ったので、それを聞きたかったというのも、また採っといた理由です。鳴くかなぁ〜。   
    
  ちび宇治虫
[PR]
by aile21 | 2006-03-25 20:09 | ちび宇治虫


京都南部の野山で宇治虫親子が発見した生き物の記録  出演 とうちゃん(aile21)・かあちゃん・ちび宇治虫(showzine)


by aile21

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

以前の記事

2016年 05月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 08月
more...

リンク

フォロー中のブログ

昆虫ブログ むし探検広場
生きもの写真家安田守の自...
もえび生物観察記
とある昆虫研究者のメモ
雑問のすすめ@じごまる
まぁくんのオサムシ
生きもの写真家 安田 守...
石神井公園の蟲日記
こぶ屋日記
虫の棲む星
些昆虫記
つやまぐ探虫記
別刊 宇治虫
さぼってばかりの虫屋日記2
古道具屋kanonさんち...
るど公園...
となりの昆虫記。
蠢蝦螽蟷昆蟲記

カテゴリ

全体
とうちゃん
ちび宇治虫
かあちゃん
こんなものみつけた
ちびがみつけたもの
カエル
上海編
関東編
東北編
中部編
沖縄編
中国編
四国編
東海編
北陸編
九州編
未分類

タグ

(213)
(186)
(108)
(84)
(83)
(66)
(52)
(47)
(36)
(33)
(20)
(19)
(19)
(19)
(14)
(13)
(11)
(10)
(6)
(6)

ライフログ


京都の昆虫


小さな骨の動物園


生き物屋図鑑


へなちょこカミキリロード―初心者のためのカミキリムシ入門


昆虫コレクション―集めて楽しむ (森の休日)


森と水辺の甲虫誌

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

近畿
自然・生物

画像一覧