<   2006年 10月 ( 19 )   > この月の画像一覧

紫のマイマイカブリ

 今月の前半まで滞在していた山形県の庄内地方。実はその地にはいまだ残務処理の人間が数人残っています。「紅葉、きれいだよ〜。」と言いつつ電話がきました。

 「(aile21)さんが探していた虫を見つけたんですけど、送りましょうか?」

 よっぽど虫狂いに見えていたのだろうか?
 よほど珍しい虫を探究していると思われていたのだろうか?

 まさかそんな申し出をしてくれるとは思っていなくて、大笑いしてしまいました。
その虫が今日、宅急便で届きました。

 
e0083097_2117641.jpg

 コアオマイマイです。滞在当時にやっと一匹ゲット出来ました(10/5の記事参照)。残念ながら死んだ直後だったけれど、その時の喜び方に周りの人たちはびっくりしていたのかもしれません。(笑)
 左の小さめの個体が当時のコアオマイマイです。そして今回送られてきたのが右上の大きい個体です。左が35mm、しかし今回のはなんと45mm。北のマイマイは小さめなのかと思っていたのに、どうしてどうして、ずいぶん大きいじゃないですか!
しかも、初個体はきれいな赤い前胸部だったのに対して、こんどのは暗紫色とでもいうのでしょうか。かなり雰囲気が違いますね。しかも前胸部が少し太いような・・・。
e0083097_21355353.jpg

 自力で採集したいし、買ったり貰ったりには抵抗あるけど、これはもらってよかったですね。(最近、貰う事も多いけど・・・)
 やっぱりマイマイカブリいいなあ。各都道府県のマイマイ集めてみるのも楽しいかも。
[PR]
by aile21 | 2006-10-29 21:37 | とうちゃん

静かな山歩きでした。

e0083097_20392860.jpg
 午後から家族3人でちょっとブラブラ。明日はやっと雨が降るらしい。曇って、霞んで、薄暗くてなんだか寂しい地元の山です。

e0083097_20514257.jpg なんだか虫の気配が無いですね〜。叩いてもクモやマルカメムシばかりでした。羊歯の塊を叩いてみたら枯れ葉のような蛾がポトリッ。
 いつも感心するのは木の葉の虫食いまで表現するこの手の虫たち。
e0083097_20575147.jpg
 うは〜〜〜っ!!凄い顔!
なんだか鳥の嘴みたいにとんがってる〜〜。

 今日はハイキング道のそこかしこにセンチコガネがころがっていました。こんなにタダセンチばかりっていう日も珍しい。何匹も集まっていると鹿糞がころがっているみたいだ。あたりには鹿糞もコロコロころがっている。大きさといい、艶といい、もしかして鹿糞に擬態してるのか?
e0083097_218939.jpg


 おまけ

e0083097_2113397.jpg 帰りがけにちょっと気になる木を見つけました。「そんなの見た事ない!」「どこに生えてるんだよ!」と思っていたら、・・・・あることはあるんですね。
 あ・・・、写真ぼけてました。
「ネズミサシ」です。
ちょっとミーハーでした。
[PR]
by aile21 | 2006-10-28 21:20 | とうちゃん

エビ採り

 今日はかあちゃんと二人でエビ採りに行ってきました。
どこがいいかな〜?

 ちび宇治虫がまだ幼稚園くらいの頃、宇治川や木津川、ちょっと山側の里の川でよくガサガサをしに行きました。
いろんなタイプのヤゴ、ザリガニ、ゴリ、ヨシノボリ、オイカワの稚魚とか・・・、いろいろ採れました。
イトトンボのヤゴは楽しかったです。わりと簡単に羽化してくれるので一時は玄関にイトトンボがフラフラ飛んでいる時が多かったです。
やっぱり嬉しかったのはギンヤンマです。迫力ありますよ〜!
餌の確保がちょっと大変かな。でも大都会に住んでるわけではないので、空いた時間に川岸でちょっと掬えば、いくらでも小魚は確保できました。

 その時になにより一番おおく採れたのが川エビです。
草食性のヌマエビと肉食性のスジエビが採れます。スジエビはかなり獰猛なので小魚を襲うから、めんどくさい乱暴ものです。以前はヌマエビを多く採りたかったのにスジエビばかり。ヌマエビってペットショップで80円で売ってるんですよ。そのショップの目の前の川にもうホント、いっっっっっっくらでもいるのに・・・・。

 今日の狙いはカメゴンたちの残飯整理をしてくれることを期待してのスジエビです。・・・・が、こんな時にかぎってヌマエビばかり採れるんだよなあ。まあ、採集記っていうほどのドラマティックな展開もなく、
 現場に着きました。網を入れたら、ほら!もうこんなに採れちゃた。
って感じです。でもヌマエビばかりだけど・・・。まあいいか。
e0083097_0345565.jpg



 夕食後、ふと気付くとオカメが甲羅干しをしていました。せっかく陸地として流木の上部を水面上に出しておいたのに・・・・。スパティフィラム(草)によじ登っていた。どうも最初にレイアウトした時より傾いてきたなあ、と思っていたのだが、この子達のせいかあ。
e0083097_044514.jpg

[PR]
by aile21 | 2006-10-27 00:48 | とうちゃん

♂カメゴンと♀オカメ

e0083097_1739964.jpg

島根県の知人から水生昆虫のペアを頂きました。
とても可愛くて見てて飽きないです。
[PR]
by aile21 | 2006-10-24 17:44 | かあちゃん

小枝カミキリ!?

お!久しぶりです。ちび宇治虫です。
 今日もコブたたき!セダカコブ狙いです!
でも、枯れ葉の引っ掛かったアザミやキイチゴはたくさんあったけど、叩いても叩いても落ちて来ませんでした。
 一応アトモンサビカミキリやヤマイモハムシ等いろいろな虫が採れました。
ヤマイモハムシといえばヤマノイモ!ヤマノイモといえばムカゴ!ということでムカゴとりもしました。もちろん今日の晩ご飯です。
ここでは、何の糞かはわからないけど、すごくキラキラした糞も落ちてました。
e0083097_20315964.jpg

なにかがオオセンチコガネをたくさん食べたけど消化できずに出て来たんだろうな。
セダカコブはもう採れなさそうだから場所移動。

今度は定点。
ここでは小枝にすごくそっくりなカミキリが採れた!コブスジサビカミキリだ!
e0083097_20394431.jpg

このカミキリは結構採ってみたかったカミキリなのでうれしいです!
触角をおりたたんでると、すごく折れた枝にそっくり!ちょっと小さすぎだけど・・・
ワモンサビカミキリの生態写真にも挑戦!3人で撮ろうとしたけど、一番上手に撮れたのはとうちゃんでした。
e0083097_20514734.jpg

[PR]
by aile21 | 2006-10-22 20:55 | ちび宇治虫

再戦!マヤサンコブ

 結局この一週間、一滴も降らなかった・・・。
その前からの晴天から数えればどれだけ降ってないんだろう?

 予想通り・・・・、
 それはもう・・・・・、

 カラッカラ!でした。

 林道の入り口に着けば、「土砂崩れにつき通行止め」(ToT)

e0083097_22535359.jpg
炎天下(10月後半です)の林道をトボトボと歩いて行きました。パリパリの葉っぱが降ってきます。
・・・・・もうあかん。
あ〜あ・・・、木々の根元までカサカサだよ。


 それでもしつこく日陰に積もった枯れ枝でなんとか一匹発見しました。
ふう〜〜〜。いるにはいるんだけどなあ。


e0083097_2391227.jpg 標高を上げていけば植生が変わってきます。だんだんブナやミズナラが多くなってきます。・・・・そしてどんどん日陰が少なくなってきました。テンション下がりっぱなし。この状況じゃねえ〜。残念。


 峠に着いてみると、山の向こうは北から吹き上げる冷たい風で寒い寒い。これはこれで辛いな。峠の周辺でブナの落ち枝をポキポキしてみたけれど、コルリらしき幼虫は何匹か出て来ましたが、ついに成虫には出会えず。
 「しょうがないよ。」ということで、トボトボと来た道を下りていったのです。そして気が付いたのです。風通しの良い林縁よりも森の中とか沢沿いのほうが少しでも湿度を感じる事ができる事を。(遅い!!)
 
 そしてやっと、やっとの事でイヌガヤから100均傘に「ポトリッ」

e0083097_2328166.jpg



 キビシイ採集でした。結局ちびとかあちゃんに採らせてあげることは出来ませんでした。もう今シーズンのマヤサンはこれで終わりでしょう。腕や経験が足りないのはもちろんではあるけれど、も〜う、この天気運の悪さだけはどうしようもないですね。
 また来年頑張ろうね。
e0083097_23372715.jpg

[PR]
by aile21 | 2006-10-21 23:39 | とうちゃん

発見! エイリアンの巣!!

 去年の9月にジャコウアゲハの幼虫をよく見かける場所があった。
当時は「黒っぽい地味な」アゲハくらいにしか思ってませんでした。しかしその後に各サイトでその蛹の面白さを知ってから、今年は探してみようと思ってました。

 「かあちゃん」と一緒に河川敷に流木と川砂を採取に来ました。相変わらずだだっ広い砂原が続いています。このあたりの川砂はきめが細かくて、色も明るいのでサボテン用にも使っていたりして重宝します。
 この砂原の何処かにオオヒョウタンゴミムシがいるらしい。これもまた目標の一つ。
e0083097_18165131.jpg


 堤の上を歩いていて、去年ジャコウアゲハの幼虫がたくさんモソモソしていたあたりにコンクリと鉄の建造物がありました。
 たしか・・・、こういうところに・・・、蛹が・・・、ついているって・・・、紹介されてたなあ・・・。
と、しゃがんで覗き込んでみれば、ドンピシャ!!
e0083097_18251164.jpg

 いるわいるわ。あちこちにたーくさんくっついてます。
すごい造形美ですねえ〜。なんともいえないこの妖しさ。
つい、見入ってしまいます。

 そういえば、昨晩片付けをしていたら三角紙に入った謎の蝶がでてきた。
「なにこれ?」
「わからん・・・」
「ミドリヒョウモンやん・・・。」

 どうもなにやら気になった蛹を夏に採って来ておいたのが羽化したらしい。ちびが三角紙に入れて保存していたまま行方不明になっていたようだ。
もうボロボロやん・・・。
 こんな事もよくある我家の虫ライフ。

 
[PR]
by aile21 | 2006-10-20 18:42 | とうちゃん

富士吉田の材

e0083097_153051.jpg
 暖かいせいか、出て来ちゃいました。
 ゴマフカミキリ。
夏の終わりにさんざん羽脱していったのに、まだ居残りがいたんですね。
思うに、材の中で成虫越冬するつもりだったのでしょう。環境が変わって予定が狂っちゃったのかな。
 ちなみにヤマブドウだと思っていた材。・・・・実は、フジのような気がしてきました。
いや、きっとそうです。「落ちてた蔓状の枝=ヤマブドウ」と早とちりしたようです。

・・・まだまだだなあ。
[PR]
by aile21 | 2006-10-20 01:13 | とうちゃん

夏日

e0083097_2341898.jpg

 連日の夏日。もう3日も最高気温26度が続いている。
イチジクの木にはまだまだキボシカミキリが群がっていた。10月も後半なのに・・・。
 あ〜あ、雨降らないかな〜〜〜。どんどん枯れ葉がパリパリになっちゃうよ。
虫採りを始めてからこんなに好天を恨めしく思う事は今までなかったなあ。
[PR]
by aile21 | 2006-10-18 23:49 | とうちゃん

挑戦!!マヤサンコブ

 長い長い出張から帰ってきて、早速の出動です。
今日の狙いはマヤサンコブヤハズカミキリ。親子3人での初めてのコブ叩きです。
こぶ屋日記のkobuyahazuさん御夫婦とBlack Beatle Maniaxのevitaさんとの採集です。心強いことこの上なしです。
e0083097_23441220.jpg 目指したのは京都・福井の県境の某所。午前10時の集合場所にkobuyahazuさん(以下、こぶ屋さん)とほぼ同時に到着すると、evitaさんは1時間も前に到着していて寒さに震えていらっしゃいました。そう、今日は天気はそこそこ良いものの、北風が強く猛烈に寒い。それぞれ軽く自己紹介を済ませて出発の準備をしていると、ちび宇治虫とかあちゃんは暑くなると思い込んでいてヤッケの類いを持って来ていないではないか。・・・先行き不安・・・。

 こぶ屋さんのレクチャーを受けながら尾根沿いの道をゾロゾロ進んで行きました。今回のポイントはイヌツゲとイヌガヤ(でしたっけ?)。ムムッ!?・・・。今までのヤマブドウやキイチゴとは違うぞ・・・。あとは笹の上に引っ掛かった枯れ葉を探して
行きます。

 ・・・が、なかなかお目にかかれません。どうも狙いになる葉っぱが少ないようです。時々、山道を逸れて笹原の中や森の中で叩いては山道にもどるのをくり返して進みます。風が強いのと連日の好天のせいなのか葉っぱがカラカラです。
 これは「楽勝!」ムードとはいかないなあと思い、執こく森の中で叩いていたら、どんどんみんなは進んでしまいました。なにがなんでもコレっていう狙い目がないためけっこう難しい。

 うーん・・・。

 ん!?

 んん!!!!

 いました!!いました!!!!。目の前にあるイヌツゲにぶら下がっているスギの枯れ葉。その内側の陰に見えるはまさしくカミキリです。見ーつけちゃった。
 「おーいい!・・・・」ちびに見せてやろうと叫んでみたけれどビュウビュウと吹き付ける風の音の向こうに返事はありません。
 しょうがないなあ、それならと記念すべき第一匹目、葉陰に潜むその姿を写真に収めようと携帯のカメラを近付けました。

 んんー・・・、逆光で見えにくいなあ、もうちょっと・・・・、?、???。

 今、なにかコツんとカメラを持つ手に当たったよ!?・・・・!!!!!!!。
まさか!まさか、まさか!!!
あああああああああ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!

 やっちゃったよー!落ち逃げされたー!。

 落ちたとおぼしき辺りの枯れ葉を掬いまくって探しました。・・・が後の祭りです。大きかったなあ。♀かなあ。

 e0083097_23363675.jpg みんなと合流して事の顛末を説明すると、それぞれまだ採れていないらしい。それでもいる事が解ったのでもう少し粘る事にして先へ進みました。
 あれは・・・・・・?笹の中にあった葉っぱの固まり。叩いてみようと近づいてみればなんと『鳥の巣』でした。中には割れた卵のから。いったいどんな鳥がここで雛を育てたのかなあ。

e0083097_23414735.jpg
 やがてevitaさんがやっと一匹捕らえました。かわいいかわいい♂です。「さすが!」と思っていたらなんとちびにプレゼントしてくれました。ああ〜〜〜、申し訳ないです。なんとしても自力採集しなければ・・・。
 尾根道のとある鞍部ではまたしてもevitaさんが見つけてちびに教えてくれました。すみません〜。よーし、ちび、自分で採ってみろ。そおーっとだぞ。そおーと・・・。
 ポロッ・・・・。「落ちたア」、この親にしてこの息子だよ。しかし痛恨の失敗を経験した父はしっかりその下に網を拡げてフォローしていたのでした。殿様採集かもしれないけれどやっとこさコブヤハズカミキリ♀が採れました。ハア〜・・・・。

e0083097_23395085.jpg その辺りでお弁当を食べてもう少しゴソゴソ採集を続けました。こぶ屋さんも採集して、evitaさんはキビシイながらも追加を増やしていました。残念ながら我が宇治虫一家は寒さで動きの鈍くなったマムシと遊んだりしましたがコブ完全自力採集叶わず、終了。・・・・・惜敗です。

 寒かったア〜、歩き疲れたア〜、採れなかったア〜。
しかし、ちび宇治虫は「でも楽しかったア〜〜」。採るのも楽しいけれど、色々と虫の話しをするのが楽しみだったようです。小学校の友達では物足りないのかな。もつべきものは虫屋の先輩ですね。

 チャンスがあればリベンジに挑戦してみます。こぶ屋さん、evitaさんどうもありがとうございました。またどうぞ御一緒して下さいね。またの機会を楽しみにしております。今夜のおかずは初マヤサンを記念して『コブサラダ』で〜す。
e0083097_234837.jpg


 そうそう、積極的に採集には参加していないようで、じつはマイペースで同行しているように見えたこぶ屋さんの奥様、実は森のエビフライを黙々とさがしてらしたことを書き落としてはなるまい。おかげで私も実物を初めて見る事ができました。


 
[PR]
by aile21 | 2006-10-15 23:54 | とうちゃん


京都南部の野山で宇治虫親子が発見した生き物の記録  出演 とうちゃん(aile21)・かあちゃん・ちび宇治虫(showzine)


by aile21

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2016年 05月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 08月
more...

リンク

フォロー中のブログ

昆虫ブログ むし探検広場
生きもの写真家安田守の自...
もえび生物観察記
とある昆虫研究者のメモ
雑問のすすめ@じごまる
まぁくんのオサムシ
生きもの写真家 安田 守...
石神井公園の蟲日記
こぶ屋日記
虫の棲む星
些昆虫記
つやまぐ探虫記
別刊 宇治虫
さぼってばかりの虫屋日記2
古道具屋kanonさんち...
るど公園...
となりの昆虫記。
蠢蝦螽蟷昆蟲記

カテゴリ

全体
とうちゃん
ちび宇治虫
かあちゃん
こんなものみつけた
ちびがみつけたもの
カエル
上海編
関東編
東北編
中部編
沖縄編
中国編
四国編
東海編
北陸編
九州編
未分類

タグ

(213)
(186)
(108)
(84)
(83)
(66)
(52)
(47)
(36)
(33)
(20)
(19)
(19)
(19)
(14)
(13)
(11)
(10)
(6)
(6)

ライフログ


京都の昆虫


小さな骨の動物園


生き物屋図鑑


へなちょこカミキリロード―初心者のためのカミキリムシ入門


昆虫コレクション―集めて楽しむ (森の休日)


森と水辺の甲虫誌

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

近畿
自然・生物

画像一覧