<   2007年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

国立科学博物館を駆け抜けろ!

 たたみかけるように連休ネタ第4弾んんっ!!

 東京遠征の最終日は「虫の詩人の館」に行きたかったのだが、どうやら月曜日はお休みらしい。ということで以前から少し気になっていた国立科学博物館(上野)に行って来ました。

 大きな鯨のオブジェが出迎えてくれるその博物館は、昔美術館に行く時によく通り過ぎていましたが実際に入るのは初めてでした。
 日本館と地球館に分かれています。日本館は歴史を感じさせる重厚なつくり。地球館は現代風のモダンな建物です。

 科学博物館というだけあって、地質鉱物の展示や動植物の標本がたくさんあります。虫のところでは・・・・・、インセクトフェアに行って来たばかりでは物足りないですね。
 しかし思わず魅入ってしまったのが昔の日本人の様子を再現したマネキンです。
e0083097_0343349.jpg
 凄いんです、ホントに。
おそらく蝋人形なのでしょうけど、「肌の艶」「表情」どれも人形とは思えない精巧さ。近寄ってよくよく観察すれば、肌はうっすらと汗ばんだようになっていて、毛穴からは産毛まで生えています。もうなんというか、気持ち悪いくらいでした。いや、感心しました。

 日本館を出て地球館に入るとこれまた広々とした空間にまるで動き出すんじゃないか?というくらい活き活きとした剥製や様々な標本たちが出迎えてくれます。圧巻だったのは膨大な量の三角台紙に並べられた微塵な虫たち。
e0083097_0352071.jpg
 肉眼で見ても何が乗ってるのか全然わかりません。たしかどこか熱帯地方の樹冠の虫たちだったと思います。これに比べたらうちの標本なんてまだまだですね。(笑い)

 記憶が中途半端なのは、実はこの頃からソワソワしてきてじっくり見たい展示がたくさんあったのに、駆け足で見て回っていたのです。なぜなら預けてある車を町田まで引き取りに行き、そのまま京都に帰らなければならなかったからです。
 
 「もっと見たいっ!・・・でも時間が無くなっていく〜!!!」

 巨大恐竜の化石を見忘れていたのでこれも駆け足で見て、残念ながらいくつかのコーナーは諦めました。
「また時間のある時に絶対連れてきてなっ!」とちびに念を押されて上野をあとにしたのでした。

 最後はドタバタしてドッと疲れました。しかし一番疲れたのはその後の運転だったという事はいうまでもありません。結局日付が替わってしまいました。京都を出てから2泊5日なんていう、まるで海外旅行のような状態?
 次の機会にはゆっくりまわりたいもんです。(根が貧乏性なのでつい予定を詰め込み過ぎてしまうのが悪いクセです。)

 そんなこんなでめまぐるしい連休が終わったのでした。なんとも濃い中身でしたが非常に充実した楽しい日々になりました。

 約一週間たってやっと記事が書けましたが、大急ぎでアップしたのは・・・・、
明日又、採集に行くからで〜〜〜〜す。(雨降ってるけど大丈夫かな?)
その記事はまた後ほど。
[PR]
by aile21 | 2007-09-30 00:38 | とうちゃん

東京のインセクトフェア

 連休ネタ第3弾

 前日にフジコブ叩きを満喫した翌日、9/23は東京大手町で開催されたインセクトフェアに行って来ました。なにやら国内のフェアでは最大規模だとのもっぱらの前評判。これは楽しみです。

 入った途端、こっ! これは!!

 朝10時の会場直後に入りましたがもの凄い人、人、人でした。狭い通路もろくに進めない状態。ひえ〜。
皆さんインロー箱やタッパーを持ちながら気に入った虫を買い求めては自分の箱に収めていきます。だいたい様子がわかってくると、「面白い虫はすぐに買われてしまって後からのんびり回ろうとしても無くなってしまうかも・・・」と思いとりあえず一通り見て回りました。
 大阪のフェアには行ったことがあるけど、3〜4倍はあるんじゃなかろうか。やはり外国産の甲虫や蝶が多いですね。ただ日本産の虫のラベルを見ると東日本の地名が多くあって、やはり大阪のとはまた違いを感じました。

 びっくりしたのは生き虫を多く売っていること。ゲンゴロウ(ホンシュウイチモンジだったかな)やタガメは「へ〜!!」と思いましたが、沖縄の(?)アリが数種も売っていたり、なんだかビロビロとしたナメクジまで売っていたのにはビックリです。

 熱気と息苦しさに疲れて休憩所に逃げてきました。「落ち着いたらまたあとでゆっくり回ればいいや。」朝からろくに食べずに来たのでおにぎりでも食べようと休憩所に入った途端に声を掛けてくださった方がいらっしゃいました。じごまるさんでした。いや〜嬉しいですね!おまけに採りたてホヤホヤのタニグチさんをお土産にいただいてしまいました。前日に私達がF山にいる時に某所で採集されていたのはしまちゃんさんから通報済みでした。かわいいコブありがとうございました。

 ネットでしかやりとりの無い方々を捜すのは心配でしたが、次々とお会いする事ができました。
 まささん、kamikiri_2005さん、相棒さん、しんちゃんさん、KOH16さん、P.kawadaiさん、御者さん、びおすけさん、池修さん、ぽんパパさん、やすぽんさん、Genkaさん、takao_bwさん、皆さんお会いしたかった方ばかりなので感激しました。フェアに来たのは虫よりもネットでお馴染みの虫屋さん達にお会いするのが目的でしたから。(名前を挙げて良いのかわからない方は伏せておきます。)
 いつもコメントなどで大変お世話になっています。しかし初めてお会いしてもなんだか初めてのような気がしないのが楽しいですね。まささんが買い漁ってきたゴキブリたちをネタにずいぶん盛り上がりました。
e0083097_22151914.jpg


 その他にも虫の世界では有名な先生方もみかけましたが、たとえば奥本大三郎さんとか露○さんとか。本物だ〜・・・、と遠くから眺めてました。

 結局、閉館近くまで居残ってましたがそのほとんどの時間を休憩所で過ごした一日でした。

 皆さんどうもありがとうございました。
[PR]
by aile21 | 2007-09-29 22:17 | とうちゃん

ちび、今年初の近畿外 No.2

ちびでーす。下の記事の続き・・・
 F林道の後、次に来たポイントでは、特に何も採れませんでしたが、面白い物が見れました。それはオオスズメバチの巣です、といっても土に埋まってるから入り口の所だけだけど。オオスズメバチも出入りしてたり、周りで2匹ぐらいうろちょろしてたりしてました。ジッと見てるとさすがに気づかれて威嚇してきたので、退却しました。
蜂の巣の出入り口は2つぐらいありました。

 次のポイントは、セダカコブのポイントです。だけど、最初の方では叩けそうな場所が見つからなかったので、ドーム型のキノコでオオズセダカコクヌストを2匹ほど採りました。(同定はインセクトフェアで会った方達の言葉が参考になりました。)
e0083097_2235727.jpg
丸っこくって意外とかわいい。でも、よく見ると牙はするどい。
後半はセダカもハイブリッドも採れました!   とうちゃんが・・・
セダカはやっぱり背高で、ハイブリはたしかにフジとセダカが混ざった感じでした。でも、ハイブリなのか、普通のフジコブなのか曖昧なのもいました。
僕の場合カミキリは、材の集まってる所を叩いて、カッコウカミキリを採っただけです。
で、最後にキノコで虫採り。
e0083097_2216368.jpg
これでは、オオキバハネカクシらしきハネカクシと、不明のケシキスイが採れました。
e0083097_22373112.jpg

ここにはすごいりっぱな風穴もありました、中に入れるようになってたので、入ってみたら、寒っ!!!!冬みたいに寒かったです。
e0083097_22353113.jpg


すぐに更新できなくてすみませんでした。
e0083097_22185832.jpg

[PR]
by aile21 | 2007-09-28 22:39 | ちび宇治虫

ちび、今年初の近畿外 No.1

ちびでーす
 今年の9月は3連休が多い!ということなので、9/22に関東の方へ昆虫採集しに行って来ました。もう一つイベントはあるんだけど。
行って来たのは、あの有名なF林道!
e0083097_2143027.jpg
だけど、第一目的はオオトラ様ではない。
フジコブだ!
 去年、とうちゃんが採ってきてくれたけど、自分(ちび)では採ったことがないから。オオトラ様はぼくには少し早いんじゃないかと・・・採りやすい所にいたら絶対採っちゃうけどね。
一緒に昆虫採集につきあっていただくのは・・・・・・・しまちゃんさん!
一緒に昆虫採集をするのは2回目です。前はこちら(京都)に来ていただきました。
一緒に昆虫採集フジコブ等のコブの採るコツはこの日までに予習しておいたので、一応大丈夫なはずだ。

 9/21の夜にとうちゃんの車で出かけた。その時はまだ暑かった。だけど、22日の朝にF林道に着いた。車から出てみると。「おぉ〜〜涼しい〜、というより寒いっ」
雰囲気もとうちゃんが言ってた事で予想していた様な感じとはだいぶ違っていた。
用意をしたら、すぐに虫採り開始!
e0083097_22453140.jpg


 一番最初に採れたのは、イタヤハマキチョッキリ、イタヤカエデらしき植物の葉の上で威風堂々と付いていたのを採った。
フジコブは採れないまま、いろいろなところを見て、そして叩いていった。そんな事をしてる間に、しまちゃんさんは1匹・2匹と数を増やしていき僕のビーティングネットに乗せていってくれる。僕自身は全然採れない。だけど、奥の方で、1匹見て採集!そのコブがいた場所・・・
e0083097_22112585.jpg
キイチゴの枯れ葉で、かなりわかりやすい食痕がついていた、そこから触角と脚らしきものが見えたので、開けてみたらフジコブでしたっ!
e0083097_2223512.jpg
その後、とうちゃんも見るのと叩きで3匹採りました。僕も、叩きでも採ってみたかったけどその1匹しか採れませんでした。
とうちゃんと僕合わせて4匹採れた時に、しまちゃんさんは1人でまた3匹ほど採っていた。すごい・・・
それからは、僕たちは全然採れずに、しまちゃんさんが、1人でどんどん採っていく。

 車の置いた場所に戻ってくると、弁当を食べながら、しまちゃんさんと話ながら、ボーッとしながら、休憩してると、カチッ。と車の横で音が。音の鳴った所を見るとヒゲが1本取れたシラフヒゲナガカミキリがひっくり返ってもがいていた!嬉しかったけど、この子は毒瓶にすぐにポイッとしてしまった。フジコブでかなり満足しちゃったもん!しまちゃんさんに貰っちゃったのが多いけど。フジコブはほとんど生かし箱に入れてあります。
[PR]
by aile21 | 2007-09-27 23:08 | ちび宇治虫

ただいま

e0083097_056045.jpg
 2泊5日の遠征から帰ってきました。(なんだか海外旅行みたい)
中味の濃〜い日々でした。時間を見つけては少しずつ記事をアップしたいと思います。

 ブログって「日記」ですよね・・・。最近は「後日談」になってばかりなのがちと気がかりだったりして。
[PR]
by aile21 | 2007-09-26 00:57 | とうちゃん

連休死守!!

 「宇治虫」に足を運んでくださっている皆さん、最近更新できずにごめんなさい。実際、全然虫採りをしていません。
 「仕事が、仕事があ~・・・」の状態です。ここだけの話、先週の連休は関東の某所にいました。しかし朝から晩まで仕事ずくめでなんにも面白いことなかったですよ。

 「インセクトフェアー行きたいなあ・・・・」

 「フジコブ叩きにいきたい!」

 「オオトラの食痕見てみたいなあ・・・」

 「今年の夏は近畿から出てないし・・・・」

 次々に浴びせかけられる家族からの一斉射撃。

 「だって、仕事のめどがつかないんだもん・・・・・・・・・orz」

 まじでやばかったです。今日の昼過ぎまでは諦めムードに押しつぶされていました。

が!!

 前倒しで仕事を進め、スケジュールを綿密に分析、そしてまわりの協力をなんとかこぎつけました!やったー!!!

 といことで明日万事支障なく仕事をおさめて、関東方面に家族で行ってきます。長距離運転だけど楽しい採集になるといいです。インセクトフェアーも行ってきます。
[PR]
by aile21 | 2007-09-20 23:34 | とうちゃん

バンビちゃんを探して・・・

はじめに
 前回の記事でたくさんの方々からちび宇治虫にお褒めの言葉をいただきまして厚くお礼を申し上げたいと思います。本当にありがとうございました。
 家族まるごと昆虫にはまった希有な我々ではありますが、ここまで夢中になれたのも各方面の諸先輩方のご助力の賜物であります。
 次のステップに向けてちび宇治虫がこれからどのように虫や自然と関わっていくのかは私にもわかりませんが楽しみに見守っていきたいと思います。実際にお会いした方、そして未だお会いこそしていなくともネットを通じてたくさんのアドバイスを下さった方々、いつまでも素人丸出しの宇治虫一家ですがこれからもどうぞよろしくお願いいたします。 
     aile21

 さて採集の話です。
e0083097_0255564.jpg
 どれくらい経つだろう。ずいぶん長い間、採集に行けませんでした。3週間くらいかな・・・。過去一年、いや2年でもこんなに空けたことはなかったような気がします。

 昨日9/9(日曜日)久しぶりに「どっか行こう〜!」と相成りました。とはいってもやはり地元で取り残した虫が気になってしまいます。油断しているとあっというまに寒くなってしまいますからね。
 「やはり定点か?」の雰囲気を押し切って私(とうちゃん)が「ヤマグワの様子を見に行きたい!」と主張。某河川敷へ出かけました。冬場や春先には歩きやすい河畔林も暖かくなると下草が伸びきって入りにくくなります。それもあって夏中は足が遠のいていました。草いきれ、ヤブ蚊、マムシ・・・。ネガティブな要素が満点。

 初夏にラミーカミキリが大発生するカラムシは花が咲いていましたが、だらしなく伸びきっていてなんだか薄汚れていました。
 クワは・・・、なにも気配がないですね。「トラフでも残ってないかな」と薄い期待はあったんですが。
 e0083097_1134187.jpgそれならと、以前から気になっていたカラスウリを叩いてバンビちゃんを探すことにしました。「カラスウリならどこにでも・・・」と思いながらもなかなかチャンスがなかったのですよ。
 昼過ぎに家を出てきたけれど薄曇りなのに湿度が高〜い。目につくのはクロウリハムシ。邪魔なくらい網に落ちます。あとはヒメジンガサハムシも大漁・・・。あとは、
e0083097_1572456.jpgハレヤヒメテントウ
 ヤマグワの葉にたっぷりくっついていました。ヒメテントウの仲間は苦手なんだけど、これだけ分かり易い紋様があると嬉しいです。
e0083097_2227.jpgクロフヒゲナガゾウムシ
 これもパラパラと叩き網に落ちました。ちっちゃいけどなかなかゴージャスな紋様が素敵なゾウムシです。春先にも見たけど、今の時期は新成虫なのかな。

 「あたしやっぱり車に戻ってる〜。」
かあちゃんはヤブ蚊の猛攻にさらされて撤退。かあちゃんが踵を返したその時、のぞき込んでいた叩き網の中に細長くて茶色い地味なカミキリを見つけました。e0083097_131418.jpgカノコサビカミキリ
 狙い通りに獲物が落ちると快感です〜。叩きはじめてあっという間だったので「これはそこそこ採れるかな?」と思いつつもその後の追加は得られませんでした。アリ、クモ、ホオズキカメムシがワサワサと叩き網に充満していきました・・・。

 「あれ〜?、もっと白い水玉が綺麗だと思っていたのに・・・、わりと地味なんだ。」

 「うっ! 中脚が欠けてる・・・。(帰ってから気づいた)」
 でもまあ、未採集種を一つゲット出来て満足、マンゾク。その後、宇治市に戻って定点でもカラスウリを叩いてみましたがバンビちゃんには会えず・・・。代わりにちょっと嬉しい虫。
e0083097_1475190.jpg ルリヒラタゴミムシ
 青くて綺麗です。ヒラタゴミムシやアトキリゴミムシの仲間は形も色も綺麗なものが多くて好きなグループです。

 さんざん通ったポイントでもまだまだいろいろいますね。特に樹上のゴミムシはまだまだ採り甲斐ありそうです。
[PR]
by aile21 | 2007-09-11 02:09 | とうちゃん

第57回宇治川水域採集展覧会 昆虫の部

ちびで〜す
 今年も標本を出しました!宇治川水域採集展覧会!
e0083097_9352876.jpg
今年で57回目だそうです。後7年で、64(虫)回目・・・ その時まで出すことは出来ないけど、というより、今年は最後・・・
 去年は一番いい賞でした、今年は・・・!!!修正しなくては・・・今年一番いい賞でした!嬉しいです!!!!!!!!!!!!
今年は標本の並べ方を、科とだいたいの属は原色日本甲虫図鑑の順で、カミキリは日本産カミキリ図鑑の順と完全にいっしょにしました。全部で8箱。日記は定点と定点以外の2種類、昆虫のリストとまとめのレポートを一緒に出しました。

そして、一番印象に残ったのは・・・

<土篩い>採った虫を整理するのが、すんごく大変だった。
<キマル採り>けっこう急な山の道無き道?を進んでいくのが大変だった・・・、だけど、ヤマシャクヤクの花と、キマルはきれいだったぁ。
<奈良の山奥で行ったナイター>狙いの虫は採れなかったけど、いろいろな珍しい甲虫が採れて良かった、だけど、ガだって種類も数も、コンビニ巡りとは比べ物にならないほど多かった。
e0083097_9361852.jpg
e0083097_9395039.jpg
e0083097_9403013.jpg
いっしょに出した、友達の蝶屋のNちゃんも2番目に良い賞でした!でも、同じ時期に昆虫採集を始めてたら、危なかったかも・・・というより、Nちゃんの方が絶対僕を越えてた!
同じ学校の二人が一位二位をとりました!どうだ!うちの学校は優秀だろう!(爆
e0083097_9413129.jpg
e0083097_942398.jpg
他には宇治でオオシロカミキリを採った人もいました。うらやましぃ〜&くやしぃ〜、うちらは、採ったというより拾ったの方が正しい感じの採り方だったので。

 宇治川水域採集展覧会を見た後は、城陽の採集展覧会を見ました。去年は、宇治川水域より良いんじゃないかって思ったけど、今年は宇治川水域もよかった!
そして、近所でシロスジコガネを採っている人がいた!海付近にいる物と思っていたけど、河原とかにもいるみたいです。

 いつも、僕が採りたいと思っている虫を採っている人が必ずいる・・・今年も、オオシロカミキリやシロスジコガネ等・・・でも、きちっとラベルがついていなかったりする事が多くて、場所、日付、等がわからないぃ・・・
ラベルの大切さがわかります。
[PR]
by aile21 | 2007-09-09 09:48 | ちび宇治虫

雨宿り

e0083097_22583551.jpg

 ぴちょん…、

 ぴちょん…、

 傘をさしているのに頭に滴が落ちてくる。

 仕事を終えて駅までの道を歩きはじめたら、にわかに空が曇りだしてきた。風が吹き出し気温も急に下がったようだ。

 「これはヤバそう…。」

 と思う間もなく、「ッ、ザァー!!」…。カミナリも光り轟いている。

 夏の終わりもあまり夕立に出会わず、なんとなく9月になってしまっていた。なんか遅れて来た「夏の終わり」を味わった気がする。靴の中までグッショリ濡れて、歩くと「グッチョン、グッチョン…」と水を踏みしめる音がする。

 やっとの思いで駅についてみると、自分の肩にコアオハナムグリがしがみついていた。雨宿りされたらしい。

 髪の芯まで冷たく濡れて気がついた事。それは
 「100円均一のビニール傘は叩き網にも使えるけれど、折りたたみ傘のほうはとっさの雨にさえ役に立たない」という事。ToT

 今晩は久しぶりに灯下採集に行こうと思っていたのになぁ…。
[PR]
by aile21 | 2007-09-08 22:58 | とうちゃん

シーズン終了

 朝晩は暑さもやわらいできた。道ばたでカマキリをよく見かける。空に目を向ければトンボが飛び交い、アシナガバチたちがセッセと働いている。耳を澄ますとセミの声も減り、草むらからは秋の声がしている。

 あれこれと一年中昆虫採集をしてきた我が家でも採集に行けない(集中できない?)時期がある。一つは2月の厳寒期とそして8月の終わり頃、そう夏休みの終了間際の時期だ。

 採集の主役、ちび宇治虫が一年間の膨大な標本とデータ整理、資料作りにてんてこ舞いになるのが事前から想定できていた。去年でやりきった感があったのになにやら深みにハマッてしまった一年だった。わけの分からないミジンな虫を採ってみたり、どこがどう違うのかわからないコメツキやハネカクシ・・・。採集した直後に整理出来ない個体が溜まっていきました。溜まる・・・、溜まるうウ〜。

 8月末に東京から帰ってきてみれば、案の定。ああ・・・。

 今年は土日がからんで9月2日まで休みだったのが幸運だったのかもしれない。ギリギリまでやってましたよ。フウ〜・・・。もちろん親バカを発揮してお手伝いしました。おかげでPCを前にしてもネットも見ない日が数日ありました。暇があれば携帯電話からでも頻繁に接続していた日々が嘘のようです。

 マウント数は1400を越えた模様。

e0083097_2144494.jpg
 落ち着いたらまた虫を探しに行こう。
[PR]
by aile21 | 2007-09-03 21:54 | とうちゃん


京都南部の野山で宇治虫親子が発見した生き物の記録  出演 とうちゃん(aile21)・かあちゃん・ちび宇治虫(showzine)


by aile21

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

以前の記事

2016年 05月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 08月
more...

リンク

フォロー中のブログ

昆虫ブログ むし探検広場
生きもの写真家安田守の自...
もえび生物観察記
とある昆虫研究者のメモ
雑問のすすめ@じごまる
まぁくんのオサムシ
生きもの写真家 安田 守...
石神井公園の蟲日記
こぶ屋日記
虫の棲む星
些昆虫記
つやまぐ探虫記
別刊 宇治虫
さぼってばかりの虫屋日記2
古道具屋kanonさんち...
るど公園...
となりの昆虫記。
蠢蝦螽蟷昆蟲記

カテゴリ

全体
とうちゃん
ちび宇治虫
かあちゃん
こんなものみつけた
ちびがみつけたもの
カエル
上海編
関東編
東北編
中部編
沖縄編
中国編
四国編
東海編
北陸編
九州編
未分類

タグ

(213)
(186)
(108)
(84)
(83)
(66)
(52)
(47)
(36)
(33)
(20)
(19)
(19)
(19)
(14)
(13)
(11)
(10)
(6)
(6)

ライフログ


京都の昆虫


小さな骨の動物園


生き物屋図鑑


へなちょこカミキリロード―初心者のためのカミキリムシ入門


昆虫コレクション―集めて楽しむ (森の休日)


森と水辺の甲虫誌

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

近畿
自然・生物

画像一覧