<   2008年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

アマミトラカミキリ

 昨日はSOKUHさんのお宅にお邪魔して虫談を楽しんできました。以前から同定をお願いしていた微塵な虫たちにもしっかり和名をつけていただきました。やはり正体不明の虫に名前がつくと「なんだかビミョーだなあ」と思っていたのが俄然輝いて見えるようになりました。SOKUHさん、そしてハネカクシを見ていただいたI先生、ハナノミを見ていただいたS先生、どうも有り難うございました。これからもジャンジャン採りま~す。(笑)
e0083097_1927371.jpg
 那覇市から持ち帰った材からアマミトラカミキリが羽脱しました。一昨日に1匹、そして今日もまた1匹。一握りの材(片手で持てる程度)しかありませんがかっこいいカミキリが出て嬉しいです。
e0083097_19312885.jpg
 ゴマフサビカミキリも一つ。これは現地でも複数採れています。まだまだ増えるかも。

 あとはオキナワアヤモンチビが一つ。これもまだまだふえるかも。

 やんばるの材がおとなしい・・・。もっと頑張って拾ってくれば良かったかな。
[PR]
by aile21 | 2008-04-28 19:39 | 沖縄編

カエデを掬いに

e0083097_23122957.jpg
 沖縄にかぶれている間に季節はどんどん進んでしまいました。今期は桜をゆっくり楽しむこともできませんでした。スギカミキリも今年はおあずけ。

e0083097_2338038.jpg
 今日は久しぶりにちびと2人で地元の様子を見に行ってきました。宇治川沿いのカエデはすでに終わっていました。掬っても掬っても・・・・カワゲラばかりでした。(写真はカワトンボ。ニシカワトンボかな)

e0083097_23235755.jpg
 次にお馴染みの定点。林道の中腹あたりは麓では終わっていたウワミズザクラが満開でした。ヒメクロトラカミキリ、キバネニセハムシハナカミキリ、ヒナルリハナカミキリの毎年の常連さんたちがそこそこ網に入りました。コメツキ、シギゾウムシ、テントウムシ、ハチ、イモムシ、カゲロウ、カワゲラ・・・・・・まあ、こんなもんだろう。

 また移動。午後遅くなりつつありました。しかしここでは他所で終わっていたカエデが満開でした。網に入る虫の量も多いです。

・・・・・メンバーは一緒ですけどね。(苦笑)
ヒメクロトラと並んで常連の筆頭、トゲヒゲトラカミキリまでお出ましでした。

 嬉しかったのはイタヤハマキチョッキリ。ペア(たぶん)で入りました。
e0083097_23334496.jpg


 「ああっ!! センチ!!」

突然、ちび宇治虫が叫んで追いかけていきました。
e0083097_23363796.jpg
 もうミドリセンチが出てくる季節になったんですね〜。
[PR]
by aile21 | 2008-04-26 23:39 | とうちゃん

もういちど沖縄 2

 (4月20日)

 朝7時半に起きて予定を考えました。何れにしても網が無くては採集にならないので焦っても仕方がない。

 昨晩の無鉄砲な突撃ではあまりにお粗末なのでS公園はもう一度行かねばなるまい。先月末にkamikiri2005さんがオキナワリンゴとオキナワキボシを採集されているので情報としては堅いです。地図で見る限りさほど大きな公園とも思えないので、良くも悪くも早めに見切りをつける事が出来れば午後からは他所へ行けば良いか…。

 もう現場はすぐそこだ。午前10時のダイソーの開店を待つまでがもどかしかった。出張先にダイソーがあれば、時間さえあれば採集はできます。いつもの虫採り網と透明ビニール傘を買い、さあ出発だ。

 公園に入ると昨晩暗闇の中でウロウロしていた地形を思い出しました。あまりにあけっぴろげで綺麗に整備された遊歩道、そんなところはたまに梢を掬ってみたり、薮を叩いてみたりするものの、見覚えのあるハムシダマシやゾウムシが入るくらいなので早々に先へ進みます。

e0083097_20563828.jpg
 石段を上ると辺りの様相は一変します。葛のような蔓が辺り一面に繁茂しています。薄紫色の朝顔(昼顔か?)も負けじと絡み合っています。舗装のされていない土の露出した山道が薮の向こうの森の中に消えていきます。
 そう、昨晩はここから広がる暗闇に怖じけづいてスゴスゴと引き返したのでした。やはり撤退は正解だったと実感したのと同時にもう一度来たのもまた正解だったようです。虫の気配が俄然濃くなってきた気がします。耳の横を「ブブブ…」とすり抜けて行った虫が先の草薮に泊まりました。ナナホシキンカメムシです。朱色の大きなハムシも無数に飛び交っています。「うん、これなら…」ワクワクしてきた。

 が、しかし花が見当たらない。草むらを掬うとハムシ、ゾウムシ。ビニール傘を叩き網代わりにブッシュを叩くとゴロゴロとカタツムリが大漁です。ポツポツと雑甲虫は採れてます。おそらくどれも本土にはいないものだろう。けれど、なにか物足りない。花形が採れません。花形?やはりカミキリ、コガネムシやハナムグリ、タマムシあたりのメジャーどころが欲しいのはミーハーな素人としては当然なところです。

 伐採されたのか倒されたのか朽ちかけた一本の木を草むらの中に見つけました。小枝からポキポキと折ってみます。するとすぐに小さな白い蛹が枝の中に収まっていました。クネクネ、ウネウネと蛹室の中で踊っていました。思った通りカミキリでした。
 持って帰れそうなものは蓋をして2、3本袋に容れました。
そのうち、羽脱直前の新成虫が現れるようになりました。その場で同定は出来ないがサビ系かと思われるます。自己初には違いありません。地味ではあるがちょっと嬉しくなってきたかな。蛹と成虫がゴロゴロと出てきます。

 すると今度は何か見覚えのあるようなカミキリが混じるようになってきました。去年の材採でウンザリするほど湧いたアトモンマルケシカミキリに良く似ています。そしてとうとうそればっかりになってしまいました。
 心境複雑…、というより『ガックリ』。

「アトモンマルケシぃ〜?」

沖縄産ということで2、3の個体はあってもいいけど、材から湧き出てくるのは勘弁して欲しいというのが本音です。

 しかし、これが素人の浅はかさ。ホテルに帰着後、ロビーのパソコンで調べてみるとアトモンマルケシは沖縄本島にはいないらしい。ということは…?自己初のカミキリには間違いないようです。一転して嬉しくなってしまうところが我ながら単純。オキナワノブオケシカミキリかもしれない。

 さて探索は続く。オキナワリンゴはどこだ?
リンゴ系は過去に3種ほど採れているが、そのどれもがフワフワと飛翔中のを掬ったもの。しかしここでは全く見られません。葉っぱの裏についているとも言われるが、葉っぱなんて無限にある。タブとヤブニッケイは辛うじて区別出来ているとは思うのだが、ルッキングなんてキリがない。もうこうなったら「これは?」と思うところを闇雲に掬っていくしかない。

e0083097_20485846.jpg
 日差しは強い。気温もグングン上がっているようだ。日向と木陰のコントラストの強さはすでに夏のものになっていました。暑い。喉が乾く。

 おっ!?久しぶりのコガネムシ!
と思えば…、セマダラコガネ。orz
エリトラの模様は変異が多いし、これもなんか雰囲気が違うなぁ、と思っていたところこれはオキナワセマダラコガネ。
…なんでも『オキナワ』がつくんだなぁ。

e0083097_20474285.jpg
 公園上部の森はいたるところに大きなお墓がありました。山道を歩いていると殆どがお墓に通じています。沖縄のお墓は巨大で大家族制を色濃く残しているようです。高台の最上部と思われる場所にお宮がありました。観光客など訪れないだろう道程ではあったがなかなか良い景色に癒されました。

 相変わらずパッとしない感がいなめないまま、別の道を下っていきます。掬ったり叩いたりしながら森の中をあみだくじのように進んで行くうちに、他所のポイントへの移動はとうに諦めていました。

 その瞬間は突然に、そしてあっけなくやってきた。
「おおぉー! 入った、入った!!」
e0083097_2051592.jpg

e0083097_20522391.jpg
 エリトラがグレー一色のオキナワリンゴカミキリでした。
…いた。やっぱりいたんだ。それはタブノキでもヤブニッケイでもなく、ただテキトーに雑木を掬っていた時でした。

 「ハァ〜〜〜…」深い安堵の溜め息が漏れる。これでなんとか一区切りつけられると思ったら、猛烈な空腹感に気がつきました。「あぁ、お腹すいた〜。」

 一旦公園を出て、弁当とお茶を買って腹に収めました。
「次はキボシか…」公園に戻り、小一時間フラフラとあてもなく彷徨うも一度落ち着いてしまった気分はそれ以上盛り上がりませんでした。

たった一日だけ、沖縄で時間が取れたのに一日中ず〜っと市内の公園にいたなんて我ながら呆れてしまった。

夕風が吹き始めていました。帰りに『ゆいレール』から那覇の街を眺めながら「次はいつ来れるんだろう・・・」と考えていました。一度終わった沖縄採集旅行にロスタイムを貰ったような一日でしたが、ヘトヘトになるくらい没頭できました。
あ〜、楽しかった。
e0083097_2171927.jpg

[PR]
by aile21 | 2008-04-24 21:12 | 沖縄編

もういちど沖縄 1

 楽しい沖縄採集旅行から帰ってバタバタと過ごしてきました。虫の整理もろくにせず横浜出張に。時間感覚も狂うような日々…。

 そして18日、嵐の羽田から再び沖縄にやってまいりました〜♪
仕事ですよ。シ・ゴ・ト。

e0083097_18223452.jpg
 もちろん仕事で来ている訳ですから自由に遊び回る事は出来ません。そこで19日の晩は飲み会終了後に『ゆいレール』の終電に乗って深夜のS公園を探索してきました。

 小さな懐中電灯一つでの徘徊はとても怖かったです。おまけに千鳥足。頭はポ〜っとしてます。
我ながら無茶してるな…。
e0083097_18233173.jpg
 あちこちで目につく『キケン ハブに注意』の看板。

 駐車場周辺は外灯もあり、東屋には若者たちがポツポツと見受けられます。懐中電灯を持ってフラフラと歩き回り、時折照明や木の幹、地面などをジッと見つめているオジサン…。これまた怖い。(笑)
 やがて公園の奥に向かうにつれ照明は全くなくなります。あとから気付いたのですが、この公園は鳥獣保護のため照明を制限しているらしいです。とくにホタルのためには必要な事とか。
 整備された歩道もやがてなくなり、古い石畳や雑草の生い茂った山道になりました。あたかも月はほぼ満月。森の木々を通した木漏れ日が暗闇の中にモザイクのような模様を浮かび上がらせています。幻想的なの光景です。

 が、虫は全く見つかりません。外灯廻りの定番といえばまずは『外灯』(水銀灯なら尚良し)。蛾すら飛んでません。

 次に『自動販売機』。公園入口にあった他は有りません。もちろんチェック済み。

 他所ではかなり成績の良いのが公園内にある公衆便所。
…ヤモリが寂しく佇んでいました。

 沖縄でもまだ少々時期が早いんですかね。蒸し暑さが足りないとも思いました。地元の方も「今年はおかしい、涼し過ぎる。」とおっしゃってました。

 怖い怖い奥の森から踵を返して戻る途中に、外灯の脇にある木の幹にへばり付いているゴミダマを発見しました。酔いと眠気と疲れでポ〜っとしていたのでしょうか、上手く掴めません。
「ポトッ…」
芝生の中に消えてしまいました。
「…クッ、」

そんな事を何度か繰り返しながら、他にゾウムシなどの甲虫を摘んで公園をあとにしました。今日で仕事も無事終了。翌日は皆それぞれ沖縄の休日を楽しんで帰ろうという予定でした。朝までこんな事をしていると日中の採集を棒に振ってしまうことに気付いたのは午前2時半を過ぎた頃。

 トボトボとホテルまで歩いて帰り、サッとシャワーを浴びてベッドに横になったのはもうすぐ夜が明けるだろう午前4時でした。
[PR]
by aile21 | 2008-04-22 18:26 | 沖縄編

オオゴマダラと浦添大公園

 チェックアウトの前にホテルの駐車場に荷物の整理に行きました。返却前に車内を片付けなければならないからです。
 ふと後ろを振り返ると建物の脇に温室がありました。近づいてみるとそこには『オオゴマダラ』の文字が。
そのホテルではオオゴマダラチョウを繁殖させていたのです。
e0083097_12145076.jpg
昨日は好運にも野生のオオゴマダラに出会えたけれど、間近で観察するには少し距離がありました。しかしこの温室の中ではヒラヒラと優雅に飛び回るオオゴマダラかが何匹も観察出来ました。幼虫も初齢から終齢まで様々に。そしてなんと!蛹が鈴なりです!!

e0083097_12172552.jpg
e0083097_12194412.jpg

金色に輝く蛹が何十と鉢植えの観葉植物からぶら下がっていたのです。神秘的な光景でした。
e0083097_1218377.jpg
幼虫は黒くてトゲトゲしています。成虫は白地に黒い模様が少しあります。それなのに蛹は何故こんなにも金ピカなんでしょう。不思議ですね。オオゴマダラの場合、この蛹が一番見たかったのかもしれません。綺麗でした。

 昨日までとはうって変わって太陽の強い日差しが照りつけています。今日は今回の沖縄旅行の最終日です。昼過ぎにはレンタカーを返して空港に行かなければなりません。中途半端に残された時間をどうするか。
「今さらあわ食って採集に行ってもなぁ…」とも思ったのですが、
「沖縄に来て一番良い天気だしなぁ」という事で近くの公園に行ってみることにしました。

e0083097_1221121.jpg
 浦添大公園の駐車場は高台の尾根上にありました。車を降りてビックリしたのが、そこら中カタツムリだらけです。昨夜の雨と湿気のせいかもしれません。よそ見していると、「クチャ…」踏みます。京都のものと比べると殻の形が球に近いですね。

e0083097_12241623.jpg
 三人三様、叩き網を持って探索です。
しかし、梢や粗朶を叩くともれなくカタツムリが落ちてきます。それはもう例外なく…orz

 エメラルドグリーンのカタツムリを見つけました。
e0083097_1222147.jpg

「あぁ!これ、これっ!チョコエッグのフィギュアにあったヤツだ!」後で調べたら『アオミオカタニシ』というらしい。しかも普通のカタツムリとは違い目が触角(?)の先についていないんだって。現地ではそこまで気がつかなかったのが惜しい。その後も普通に網に落ちてきます。青みの強いのや白っぽいのもいますね。

 それならもしやアフリカマイマイもいるかもと期待しましたが、見つけたのは干からびた貝殻だけでした。

 チョボチョボと白い花が咲いているにも関わらず、虫の活性は高くありませんでした。それでもハムシやゾウムシをポツポツと摘みながら進みました。
 それは谷底を流れる川沿いでの事でした。
2mくらいの高さの梢に強い光を見つけました。緑色に輝く虫です。「おっ!?ハナムグリかな?」と思いながら近づいてみました。
「…!! おっ、やっ、ヤタッ!ヤッターー!!」

「見つけたっ!~♪」

 慎重に網を被せてエイヤッと掬うっ。網の中に入ったのはナナホシキンカメムシでした。これもまた金ぴかギラギラです。ヒソかに狙っていたのです。
ん~、やっぱりヒカリモノには弱い私です。(笑)
e0083097_12231331.jpg


 私があまりに興奮している様をみて悔しさを隠せないでいたちび宇治虫でしたが、直後には「僕も採れたで~♪」とあっという間に機嫌をよくしていました。ナナホシキンカメムシは沖縄らしい良い虫でした。

 いい気になって採集をしていたらもう時間ギリギリ!昼飯も食べる時間も取れなくなってしまいました。途中、マクドナルドのドライブスルーで買い出しをして大急ぎでレンタカー屋に滑り込み、流れるように那覇空港までたどり着いたのでした。やっぱりドタバタになってしまいました。(笑)

 本当に楽しい旅行でした。初体験、初採集…、やっぱり『初』は良いです。ワクワクします。沖縄病、自分には関係ないと思っていましたがどういうものかわかったような気がします。だってまた行きたいと心から願いますから。

 心残りといえば材採集を殆どする暇がなかったことが一つ。土篩いをして土も少し持って帰る積もりだったのですが雨のために出来なかったことなどがあります。いろいろ欲張ったことを考えていましたが、正味一日半くらいの採集では無理もないですね。次はもう少し日数が欲しいと思います。こうして目標やテーマが固まってくるのでしょうね。

 記事更新が10日以上かかってしまいました。短期集中連載はひとます終了です。これからは持ち帰った虫たちの観察記事を時々書いていこうと思います。
e0083097_12271817.jpg

[PR]
by aile21 | 2008-04-18 02:31 | 沖縄編

極彩色 那覇の夜

(4月5日の続き)

 生暖かい風まじりの高速道路を一気に南下して那覇市に戻ってきました。時折強く降る雨のせいで、アスファルトは乾く暇がありません。
ジットリとした湿気がまとわりついて蒸し暑いことこのうえない。

 ホテルにチェックインしたあと、物見遊山で国際通りに行きました。
 一番の目的は公設市場です。よくテレビや雑誌などで見る色鮮やかな魚たちがズラ~リと並んでいるのが見られるからです。

 アメ横を思わせるような雑然とした通りにある小さな入口から市場の中に入って行くと、数件の乾物屋の向こう、照明にこうこうと照らされ赤、黄、緑と派手ハデな色彩が目に飛び込んできました。
e0083097_11282021.jpg
e0083097_12285911.jpg

「コレかぁ…。やっぱりすごい色だなぁ。派手だなあ。」
現地の名前で表記されているので正式な和名は殆どわかりません。アオブダイ、グルクン、ヤコウガイ、ハリセンボン…etc.
ここで買った魚は二階の食堂街で調理してもらってすぐに食べられるのです。三種類ほど選んで二階へ上がりました。

 そこにひろがる光景はまさにアジアを思わせるものでした。賑やかで色が氾濫していて、店側客側も人種がいろいろです。熱気に圧されてしまいました。

「うわぁ…。面白い!」

店は満席状態。円卓に相席で通されガチャガチャ皿やグラスが運ばれる音や酔客の混じる轟音の中に身を任せて料理を楽しみに待っていました。
 三味線の弾き語りがやってきたり、店のおばちゃんが突如踊り出したり…。

e0083097_12295117.jpg
 アサヒガニは大きなドンブリで味噌汁。アオブダイはは刺身と中華風あんかけ。赤くて尻尾の黄色いフエダイ(フエフキダイ?)は刺身とバター焼きに変身しました。
アサヒガニはあっさりめの味噌汁でしたがかに味噌がたっぷり。アオブダイは揚げると緑色になります。少ししまりのないタイみたい。もう一つの魚が一番美味しかったかな。良い思い出になりました。噂に聞いていた山羊汁やイラブ(ウミヘビ)は勇気がなかったです。またの機会に。

e0083097_11293053.jpg
帰りに肉屋をのぞいていくとブタの顔がいっぱい売られていました!

 外にでてもジットリと汗が引かず蒸し暑いままでした。これなら外灯廻りをすればきっと虫が見つかるなぁ、と思いました。でもビール飲んじゃて足が少しフラフラ。汗ばんだ体を早くシャワーで洗い流したいとホテルに辿りついてしまい、そのまま寝てしまいました。zzz

 かあちゃんは前日にやんばるでブヨに手の甲を刺されてしまいました。関節の全くない風船みたいな手になってしまいました。そらもう、パンパン!
[PR]
by aile21 | 2008-04-17 18:47 | 沖縄編

雨のトラップ回収

e0083097_324634.jpg

(4月5日)

 ねぼけ眼で部屋の外に目をやると足下から青い海が広がっていた。

 昨晩は暗くなってからホテルにチェックインしました。景色の良い部屋だとは聞いていたが、おかげで一気に目が覚めました。 なんてところだ・・・。

 雨は上がっているようだ。

「ああ〜〜・・・。トラップ回収に行かなくちゃ。」

 チェックアウトを済ませた後、眼下に見えた海岸で少し遊びました。タイドプールには小さなクモヒトデがウヨウヨ。岩の隙間からニョロニョロした足がはみ出ています。無理に引っ張ると・・・プチッ。切れちゃいます。

 一度だけ陽が射しましたが、振り返って山の方を仰ぎ見れば暗く分厚い雲がべったり張り付いています。

「ああ〜〜・・・。トラップだめだろうなぁ。」

今日はたいした採集は無理かな、と思いながら再びやんばるに向けて車を走らせました。やがて降り出した雨は勢いを増し、完全に私たちのモチベーションを下げてしまいました。 昨日トラップを仕掛けたポイントに着いた頃にはザンザン降り。ずぶ濡れになりながらトラップをチェックに行きました。はあ〜。

 先ずは腐肉(鶏)。念のため雨が入り込まないように被せた蓋を開けてみました。
なにやら黒い虫がちらほら。

「おお、入ってる。入ってる。」
e0083097_3255874.jpg
 ネパールモンシデムシです。3匹入っていました。地元宇治にいるヨツボシモンシデによく似ていますが、沖縄固有種だそうです。これが採れると聞いていたので狙い通りの採集になりました。

しかし・・・・、なぜ「ネパール」?

他には腐汁に溺れた微塵な虫。チビシデムシとハネカクシ。どちらも自力同定放棄。

それなら・・・、なぜ採る?

 次は腐肉(レバー)。一目見た時は「あれっ?なんも入ってないよ。」

いやいや、よくよく見ると腐ったレバーが心臓のようにドクンドクンと動いてます。

「ひえ〜〜〜っ!中になんかいる〜〜〜〜!!!!」気味が悪いと思いつつ観察していると、やがて中からモゾモゾとネパールモンシデが這い出てきました。またか。
 シデムシ・・・死出虫・・・・やんばるにはずいぶんと多く生息しているようです。
e0083097_345512.jpg


 最後にチェックしたバナナはアリだけ。

う〜ん・・・、ネパールモンシデが採れたのは良かったけれど、やはり設置時間が短すぎた気がします。もう少し長い時間、設置していたら種類数はもっと増えていたのではなかろうか。1〜2日の採集で雨に祟られたらベイトトラップはキビシいです。

 さあどうしよう。パーカもぐっしょり濡れてしまいました。

「今日はもうヤメ! そばでも食べに行こう!」
後ろ髪をひかれつつ、やんばるを後にしたのでした。

 悔しいことに、山を下りると雨はあがってきました。ちぇっ・・・。

初日に見当を付けていて気になっていた沖縄そば屋にやってきました。
「山原そば」超有名店らしく、その日の分がなくなったら店を閉めてしまうらしいです。週末ということもあって店の外には長蛇の列が・・・・。
しかしその後の予定もなかったのでボーっと待ちました。
e0083097_3532754.jpg

 これがまた美味いのなんの!
一昨日、昨日とソーキそばを食べましたがここが一番美味しかったです。味がしっかりしてます。調子にのって三枚肉そばを追加しました。
「ああ〜〜〜、食ったくった。苦しいよ〜〜〜。」

 今日は那覇市内のホテルに泊まる事になっていました。まだ昼過ぎです。
「ドライブでもしよっか。」

 今帰仁まで行くとマングローブが見られるらしい。河口を目指して細い道を進みました。川沿いの狭い道をゆっくり進んでいる時でした。脇を通り過ぎた景色の中に大きく白い蝶が見えたような気がしました。

「んん〜〜〜っ?? もしかして・・・」

車をバックして確認することにしました。

「あああっ! オオゴマダラっ!!!」
e0083097_485080.jpg
オオゴマダラまで見られるとは思いませんでした。飛び方はアサギマダラのように滑空したりします。優雅な蝶です。海辺の天使とも言われるそうです。優雅さ、美しさは抜群で名の通り「天使」ですね。いいもん見れたっ!〜♪

 結局マングローブはどこに生えているのかわからずじまいでした。
さあ那覇に行ってなにか美味いものでも食べよう!と車を走らせていた時でした。とある湾内で
海に水没している小さな樹木を発見。
これ・・・・、マングローブ? 小さっっ!!(笑)

e0083097_4175181.jpg

雨は降ったり止んだり・・・・。
[PR]
by aile21 | 2008-04-14 04:20 | 沖縄編

やんばる探検隊 逍遥

 (まだ4月4日の続き しつこい?)

 午前中は時折晴れ間もあり、「もしかしたら今日一日はもつかも・・・」と淡い期待を抱いていました。しかし午後になるとだんだんと雲が広がってきました。天気予報では「夜には雨」となっていたので、「やっぱりこれからか・・・」と少々不安になります。

 最後に訪れたポイントはみかん畑の脇に新しい粗朶が大量に積み上げられてありました。ここではひたすらビーティングです。カミキリの他にヒゲナガゾウやタマムシなどが期待されます。
 粗朶に集まる小さい甲虫達はむやみに振動などの刺激を与えると、ポトッと落ちて逃げてしまいます。今までも何度悔しい思いをしたことか・・・。沖縄に来てまでそういう失敗を繰り返さないために、先ずはじっくりとルッキングで探しました。

・・・・・・

・・・・

・・・

 う〜ん、なにも見当たりません。ここでも環境は抜群なのに、何かの要素が足りないのでしょうか。

ということで・・・、

いつものように気になるところをテキトーに叩きまくっていくことになりました。我が家はいつもこんな感じなんです。(笑)

ポツポツと小さな甲虫たちがネットに落ちていきます。
 オキナワクビナガハムシ
 オキナワツヤハムシ
 タイワンツヤコメツキモドキ
 アマミアオハムシダマシ
 ムラサキツヤニジゴミムシダマシ
 ジュウニマダラテントウ・・・etc.

 面白いのはアオハムシダマシでも「オキナワ・・・」がつくのです。和名に「オキナワ・・・」や「リュウキュウ・・・」がつく虫のなんと多いこと。おかげでほとんどが初採集になっちゃいます。〜♪

 やがてやっとカミキリが落ちました!
e0083097_10071.jpg
オキナワカノコサビかな。
e0083097_11792.jpg
オキナワアヤモンチビカミキリかも。

e0083097_14770.jpg
おお〜っと!これは・・・、ワモンサビカミキリのようです。今回唯一、本土と重複する虫でした。orz

 ウスアヤはいないのかなあ・・・、と細い竹の群落を叩いてみたりはしてみたものの、要領がわからず。

 茶色いカミキリが続いていたところ、
「おおっ!!・・・白黒のトラ!」

・・・・・・・

・・・・・

・・・

「ヒメクロトラ?」

・・・

・・・

・・・orz

「なんで沖縄まできてこいつが顔を出すんだよ〜!!」
と、複雑な気持ちになりました。しかし「なんでも採る!」が今回のモットー。丁重に〆させていただきました。

ところが、帰ってからわかった事なのですが、これ


e0083097_122789.jpg
リュウキュウヒメクロトラカミキリ!! 〜♪
ヒメクロでも初物。沖縄恐るべし!

ちびはSさんからオビレカミキリというかっこいいカミキリを貰いました。
いいなぁ、それ・・・。

他にも微塵な虫達をたくさん採集できました。

 オキナワアヤモンチビがハイビスカスの枝から落ちたので、もう一度別の株を叩いた時の事です。

「!!!!!! おっ、おおおーーーーーーー!」

「やっ、やっ、やった! やたっーーーー!!!!」

つい歓喜の声を上げてしまいました。

e0083097_171039.jpg
叩き網に落ちたのはキノボリトカゲの赤ちゃんでした!
もう、たまらん! かあわいいいい!
e0083097_173311.jpg
e0083097_175315.jpg
これはもうミニイグアナですね。
私が歓声を上げた時には、「何〜、また変な声出して・・・」と、またいいもん採られたかというような不審な目を向けてきたちび宇治虫でしたが、このキノボリトカゲを見てからは思った通り魅せられてしまったようです。なかなか手放しません。その後も他のみんながそれぞれ採集を再開してからも一人キノボリトカゲと戯れていました。(笑)
「なんだか飼いたくなってきちゃった〜♪」だって。

 かあちゃんはといえばなにやら一人でニヤニヤ。
かあちゃん「こんなの採れた〜♪ これカミキリやろ?」
私    「ほほ〜う・・・。確かにカミキリやな。」
Sさん   「あっ、これがそうです。オキナワチャボですよ。」

e0083097_154249.jpg
オキナワチャボヒメハナカミキリ
一緒に採集しながらこのカミキリの名前は朝から時々話題にあがっていたのです。
かあちゃん上機嫌。(笑)

でも、なんだか腑に落ちない。直前までかあちゃんはふらふらしていたけど、ビーティングなどしていたような雰囲気が無い。
私    「えっ? どこで? 叩き?」
かあちゃん「ううん、私の鞄にとまってた。ピトって・・・」
・・・なんだそれ、強運?。

 気がつくと既に午後4時。Sさんは明日の昆虫教室のためにトラップを仕掛けに行くそうです。「出来れば私たちもやってみたい」と事前の連絡でお願いしていました。しかしトラップ採集は早くても翌日にまた回収に来なければなりません。検討の結果、Sさんのポイントまでは行けそうもありません。残りの時間も少ないのでここで解散して、私たちはこのポイントに仕掛ける事にしました。
 Sさんに用意して頂いたのは腐肉(鶏肉)、腐肉(レバー)、腐らせたバナナです。おお〜う!思わず首を90度以上背けてしまうような臭さです。出来る事はなんでもやってみようと地元でいつも使ってるプラコップと蛹粉は持参していたのですが、今回は腐肉たちで十分です。
 この地でSさん、めえさん一家とお別れです。こんな素人一家におつきあい下さってありがとうございました。今日一日ず〜っと優しい笑顔で接していただきました。たくさんの虫を採らせていただきました。たくさんの虫の名前も教えていただきました。ひたすら感謝のみであります。ありがとうございました。

 めえさん一家は私たちのトラップ設置を見学されてから帰られました。今後トラップも試されるのでしょうか?
 採集をご一緒したのは嬉しいのですが、私たちの採集は甲虫全般。一応カミキリやコガネムシなどメジャーなものを狙いつつ、おまけで採れる地味で微塵な虫も視野に入っているのです。結果、ネットに入った5mm以下の虫でもいそいそと集めていたりします。数でいえばそのような虫のほうがはるかに多くなってしまいます。
端からみたらなんて地味な採集なんだろう。果たして小4のR君にこんな採集を楽しんでもらえるのだろうかと実は気をもんでいたのです。
 しかしそれは杞憂だったかなとも思います。普段は目に留まらない小さな虫にあえて目を向けると意外な発見をして楽しい事があります。我が家はそうでした。別れ際のめえさん一家の充足された笑顔を見て、私たちも満足させていただきました。楽しかったですね。また沖縄に来た時も宜しくお願いいたします。

 やんばるの山を下りて、少しの時間海岸でも虫を探しましたがアザミについたゾウムシ1匹だけでした。あたりはとっぷりと陽も暮れ、ましてや厚くたれ込めた雲のためにすっかり暗くなっていました。

 今日のソーキそば
e0083097_193448.jpg
なんというボリューム!!これで700円
・・・・・でもね、

多過ぎ! 飽きる!

今日のは△


 そば屋を出たら雨が降ってきました。トラップ水没してるかも・・・。
[PR]
by aile21 | 2008-04-14 01:14 | 沖縄編

やんばる探検隊 遭遇

(4月4日の続き)
e0083097_2143925.jpg
 やんばるの森はツンツンした木(スギやヒノキのような)がほとんど見当たらず、やわらかくモコモコした樹木で埋め尽くされていました。新芽や花が一斉に芽吹いて山が黄色く染まっているようでした。ブロッコリーの山です。

 尾根上を走る林道は景色も良く、楽しい移動でした。そして着いたポイントは明るく拓けていて、やんばるの広大な景色が広がっていました。

 ここでシイの木の花のスィーピングを試みます。
「これだけ満開なんだからいろいろ採れそう・・・」よだれが出そうです。車を降りてみんなが準備をしているうちに「先ずは様子を・・・」と一番網を差し出してみます。(抜け駆けともいいます。)

・・・・・・・

・・・・・

・・・う〜ん。

 期待していたのは月並みだけど、カミキリやハナムグリとか。「オオトラフなんかいいなあ、」なんて。
e0083097_21443879.jpg

e0083097_214682.jpg

網の中には微塵な虫達や柔らかそうな甲虫たち。しかしカミキリモドキでもこの色彩。フタイロカミキリモドキ(上)
アマミオオメコバネジョウカイ(下)
これもネットの中で初めて見つけた時は「カミキリかっ?」と騙されました。

あれ〜〜!?これだけのシチュエーションなのになあ。時期が微妙にずれてるのかなあ。気温ももう一つ暑くならないし。風もそこそこ強い。
う〜ん・・・、せっかく来たのに惜しいなあ。

 めえさんちのご主人がなにやら必死でカメラを構えていらっしゃいました。
「何かいるんですか?」
「ノグチゲラが・・・・、あれ違うかな?」
「えっ?どっ、どこですか??」
その時Sさんもいらっしゃいました。Sさんによればやはりノグチゲラのようです。
天然記念物です。国指定だったかな。

「ええ〜〜〜っ?? ど〜こ〜?」
・・・・見つけられないのは私だけ。orz
そうこうしているうちに飛び去ってしまったようです。ん〜〜〜、残念。

e0083097_21521193.jpg
 辺りを物色しながらゆらりゆらりと林道を進んで行きます。ヒカゲヘゴがあちこちで巨大な葉を広げています。新芽は人のこぶしくらい。これもまた巨大ゼンマイです。

e0083097_2262492.jpg
 道路脇の側溝にはシリケンイモリが寄り集まっていました。これも本土のイモリ(アカハライモリだったかな。)とは趣きが違います。背中がゴツゴツしている感じ。

ふと見ると、小さなイチジクのような実を付けた木がありました。シマグワの実のようです。私が面白そうに眺めていると、
「面白いのもいますよ。」とSさん。
「えぇっ!!!」その実のすぐ真下に保護色のイモムシがいました。
「イシガケチョウの幼虫ですよ。」
「ええええぇっ!!!!」
図鑑と標本でしか見た事がありませんでしたが、あの不思議な模様は大好きです。
「へぇ〜〜、これが。」
e0083097_21561516.jpg

e0083097_215762.jpg


 それぞれゆっくり採集しながらやってくる面々もそこに集まってきました。めえさんちはイシガケチョウの羽化を自宅でされていたのでお詳しいのかと思っていましたが、R君によるとそれは蛹からの話で幼虫からは未経験のようでした。やはりお持ち帰りされたようですね。地元だと食草も手にはいりやすいからいいですね。

 さて、そろそろ車に戻って次のポイントへ、と歩き始めた頃でした。みんなの前を一匹の蝶がヒラヒラ、パタパタと飛んでいました。今日は朝から黒いアゲハたちがそこら中にとんでいましたが、この蝶はなにやら雰囲気が違っていました。
大きさは
やはりアゲハくらい。全体にベージュ色だけれど飛んでいる最中にはなにやらフラッシュのように気になる模様が見受けられます。なにより羽の形が見た事あるような・・・。それも記憶の片隅に。

「・・・・もしかして、・・・・・コノハチョウ?」

 蝶に関してはほとんど無知ですが、コノハチョウは面白いし綺麗な蝶だなと常々思っていました。もちろんこれも図鑑や標本でしか見た事はなかったですが。

 みんなの目が釘付けです。飛び続けているのでだれも確信が持てません。それでもずーっと目で追っていると近くの木に停まりました。
e0083097_2221077.jpg


Sさん「ああ、コノハチョウですね。」

おお〜!!やっぱり。本物だぁ〜〜!!!
たまに羽を開いて表の模様を見せてくれました。やっぱり綺麗〜。

「えっ!?・・・、えっ? どっ、どうしよう・・・」

反射的になかばパニクったかあちゃんが長竿の柄を伸ばしながら近づきはじめました。そこへ、

「採ってはいけないんですよ〜〜。」


とSさん。「県指定の天然記念物です。」

はっはっは〜〜!(笑) いや、気持ちはわかる。知らなかったとはいえ危ないところだったね。

写真はなかなか羽を開かないコノハチョウ相手にちび宇治虫が粘って撮った改心の1ショットです。

ノグチゲラは見つけ損ねたけど、天然記念物が優雅に暮らしているやんばるはやはり素晴らしいです。
[PR]
by aile21 | 2008-04-12 22:15 | 沖縄編

やんばる探検隊 出発!!

 4月4日(2日目)

 沖縄は鳥の鳴き声からしてまったく違います。鳴き方のバリエーションやリズムがちがうんだよなあ。なんだかアフリカや南米のテレビ番組を観てるような感じです。どちらも行った事ないけど・・・。おそらくこれにサルの鳴き声が混じったら、間違いなくジャングルそのものです。
 ホテルの駐車場の植え込みはハイビスカスが満開でした。
e0083097_5115740.jpg


 今日はとうとうお待ちかねの採集です。ベテランの虫屋さんと一緒なので心強いことこの上なし!

 9:00 AM  待ち合わせ場所の道の駅に着くと、そこには叩き網を用意している親子が。初対面だけどすぐにわかりました。

「こんにちは〜。」とご挨拶。

 と、間をおかずに他方からは少し年配の、そして満面の笑みをたたえた方が合流されました。こちらが今回のやんばる採集のナビゲーターをしてくださるSさんです。いつもお世話になっている地元の虫屋さんにご紹介していただいたのです。Sさんは数年前に沖縄に移り住んで、現在は地元で昆虫教室をされていらっしゃいます。そんなベテランの方に案内していただけるんですから私たちは幸せものです。

 親子連れのお三方は沖縄在住のめえさん一家です。ネットで知り会う事になりましたが、その素直で真っすぐな観察眼と知識欲にはつくづく舌を巻いておりました。めえさん(おかあさん)とR君(息子さん)で様々な昆虫観察にハマっていらっしゃいます。特にイモムシなどの幼虫を羽化させる様子は工夫に満ちていていつも感心しています。こういう家族っていいなあ、としみじみ思います。とうとうご主人も参入されたみたいで、これは宇治虫一家もうかうかしてられないぞ!
京都を出発する前に急いで採りに行ったマイマイカブリをお土産で献上させていただきました。沖縄にはオサムシやマイマイカブリはいませんからね。

ということで、さあ、しゅっぱ〜つ!!

 Sさんを先頭に三台の車はどんどん林道を上がって行きます。林道とはいってもほぼ全面舗装済みで快適なドライブです。薄曇りの中、時折陽が射してはまた曇る。そんな天気でした。山の景色は相変わらず芽吹いた新芽や花で黄色く染まっています。

 最初のポイントは古い伐採枝の残る林道です。車を降りみなそれぞれエモノを持って進軍です。叩き網、長竿が中心ですが私とSさんの腰にはナタもぶら下がっています。鞄には手鍬もあるよ〜ん。

 ビシ!! バシッ!!
枯れ枝を叩きながら進むと、「おお〜う!!」白黒の小さなトラカミキリがネットに落ちました。
「見た事無いな。触覚短かっ!!」Sさんに尋ねると「オキナワズマルトラですね。」
幸先いい〜〜〜!

 みんなで道を横切る倒木の浮いた樹皮をめくっている時でした。
「うわっ!!・・・気を付けてください。この中になんだか毒蛇みたいなのがいます。」と言ってちび宇治虫の腰が引けました。
なになに〜? え〜っ? どれどれ〜? と思い切ってその樹皮をめくってみました。ポトっと落ちたのはド派手な模様の小さなヘビでした。
e0083097_5135525.jpg

「うわっっ!! アカマタっ!!」

まだまだ小さな幼蛇のようですが、なかなか色彩がエグイです。でも小さくて可愛い〜!
ハブのいる沖縄では見向きもされないのかも知れないけれど、少し毒があるらしい。ヤマカガシみたいなものかな。

 Sさんが朽ち木を割り出すとコカブトがザクザク出てきます。ちびもR君も遠慮なくいただいたので私も見せていただきました。姿形はほとんど本土のものと変わらないけれど、目についたのは前胸背板の凹みが非常に浅いです。それだけでも別な亜種だと納得してしまいますね。

 モンキアゲハ、カラスアゲハ(ジャコウかな?)、アオスジアゲハなどの大型の蝶が無数に飛び交う森の中での採集が続きます。
e0083097_5164391.jpg
高い所にはアゲハたち、地面すれすれにはこんな蝶がハンミョウのようにつかず離れず。

その後カミキリハは得られず、だんだん微塵な虫が増えてきました。他にはヨツコブゴミムシダマシによく似た虫とか、ユミアシゴミムシダマシによく似た虫とか・・・。
e0083097_5193195.jpg
キノコのアパートには綺麗なオオキノコムシ達が集団生活。ちび宇治虫のお気に入りの虫たちです。
R君はオオゴキブリを掌で転がしていました。G党の素質あり。(笑)
[PR]
by aile21 | 2008-04-11 05:35 | 沖縄編


京都南部の野山で宇治虫親子が発見した生き物の記録  出演 とうちゃん(aile21)・かあちゃん・ちび宇治虫(showzine)


by aile21

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2016年 05月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 08月
more...

リンク

フォロー中のブログ

昆虫ブログ むし探検広場
生きもの写真家安田守の自...
もえび生物観察記
とある昆虫研究者のメモ
雑問のすすめ@じごまる
まぁくんのオサムシ
生きもの写真家 安田 守...
石神井公園の蟲日記
こぶ屋日記
虫の棲む星
些昆虫記
つやまぐ探虫記
別刊 宇治虫
さぼってばかりの虫屋日記2
古道具屋kanonさんち...
るど公園...
となりの昆虫記。
蠢蝦螽蟷昆蟲記

カテゴリ

全体
とうちゃん
ちび宇治虫
かあちゃん
こんなものみつけた
ちびがみつけたもの
カエル
上海編
関東編
東北編
中部編
沖縄編
中国編
四国編
東海編
北陸編
九州編
未分類

タグ

(213)
(186)
(108)
(84)
(83)
(66)
(52)
(47)
(36)
(33)
(20)
(19)
(19)
(19)
(14)
(13)
(11)
(10)
(6)
(6)

ライフログ


京都の昆虫


小さな骨の動物園


生き物屋図鑑


へなちょこカミキリロード―初心者のためのカミキリムシ入門


昆虫コレクション―集めて楽しむ (森の休日)


森と水辺の甲虫誌

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

近畿
自然・生物

画像一覧