<   2009年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ハンミョウの道

e0083097_21162590.jpg
 昼からかあちゃんと宇治の山を少しだけ歩いてきました。
山の中ならニワハンミョウばかり目立つけれど、乾いた林道にはナミハンミョウが乱舞していました。そお〜っと近づいて写真撮影しようとしましたが、なかなか近づかせてくれません。仕方なくつまむとガジガジと噛み付いてきました。

e0083097_212895.jpg
 他に見つけた虫はアトボシハムシやカオジロヒゲナガゾウムシなど。まだ粗朶の廻りにタマムシやカミキリは見当たらないようです。
・・・・・・と思ったらシラケトラカミキリだけがウロウロしていました。やはりこのあたりの粗朶には一番多いカミキリです。

e0083097_21353418.jpg
 定点の森で見つけたのはシモフリコメツキ。ノソノソと枯れ葉積もる林床を歩いていました。
シモフリやヒメシモフリはなかなか難しくて戸惑う事が多いです。しかし宇治ではまだ採ってなかったようで持ち帰りました。〜♪

里のあたりはフジが満開。標高が上がるとまだまだ蕾ばかり。
ウワミズザクラも山の上ではもう一息。
[PR]
by aile21 | 2009-04-29 21:44 | とうちゃん

春の嵐が去って

e0083097_2229138.jpg
 寒い週末でした。昨日は最高気温が13℃だって。
テレビのニュースでは青森や北海道の雪景色がたびたび流されていました。ちょっと前まで初夏のような暑さだったのに寒暖の差が激しすぎます。
しかしその低気圧も去ったようで、連休はそこそこ晴天が続きそう。
仕事がびっしりつまってしまったので関係ないけど。

 今日は仕事の打ち合わせで大阪に出向いていました。まだ少し風の強い中、淀屋橋近辺を歩きましたが、やはりビジネス街は緑が少なくてすこし寂しい景色でした。それでも淀川沿いの遊歩道を選んで歩いてしまうところが性ですね。

 帰りに中書島で降りて、観月橋まで宇治川沿いを少し歩きました。ベニシジミやジャノメチョウが乱舞していました。ギシギシの葉にはハムシの幼虫がびっしり。コガタルリハムシのようです。

まだ気温はさほど上がらず、涼しいくらいの一日でした。

今朝、久しぶりに腰をひねってしまい、少し不安です。



e0083097_22441352.jpg
 おまけ

 セスジヒメテントウ

 テントウムシらしからぬ細身のヒメテントウ。下草をスィーピングすると採れます。
2mmくらいかな。かわいいテントウです。
[PR]
by aile21 | 2009-04-27 22:45 | とうちゃん

今週のいろいろ

 週末は雨のようです。楽しみにしていたのに残念。
このままでは流れてしまうと思い、仕事が終わってからFITの様子を見にいきました。
日没が遅いのは嬉しいです。
宇治の山ではフジがあちこちで咲いていました。ウワミズザクラも満開。

が、FITの結果はまたまた貧果。ヨツキボシコメツキとオオザイノキクイムシだけでした。
e0083097_23522575.jpg
 ヨツキボシコメツキと並んでよく落ちる御三家。(ハネカクシを除いて)
 オオザイノキクイムシ(左)は珍しく同定できたキクイムシです。ほんとはもう一種よく落ちるキクイムシがいるんだけどそっちは特徴に乏しくて同定放棄。キクイムシはいつも摘むかどうか悩むグループです。
 
 デオキノコムシ(右) とりあえずヤマトデオキノコムシにしてあるんだけど不安あり。鞘翅の紋が赤いのや黄色いのがいるのはどういうことか? う〜ん・・・・・。


e0083097_042448.jpg ヨツモンヒラタケシキスイ

 今週FITに落ちたケシキスイ。キノコに集まるらしいが初めて見ました。4つの星がかわいくてなかなか良い虫。

ところでヨツボシケシキスイという超メジャーなケシキスイがいますが、あれの紋様が『四つ星』とはとても思えません。こっちに『ヨツボシ』の名をつけてあげたいなどと思ってしまいました。
ヒラタケシキスイの仲間であることは別にして・・・・。


e0083097_0163345.jpg
 市内の草地のビーティングで落ちたミクロな甲虫。1mmくらい。タマキノコのように大きな前胸に隠れるような頭部ですが大きさが全然違います。はてさて、何のグループかの見当もつきません。どなたかお気づきの方がいらっしゃいましたら教えてください。
整姿をする前は球状(完球というよりは3/4くらい)に丸まっていたのでなんとかしようと顕微鏡を覗きながら針先で突いていたら分解してしまいました。orz
なんとかもう一つとれないかな。


e0083097_0353830.jpg
 最近、我が家のあちこちにヒメマルカツオブシムシが出現中です。どこから湧いてるのかなあ。
せっかくだから先日2匹ほど摘んで〆ておいた。マウントする前に展脚をしようと顕微鏡を覗いていました。

・・・・・・あれっ?

一つ増えてる。

っていうか、一つ生きてるし。

どうやらむこうから仲間の元にやってきたようです。わざわざ〆られにきたのか?
と思って観察していたら・・・・・ええっ〜!!

e0083097_0362870.jpg
死んだ個体にしがみついて交尾をしようとしています。
おいおい。そ、それはあかんやろ〜。
酢酸エチルで浅〆してあるのに気づかないのか。
反応のない相手にしつこくアタックしています。交尾器を伸ばしてしつこくせまっても受け入れられるはずもなく・・・・・・悲しい性。
やっと諦めたかと思えば、次はまたもう一つの死んだ個体にしがみついて同じ事を繰り返しています。

たくましいというかなんというか。

e0083097_0462461.jpg
 今日は家に帰ってみると材箱にカミキリの姿がありました。
セミスジコブヒゲカミキリが雄雌一つずつ羽脱していました。しかし両方とも触角を1本ずつ落としていました。うちの材箱は容器と蓋の間に隙間があって、羽脱したカミキリがよく挟まっています。そして触角をよく落としてしまいます。
セミスジコブヒゲは味わい深くて好きなカミキリの一つです。が、宇治でもポツポツ採れるので微妙な喜び。蓋を開けて姿を見るまでは「まさか・・・ヒメヒゲナガか?」とドキドキしました。あれよりはよっぽどマシですけど。

そんな今週の虫ネタでした。

ああ、明日は大雨か。
[PR]
by aile21 | 2009-04-25 01:00 | とうちゃん

アケビも咲いています

e0083097_23433972.jpg 昨日写真の撮れなかったミドリセンチコガネ。今日もたくさん飛んでいました。
しかしどれも活発に動き過ぎてなかなかピントを合わせてはくれませんでした。
・・・・・ボケボケ。

さすがにもう持ち帰る事もないけど、やはり綺麗な甲虫です。これがご当地虫というのは嬉しいものです。
e0083097_2350149.jpg

 湿地ではすでにカエルの合唱が始まっていました。シオカラトンボもいっぱい飛んでいました。

春と初夏の境ってどこなんだろう。
e0083097_23525019.jpg
 いつのまにかアケビの花も満開。もうすぐアケビコノハの幼虫にも出会えますね。

 大きなシマヘビがいたので少し遊んでもらいました。



 FITにも少し虫が戻ってました。目新しい成果は特にありませんでしたが、初採集のケシキスイが落ちていたので良しとします。
[PR]
by aile21 | 2009-04-20 00:04 | とうちゃん

陽光溢れる山の春

e0083097_19493180.jpg
 今の時期、京都南部ではたけのこが旬らしく山城町の市場に朝堀りのたけのこが山積みされていました。壮観でした。





 今日の定点

 風も弱くポカポカと気持ち良い一日でした。

e0083097_20192973.jpg ウワミズザクラがちらほらと咲き始めていました。

花を掬ってみれば、今年始めてのトゲヒゲトラカミキリ。またこの季節が巡ってきました。

他にはヒラタハナムグリやミドリヒメコメツキ。あとはまあ、あれこれと(笑
e0083097_20274861.jpg 立ち枯れから顔だけ出して外界を覗いているカミキリを見つけました。つまみ出そうと思いましたが、ズリズリと後ずさりしてまた穴に戻ってしまいました。頭だけでは何カミキリかわからなかったので強制羽脱。
もしかして・・・・と思ったとおりヒトオビアラゲカミキリでした。このカミキリは毎年わりと早い時期から出てますね。
e0083097_20441567.jpg
 カメノコテントウ
 
 この地では初めて目にしました。この大型のテントウはクルミの木にいるイメージがあります。クルミハムシの幼虫を食べている姿を三川合流でよく目にしました。でも定点でオニグルミって見た事ないなあ。
e0083097_20522530.jpg
 イチモンジカメノコハムシがたくさん群がっている木がありました。このハムシはいままでテキトーにスィーピングしていて何度か採集していました。これがイチモンジのホストなのかぁ。
どうやらムラサキシキブのようです。ムラサキシキブは実がなっているとわかりやすいんですがね。
e0083097_2103369.jpg  ニシカワトンボ
 やはり春の早い時期に山間部でよく見かけます。グリーンメタリックの綺麗なトンボです。カゲロウのようにヒラヒラと頼りない飛び方をしていました。
ほかにシオカラトンボの雌のような地味なトンボがたくさん飛んでいましたが、こっちは嘲るように飛び回って写真を撮らせてくれません。

 ミドリセンチも幾度か目の前を飛んでいきました。太陽光を反射しながら派手なメタリックな航跡をまだ枯れ葉の多く積もった林床に描いていました。

e0083097_2161736.jpg
 showzineは細い小川の中でサワガニやヤゴを掬っていました。探し物は別にあったようですが。それにしても彼は水物が好きです。

 仕掛けてあるFITはなんだか虫が落ちなくなってしまいました。たまたまかな。今日はヨツキボシコメツキだけ。
・・・・・・・・・場所かえようかな。

でも季節が変ればまた別の虫も落ちるでしょう。
[PR]
by aile21 | 2009-04-18 21:23 | とうちゃん

加速する春

e0083097_23565335.jpg
e0083097_2357994.jpg
 連日続いた夏日もそろそろ小休止のようです。明日の予想最高気温は今日より8℃低いそうです。雨です。

 昼間目の前を真っ黒な甲虫が飛んでいきました。前胸部分に赤い星がありました。

キクスイカミキリ?

一回だけ手で掬おうと試みましたが見事に空振り。はるか遠くに飛んでいってしまいました。

もうキクスイカミキリが出てるようです。早いなあ〜。
(結局捕まえていないのであくまで予想ですが。)
[PR]
by aile21 | 2009-04-14 00:06 | とうちゃん

夏日が続きます

 連日初夏のような暑さが続きます。

 昨日(4/11)はFITチェックの後、クサアリの巣を観察していました。
親子で昆虫採集を始めた夏、初めて見つけた樹液の出るクヌギがあります。ミヤマクワガタやカブトムシが多く見られたこの木も数年前からクワガタが採れなくなりました。樹液の出ている部分が少しずつオガクズみたいなもので蓋がされていき今では完全に塞がってしまいました。それがクサアリの仕業だったのです。
もう虫が採れなくなっちゃったなあ・・・、と残念に思っていましたが、昨日はshowzineと「新しい楽しみが増えたなあ」とお互い顔を見合わせて頷いたのでした。
e0083097_22513759.jpg
 目の前の舗道ではニワハンミョウが飛んでいました。

 その後、場所を移動して河川敷へ。
e0083097_22561768.jpg
 小さな野池が点在しています。ザリガニの赤ちゃんが無数にいます。showzineのマイブームはミジンコらしく水際にしゃがみ込んでず〜っと眺めていました。その合間にもチビゲンゴロウを掬ったりとずいぶん楽しんでいたようです。私は目の荒い網しか持っていなかったのでゴマフガムシがやっとでした。
あまりに暑くて帰りにアイスモナカを買って食べました。夏の採集みたい。

 今日(4/12)は夕方に市内のあるポイントへ家族と行ってきました。狙いはオオチビマルハナノミでしたがなかなか姿が見えず、やっとのことで1つ採集したのでした。
e0083097_2393650.jpg
足元の草むらではクロスジチャイロテントウ。
このテントウムシはかなり好きなテントウムシです。
学名を Micraspis kiotoensis (Nakane et M.Araki) といいます。キオトエンシスとは京都のことのようです。地元の虫を集めているとこんな事が嬉しかったりします。(笑
[PR]
by aile21 | 2009-04-12 23:22 | とうちゃん

FIT始めました

e0083097_2011288.jpg
 FITとはフライト・インターセプト・トラップの略です。地表近くを飛び回る虫の飛行ルートを透明な板で遮って水を溜めたトレーに落とすトラップです。
昨年も「やるやる〜!」と思っていましたがあれこれと考えているうちにシーズンが終わってしまいました。
 気になっていたのは回収のタイミング。水に落ちた虫が溺れて死んでしまった時に柔らかく、グダグダになってしまうのではないか?という事です。適度に柔らかくなった虫は標本にしやすいですが、水をたくさん吸った体は壊れやすそう。ということは数日間置きっぱなしにはできなさそう。故に「FITは標本用の虫を採るというより調査向き」なんて云われるのでしょう。何日くらいセットしておいたら良い結果が出るのか?などと考えていたらなかなか踏み出せませんでした。

 そして今週からとうとう初めてみました。4/7に宇治市の定点3ヶ所に設置してみました。
実際に仕掛ける段になると次の問題がジワジワと沸き上がってきます。
虫の飛行ルートってどこ?
風の吹き抜けるところ? 障害物などで強制的に方向転換をしてしまうところとか? 
う〜ん、難しいです。
いやぁ〜〜、FITって相当センスを求められるトラップですよ。

 4/8(木)
 そして回収です。たぶん日中、春の陽気に誘われてブンブンと虫達が飛び回るであろうと推測すると、朝一番より夕方近くがいいかなと。

ドキドキしながら近づいてみました。

e0083097_20403128.jpg
 おお〜! 落ちてる、落ちてる!!
初FIT最初のお客さんはヤマトデオキノコムシでした。折しもハラハラと散り始めたサクラの花びらにしがみついていました。
これはこれで風流かな・・・・・と。(笑
しかしなんとか虫が落ちてくれることがわかって安心しました。

e0083097_20481261.jpg 他にはクロフヒゲナガゾウムシとか、
e0083097_2050464.jpg ヨツキボシコメツキなどが落ちました。これは初採集で嬉しい一品。

普通種らしいけど今まで出会わなかったです。これからカエデやウワミズザクラの花でも訪花性のコメツキが多く採れるけどいつもの顔見知りばかりだし。
e0083097_2122125.jpg


 ヒメテントウの仲間なんかも落ちてました。
1〜2mmくらいだからゴミかと思った。
と、ここまでは前置きです。



FITとは実はハネカクシ採集器だったのです。じゃ〜ん!
e0083097_2184320.jpg
ニョロニョロ、ピクピク・・・・、
もうホントにどのFITにもハネカクシがたくさん落ちています。大小様々です。
まだ本腰を入れて同定していません。全部なんかできないし。(笑
小さいものは2mmくらいだし、細さなんて0.?mm
そういえば近い仲間のアリヅカムシも一つ落ちてました。
FITに落ちてたのは7種のハネカクシ。下段中央と下段右端のはすぐ近くにあるクサアリの巣を観察していた時に見つけたもの。クサアリの行列の中を歩いていたのでたぶんアリのお友達と思われます。好蟻性というものか。

予感はしてたけど春からハネカクシ三昧。

う〜ん・・・・・、これは大変だぁ〜〜〜〜!!

課題がたくさん見えた春の実験でした。

今日4/11もチェックに行きました。新しいモノとしてはシロホシテントウと黒いゴミムシくらい。あとはやっぱりニョロニョロ・・・・・。
それと、3日目の今日から蚊の仲間やヒメバチの仲間(?)がたくさん落ちるようになってました。それにしても今日は暑かった。夏日です。
自宅近くの幹線道路の電光掲示板に「27℃」の文字が・・・。
[PR]
by aile21 | 2009-04-11 21:37 | とうちゃん

妖精とはいうけれど

e0083097_18154322.jpg
 4月7日

 今年初のカミキリが材から羽脱していました。

 ・・・・・・・・・・ニンフホソハナカミキリ。

 これからの季節、ちょっと北の方にいけば花掬いでたくさん採れます。昨年までの材採ではヒメクロトラの猛攻にゲンナリしていました。テキトーに拾ってくるだけなのでそんなもんですが。
これからはもう少し狙いをしっかりもってやりましょうということを考えていたら、結局なにも用意できませんでした。この材は昨年のGWに琵琶湖バレイで拾ってきた材。昨シーズンに出きってしまったろうと思っていましたが、いくつか幼虫が残っていることが確認できたので今期へ持ち越しておいたものです。

う〜ん、和名の響きが好きなんだけど・・・・・・・・、新鮮味が足りないかな。
古い材なので爆発的に出てはこないと願っていたりして。(ヒメクロトラばかりよりはいいけど)
[PR]
by aile21 | 2009-04-09 18:41 | とうちゃん

陽光とオオヨツボシゴミムシ

e0083097_2033380.jpg
オオヨツボシゴミムシ
Dischissus mirandus Bates

 今朝は仕事で朝帰り。ポカポカを通り越して汗ばむくらいの陽光の中、帰宅途中に河川敷に寄ってきました。以前、初めて標本で目にした時に「こんな大きなヨツボシがいるのか?」とびっくりしましたがとうとうお目にかかれました。サイズも大きいし、上翅の黄色い斑紋が鮮明でかなりカッコいいです。
e0083097_204213100.jpg 前胸背板が大きく、ちりめん皺のような点刻が密にあります。ゴミムシにしては珍しい感がありますね。
オサムシに匹敵する存在感があります。キノコゴミムシを採った時のような嬉しさに似てるかも。

 我が家はすでにヨツボシとニッポンヨツボシを採集済み。次はクビナガヨツボシゴミムシが採りたいなあ。

 ヤコンオサムシ、オオクロナガオサムシ、マイマイカブリといつものメンバーの顔も拝めて一安心。倒木の最大勢力、アオゴミムシの中に一際小さい個体が混じっていました。アオホソゴミムシを見つけたときのような感じ。色はアオゴミムシと一緒だけど。
e0083097_39855.jpg
チビアオゴミムシ
Eochlaenius suvorovi Semenov-Tian-Shanskij

 これもオオヨツボシとともに探していたゴミムシの一つでした。こんなスリムなアオゴミムシもいるんだぁ。
今までなんどもこの河川敷で掘りをしてみたけど、いきなり新しいゴミムシが2つも採れて大満足でした。

えっ?・・・・「赤い彗星」はどうしたって?
[PR]
by aile21 | 2009-04-06 21:07 | とうちゃん


京都南部の野山で宇治虫親子が発見した生き物の記録  出演 とうちゃん(aile21)・かあちゃん・ちび宇治虫(showzine)


by aile21

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

以前の記事

2016年 05月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 08月
more...

リンク

フォロー中のブログ

昆虫ブログ むし探検広場
生きもの写真家安田守の自...
もえび生物観察記
とある昆虫研究者のメモ
雑問のすすめ@じごまる
まぁくんのオサムシ
生きもの写真家 安田 守...
石神井公園の蟲日記
こぶ屋日記
虫の棲む星
些昆虫記
つやまぐ探虫記
別刊 宇治虫
さぼってばかりの虫屋日記2
古道具屋kanonさんち...
るど公園...
となりの昆虫記。
蠢蝦螽蟷昆蟲記

カテゴリ

全体
とうちゃん
ちび宇治虫
かあちゃん
こんなものみつけた
ちびがみつけたもの
カエル
上海編
関東編
東北編
中部編
沖縄編
中国編
四国編
東海編
北陸編
九州編
未分類

タグ

(213)
(186)
(108)
(84)
(83)
(66)
(52)
(47)
(36)
(33)
(20)
(19)
(19)
(19)
(14)
(13)
(11)
(10)
(6)
(6)

ライフログ


京都の昆虫


小さな骨の動物園


生き物屋図鑑


へなちょこカミキリロード―初心者のためのカミキリムシ入門


昆虫コレクション―集めて楽しむ (森の休日)


森と水辺の甲虫誌

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

近畿
自然・生物

画像一覧