<   2009年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

8月も終わりです

e0083097_23394611.jpg
 採集なしの関東出張から帰ってきました。昨日は「夜回りに行くぞーっ!!」と意気込んでいましたが、結局体が鉛のように重くて寝てしまいました。8月も最終日になってしまいましたが今晩フラッと行ってきました。

 途中、竹やぶの間を通る車道に1匹のウリ坊が歩いていました。最近は鹿も見なくなりましたがウリ坊はずいぶん久しぶりです。

 定点の灯下は静かなもので甲虫はほぼゼロ。
唯一小さなミヤマクワガタが静かな森の中でジッとしていました。

 ポイントを変えてクヌギの樹液ポイントへ。
久しぶりだったのでちょっとは期待していたのですが、パッと見はカブトムシだけ。それならばと、近づいてじっくり見てやろうとしましたが、どこからともなく「ブウ〜ン・・・」。どうやらキイロスズメバチが私のまわりをまとわりつくように飛んでいるようです。初夏のころなら「ちょっとゴメンよ。一緒に樹液を拝ませてくれよ。」という感じですが、秋のスズメバチは攻撃的で危険なので困ります。ホントはその先のクヌギも数本チェックしたかったのですが、このズズメバチ、どうやら許してくれないようなので深入りはマズいと退散しました。

 またまた移動してモミのポイントへ。
しかしここもまた静かなものでした。長い間外灯を眺めていましたが、甲虫はアオドウガネとゴミダマ1匹。我が家的には初見と思われるゴミダマだったのでこれだけ泣きゲット。

夏の終わりはこんなものかな。特に血眼になって狙っている虫もいないので盛り上がらない静かな採集でした。早く秋シフトにして計画を立てなければ・・・・。
[PR]
by aile21 | 2009-08-31 23:57 | とうちゃん

山が見えないなぁ

e0083097_22314046.jpg

 関東に出張に来ております。
埼玉県鳩ケ谷市近辺に出没しています。残念ながら虫探しに費やす時間がありません。ちょっと悶々としてきました。

これではいけないと仕事帰りに少し歩いてみました。緑を求めて歩いてみるとカラスウリがあちこちで茂っていました。少しは頭の中にイメージしていたのですが今回は周到な用意もなく、「やっぱり叩き網持ってくれば良かったなぁ…。」とシミジミ思いました。

「カノコサビ落ちるかなぁ…」と舗道に張り出した蔓を掴んでバッサバサと揺さぶってみました。
目についたのはヒメコガネばかり。

…う〜ん…。


日曜日には京都に帰るのでそれまではおとなしくしておくか。
[PR]
by aile21 | 2009-08-26 22:31 | 関東編

未練の夜

e0083097_2343355.jpg
 お盆も過ぎて虫採りもそろそろ終わりの雰囲気。セアカ採集以降、なかなか集中力に欠けた日々が続いてしまいました。

 今晩は以前から気になっている市内のポイントを中心に軽く回ってきました。
そこには数本のモミが生えています。そもそも宇治は典型的な2次林(でいいのかな?)なので自生のモミの木など見た事がありませんでした。今夏にやっと見つけました。こんなところに生えていたのか、灯台下暗しだな。

狙いの虫はヒゲナガカミキリ。しかし間近の街灯には無数のアオドウガネ、ドウガネブイブイばかり。
一瞬、「おっ!!」と色めき立ったのは大きさ的にもそれっぽいカミキリが水銀灯のすぐ横を歩いていた時でした。

・・・・しかし、よくみると全体に艶があり、黒い体に白い点々が・・・。
またゴマダラカミキリでした。

 残念ながら明日から月末までまた東京方面に出張です。
ヒゲナガカミキリはまた今後の課題で残りそうです。


e0083097_001389.jpg
 クヌギの樹液も相変わらずカブトムシです。

いくつかの樹液を回ってコンビニへ。

e0083097_053240.jpg
力なく野たれ死に間際のギンヤンマ。
ツクツクボウシも来ていました。夏の終わりを感じます。

ここもアオドウガネとドウガネブイブイばかりが目について、甲虫は随分減りました。


ああ、やはり夏の終わりは寂しいです・・・。

何も持ち帰る事なく帰宅して、本文を打ち込んでいた時です。
居間に響き渡る「ブ〜〜ン」という羽音。
あれ? なんか飛んでる。

我が家の猫たちが色めき立って下から追いかけ回しています。
はじめゴキブリか?と思いましたが飛び方で甲虫とわかりました。飛び疲れて下におりて来たところを猫より先にキャッチ。
どうやら私の背中にでもくっついてきたらしいドウガネブイブイでした。
猫たちはおおハシャギ。(笑
e0083097_0162579.jpg

サビ猫のタリはチョンチョンと小突くだけでしたが、やがて興奮した黒猫のズクが食べそうになったので玄関から逃がしてあげました。外界を知らない家猫たちには良い刺激になったでしょう。
[PR]
by aile21 | 2009-08-19 00:00 | とうちゃん

台風と地震

e0083097_23275259.jpg

 8/11・12と静岡県湖西市に出張しておりました。
11日は家を出たのが5:00am。高速に乗ってすぐの5:07に地震があったようですが全く気が付きませんでした。しかしその影響は甚大でまさか東名高速が通行止めになるとは思いもしませんでした。
三ヶ日ICで下りるつもりが豊川ICで下ろされ渋滞の下道を通るハメに。
そもそもこの朝に台風が東海地方を通り抜けているので運が悪いです。その後報じられたニュースで東名高速の路面崩壊を知り、ゾッとしました。

 この二日間は物凄い猛暑でした。台風通過のせいでしょうか。どうやら熱中症になっていたのかも?と思うほど、暑さ、だるさ、息苦しさに襲われ大変疲れました。いくらでも水分が摂れるのも異常でした。

 浜名湖沿いの宿に泊まりました。もちろん夜はお楽しみ〜♪
…のつもりでしたが体がいうことをきかず、気力が出ません。少し休んでから缶ビールを買いにコンビニまで散歩。その道筋で自販機や街灯の下を見てきましたが、出会った虫は甲虫はオオコフキコガネ、アオドウガネ、オオクロコガネくらい。他に目に留まったのがギンモンスズメモドキ。蛾の名前はほとんど知らないけどこいつはメタリックな紋が怪しく光っているのでつい見てしまいます。今年はあちこちてホントにによく見かけます。

 浜名湖に映った月が綺麗な晩でした。

 昨晩遅くに帰ってきましたが、今日はまだ体調が戻らず一日中寝てました。
久しぶりにバテバテになりました。また明日から暑くなりそうです。
[PR]
by aile21 | 2009-08-13 23:27 | 東海編

祝!! セアカオサムシ採集

 暑い盛りに河川敷をウロウロするのはこりごりなので、早朝の涼しいうちに昨日のトラップを回収するつもりでした。
しかし未明のアラームで一度は目が覚めたものの未だ窓の外は真っ暗。「もう少し明るくなってから・・・zzz」と惰眠をむさぼっていたら何やら嫌な音が。

「うわ〜・・・、雨降ってきたぁ。」

すぐ止むだろうとタカをくくって家で待機していましたが、9時を回ってもなかなか降り止みませんでした。雨の河川敷(薮コギ付き)を想像すると全くやる気が出ません。しかしそのまま放置してしまうとトラップに落ちた虫たちは全て溺死してしまいます。そればっかりは許されへんなぁと意を決して回収に向かったのでした。
e0083097_1594953.jpg

 予想通り、アオゴミムシ・アトボシアオゴミムシなどがごっちゃり入っていますが、やはり未明からの雨のせいで溺れてしまったものもかなりいました。
6月に調べた時にはオオアトボシが一番多く入っていましたが、今回はアトボシアオが一番多かったです。こうやって少しずつ河川敷の虫たちも季節毎に変遷していくのでしょう。ゴモクムシが殆ど見られなかったのも前回との大きな違いです。6月に採れたイグチケブカゴミムシも今回は見当たりません。


e0083097_15244249.jpg 
キンナガゴミムシとミイデラゴミムシは前回と変わらずごちゃごちゃと入っていました。それとセアカヒラタゴミムシが一つだけ入っていました。これも9月頃にトラップを埋めると最優先に入りますからこれから増えてくるのでしょう。

 足下は長靴とはいえ、ジーンズで薮コギはつらいです。蒸し暑さと動きにくさを考えて合羽は上半身だけにしましたが、すでに中は汗でビチョビチョ・・・。落ちる虫は毎年お馴染みの連中ばかり。すでに希望のかけらも捨て去っていました。
時々蛹粉まみれになったプラコップを川の水で洗い流しながら次々に回収していきました。昨日仕掛けたトラップは57個。すでに半数を回収してお持ち帰りの虫はゼロ。

途中、ヤコンオサムシが一つ落ちていました。まだ活動しているのがいるのに少し驚きました。彼らは最も暑い今の時期は夏眠中のはず。また秋になったらトラップで大量に採れるけど、今日は今までオサムシが皆無でした。唯一落ちていたのは幼虫のみです。マイマイカブリのようでした。

 底が見えなくなるくらい入っているゴミムシ達を一つ一つ確認しながら放していきます。何か変わったゴミムシが混じっていないかと顔を近づけるとミイデラゴミムシ達のガス噴射攻撃に遭うので近くで見たいけど近寄れないという面倒臭さ。

ああ、もうすぐ終わりだな。
これでダメならまた冬のオサ掘りか?・・・あれも全然ダメなんだよなぁ。
そんな事を考えながらとあるコップを覗いた時でした。

赤みがあって幅のある前胸がコップの中から立ち上がってこちらをむいてます。

!!!

えっ? まさか!?


い、いたぁーっ!!

e0083097_11163885.jpg

 とうとう京都南部産のセアカオサムシを落としましたーっ!(^0^)/

見つけた時の興奮の後はもうヘナヘナでした。長かったなあ。
4年前に「京都の昆虫」という本でその存在を知ってから、毎年トラップを掛けたり、冬場に手鍬を持ってオサ掘りに挑戦しました。マイマイカブリや他のオサムシはほどなく採れるようになりましたが、このセアカオサムシだけはかすりもしませんでした。感無量です。
そもそも生息域も河川敷の中でもピンポイントらしくトラップの仕掛けどころにいつも悩んでいました。そのため趣向を変えて葦原、低い草地、砂地などいろいろな地点を選んで仕掛けました。そして今回セアカが落ちていたコップはまさに他の資料で述べられているようなところだったのに驚きました。なるほど、やはりこういうところだったのか。(1匹だけなので充分な資料にはなりませんが)

57個のコップを埋めてギリギリ50個目のコップでした。(危なかったぁ〜)

e0083097_16122711.jpg
e0083097_16143164.jpg
e0083097_16112796.jpg

帰ってからは嬉しくてじっくり眺めています。惜しくてなかなか〆られません。(笑

おっ!? そういえばこれで京都府のオサムシコンプリートできたかな?
府北部にはアキオサムシがいるようだけど・・・あとはそれだけかな。
[PR]
by aile21 | 2009-08-09 11:16 | とうちゃん

あ〜、干からびた。

e0083097_2127353.jpg
 午後から河川敷に行ってきました。

やっぱりこの時期の河原は暑かった・・・。
もう汗が滝のように流れるし、薮コギでは草であちこち切ったり痒くなったりで疲れました。
500mlのペットボトルくらいのお茶では足りませんね。

e0083097_21334845.jpg
 水際に生えているヤナギの梢にゴマダラカミキリが飛び回っていました。
「こっちにこないかな」と目で追っていたら枝先への着地に失敗して下の水たまりにポチャ・・・。
「しょーもな・・・」と掬って助けてあげました。

 少しトラップを掛けてきました。さていろいろ入るかな。

川の上を通る高速道路ではノロノロと車の列が動いていました。いくら1000円でもこれでは車を使う気にはなかなかなれませんね。皆さんお疲れさま。



 
[PR]
by aile21 | 2009-08-08 21:53 | とうちゃん

樹液訪問

e0083097_231055.jpg
 普段はほとんど気にしませんが、昨晩は目を惹く蛾がいました。

ああ、もしかしてこれが『カトカラ』というやつか?
『カトカラ』といえばムラサキシタバくらいしか思いつきませんがその仲間のようでした。そういえばベニシタバなんていうのは見た事あるような・・・。
なかなか大きくて美しい蛾だったので採って帰ろうかと少し悩みましたがやはり自信がなくてやめました。
帰って調べてみたらシロシタバというなかなか良い虫のようです。ちょっと惜しい事したかな。

 久しぶりに宇治のKTさん親子と樹液採集にいってきました。(8/5)
宇治から宇治田原のポイントを転戦です。
あいかわらずKTさんはヒョイヒョイとコクワ、スジ、ネブトをつまみ出していきました。私が見落とした樹皮の裏からもネブトを次々と見つけていくのをほれぼれと見ていましたが。私ら宇治虫親子はのんびりと樹液まわりにいる虫を観察しながら楽しんできました。
showzineはカマドウマを楽しそうに眺めていました。彼に誘われて一緒に観察しましたが、カマドウマの足の先って、棘のようなものが放射状に広がっていて面白かったです。マダラカマドウマと普通のカマドウマ(そんなのいるのか?)がいたようです。

 残念ながら大型のクワガタには出会えませんでしたが、あいかわらずカブトムシはそこかしこに張り付いていて、夏の夜を味わってきました。とある竹やぶを進んでいる時にマムシが私の足の間をすり抜けて行った時にはつい声をあげてしまいました。

 最後に立ち寄ったコンビニでは照明の下に無数の羽アリとカメムシ、アオドウガネなどが群がっています。吸虫管のホースをくわえて気になる甲虫をいくつか吸い込んできました。
そこには小さなゲンゴロウが数匹混じっていました。
e0083097_23213397.jpg
左のものがほとんどでした。ホソセスジゲンゴロウあたりと思われます。
しかし一つだけエリトラ(鞘羽)の基部に黄色い横紋のあるゲンゴロウが混じっていました。(写真右)
どうも図鑑で調べても難しいです。昨晩仮展脚して乾燥させてしまいましたが交尾片を取り出しておけば良かったと後悔しています。とはいえ、交尾片なんてオサムシしか取り出したことがないので5〜6mmの虫で出来るとは思えませんけどね。
[PR]
by aile21 | 2009-08-06 23:35 | とうちゃん

梅雨あけたかな?

e0083097_2057751.jpg
 昨日の昼間は大荒れとなった宇治近辺でした。まさか新聞やニュースで突風の記事を見るとは思いませんでした。

 今日も引き続き不安定な天気との予報でしたが、昼前になっても太陽が燦々と輝いていて明るい夏空が広がっていました。それならばと、昼から家族で定点のノリウツギを見にいきました。
e0083097_2153615.jpg
 宇治の山にはそれほど多くはありませんがノリウツギがポツポツと咲いています。リョウブの花もそろそろ終盤の時期、このノリウツギが夏の花掬いでは最後のステージです。

 しかし、目の前で咲いている花をじーっと観察しても甲虫らしい姿は見当たりません。う〜ん・・・。
ヒメトラハナムグリだけが元気に飛び回っていました。
あたりを見回すと長い梅雨のせいか山のあちこちから水が流れ出しています。普段は小さな小川がゴウゴウと白波を立てて流れています。

網を持ってブラブラと花を見上げながら歩いてみました。
下から眺めていて何か黒いシルエットがフワフワと飛んでいるのが目に入ったのですかさず掬ってみました。
またオオヨツか?
e0083097_21174765.jpg
 一瞬、ヨツスジハナかと思いましたがよく見ると・・・あれ?
コウヤホソハナカミキリでした。
宇治では初めてだなあ。ここにもいるんだ。

 その後、名残りのリョウブを見上げながら歩いているとまたオオヨツ。今回もかなり黒っぽい個体でした。そういえば宇治ではオオヨツスジハナカミキリはよく採れるけれど、♀は採った事がありません。どうしてかな?
 「このオオヨツどうする?」と摘んでいた時、ふと視界に入ったリョウブの葉裏にカミキリの姿が!
網からつまみ出したオオヨツをshowzineに渡してすぐに網を被せました。

e0083097_21273188.jpg

おおっと!
クスベニカミキリ
そういえばこれもまた宇治では採集していませんでしたねぇ。
地元ラベルの虫はまだまだ採れるのでホッとしました。それも真夏の虫だなあ。


おまけ
e0083097_2138912.jpg
 showzineが見つけてきました。テントウムシがクモの巣に引っかかっていると思って見てみるとなんとクモでした。
アカイロトリノフンダマシ
蜘蛛の事はよくわかりませんが、この仲間は鳥の糞に擬態しているようです。しかしこいつはまるで描いたような目玉模様がついていて面白いです。漫画みたい。
「ずいぶん目が離れてるよ〜。」正面から見た魚みたい。
すでに「鳥の糞」のコンセプトはどこへいったのやら。(笑

どうやら当分は天気も安定しそうです。
ということは暑い日が続くんだろうなあ・・・。
[PR]
by aile21 | 2009-08-02 21:50 | とうちゃん


京都南部の野山で宇治虫親子が発見した生き物の記録  出演 とうちゃん(aile21)・かあちゃん・ちび宇治虫(showzine)


by aile21

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

以前の記事

2016年 05月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 08月
more...

リンク

フォロー中のブログ

昆虫ブログ むし探検広場
生きもの写真家安田守の自...
もえび生物観察記
とある昆虫研究者のメモ
雑問のすすめ@じごまる
まぁくんのオサムシ
生きもの写真家 安田 守...
石神井公園の蟲日記
こぶ屋日記
虫の棲む星
些昆虫記
つやまぐ探虫記
別刊 宇治虫
さぼってばかりの虫屋日記2
古道具屋kanonさんち...
るど公園...
となりの昆虫記。
蠢蝦螽蟷昆蟲記

カテゴリ

全体
とうちゃん
ちび宇治虫
かあちゃん
こんなものみつけた
ちびがみつけたもの
カエル
上海編
関東編
東北編
中部編
沖縄編
中国編
四国編
東海編
北陸編
九州編
未分類

タグ

(213)
(186)
(108)
(84)
(83)
(66)
(52)
(47)
(36)
(33)
(20)
(19)
(19)
(19)
(14)
(13)
(11)
(10)
(6)
(6)

ライフログ


京都の昆虫


小さな骨の動物園


生き物屋図鑑


へなちょこカミキリロード―初心者のためのカミキリムシ入門


昆虫コレクション―集めて楽しむ (森の休日)


森と水辺の甲虫誌

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

近畿
自然・生物

画像一覧