<   2012年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

九十九里浜に行ってきました

e0083097_226211.jpg
 実に爽やかな一日でした。

 実家の母親と兄との3人で九十九里まで行ってきました。
雲一つない青空のもと、そよぐ潮風が心地の良い暑くもなく、ベタつきもなくふんわりとしたものでした。

道の駅でお弁当を買いこみ、浜に腰を下ろして食べました。
目の前には幾重にも波頭が崩れる遠浅の海。
視界の右から左までどこまでも続く水平線。ハマヒルガオが広く咲き広がっていました。

e0083097_2211058.jpg
e0083097_22122938.jpg
 せっかくだからカワラハンミョウでも見られるかなと期待してみましたが、残念ながらまだ少し早かったようです。浜ではわずかにハエを数匹見かけた程度です。
それなら海浜植物の根際でも篩ってみようとしましたが暑い砂浜は拳で一掘り二掘りくらいでは熱く焼けたままで「こりゃ、駄目だ。」

白波が寄せては返す波打ち際のすぐ後ろに水鳥の死骸が落ちていたので、これは千載一遇のチャンスか?と棒切れでつついてみました。兄と母親があきれた顔で遠巻きに諌めてきましたがもちろんどこ吹く風。
しかしこれもまた新鮮なもののようでこれといって虫の姿はなかなか見つけられず。ひっくり返したり、羽の隙間を探してみましたがコブスジコガネの仲間は見当たりません。残念。やっと見つけたのはハネカクシ1匹と小さな白いゾウムシ。なぜゾウムシが水鳥の死骸に張り付いていたのか不思議ですが、まあ、これは偶然でしょうね。海浜性なのかな。

蓮沼海浜公園の中にそびえる展望台ではマツノマダラカミキリを2匹見つけました。海岸の後ろに控える防砂林は松ばかりだったので「虫はちょっとなぁ・・・」と期待していなかったのですが「なるほど、これがいたか」と納得。昨日に続いて今日もカミキリに出会えました。しかしもうマツノマダラが出てるとは。もう夏ですね。
e0083097_2281658.jpg


おまけ

昨日は仕事先でホシベニカミキリを見つけました。
(バッテリー切れでアップ出来ませんでしたけど。)

そういえば2年前は5月28日でした。それもあって「そろそろかな?」と気になっていたところです。やはりこの時期ですね。普段虫に縁のない同僚達にもこの赤いカミキリは好評でした。
e0083097_225116.jpg

[PR]
by aile21 | 2012-05-27 22:14 | 関東編

目が、目がぁっ…

e0083097_2137384.jpg

 ちょっと焼けたかな。

薄曇りだと肉眼でも良く見えました。金環日食。

調子に乗って見てたらいつまでも残像が消えませんでした。

でも見られて良かった。
[PR]
by aile21 | 2012-05-21 21:37

あづい・・・

e0083097_1844179.jpg
 またまた長期出張に入りました。

毎度おなじみの湾岸。

今週通っていた工業地帯はところどころ空き地が残っていて昼休みにブラブラ。
e0083097_1849760.jpg

う~ん、さすがに虫の姿は少ないです。
見かけた甲虫はナミテントウ、ヒメカメノコテントウばかり。たまにコンクリの上を黒いゴミムシが通り過ぎるくらいです。

クズが蔓を伸ばし始めていてシロテンハナムグリが蔓にしがみついていたのは意外でした。こんな蔓に口を押し付けていたので汁でもすっていたのでしょうか。

クズには他にヒョウタンゾウムシの仲間の1種が多く見つかります。葉っぱを齧っていますね。
なんか採ったことあるような・・・、でもこの仲間もいろいろいるからなぁ・・・と逡巡しています。

 今朝は出勤時に甘く漂う芳香に眠気を覚まされました。ハッと気づくとスイカズラの花が満開です。
朝の癒しですね。
[PR]
by aile21 | 2012-05-19 19:01 | 関東編

今年のクラルア

 なんだか、寒い。

昨日からめちゃくちゃ寒い。今日の最高気温も18℃
地元の花でも見に行こうかと目論んでいたのにあまりの寒さにタイミングを逃してしまいました。午前中はどんよりと厚く雲が垂れ込めていたし。

それでも午後になってやっと日が差してきたのでおもむろに車を走らせたのでした。
e0083097_23273627.jpg
昨年とはまた違うヤブデマリで見つけました。
安定して発生しているようです。
これからは地元の常連さんと認めてあげましょう。
e0083097_20453295.jpg
 天気は回復したものの、強い風が吹き付けていて森がゴオゴオ唸っていました。
この時期にコアオハナムグリの姿を見ないなんて嘘のようです。
でもチャイロヒメハナカミキリは湧きにわいていましたけどね。
[PR]
by aile21 | 2012-05-12 23:40 | とうちゃん

ミヤマメダカゴミムシ

e0083097_0493872.jpg ミヤマメダカゴミムシ Notiophilus impressifrons Morawitz

 鎌ヶ岳の下山途中にブナやアカヤシオの稜線で落ち枝をポキポキとチェックしていた時に見つけました。落ち葉の隙間を俳諧してました。
その特異な姿に一瞬で惹きつけられ、「なんかハンミョウみたいだな」と興奮しました。
showzineは「ハンミョウモドキ?」と思ったみたいです。たしかに似てるけど上翅に顕著な点刻が見られなかったのでその案はすぐ却下。

たしかこんなゴミムシが図鑑に載ってたなと思い浮かんだので「たぶんゴミムシ」として3つ持ち帰りました。
図鑑ではハンミョウモドキのすぐ隣に掲載されていたので読みは悪くなかったようです。

それにしてもこれがゴミムシの顔とは。
いい顔してるしてるね~!
[PR]
by aile21 | 2012-05-09 01:18 | とうちゃん

鎌ヶ岳

 連休終盤になってやっと青空がやってきました。本当は明日の日曜日にどこか行こうと考えていました。しかし今朝になってあれこれ予定の変更があり、急遽どこかに行こうとなりました。
まいったな、ちょっと遠出をするには朝が遅すぎました。とりあえず10時には家を出ることにして、あとは行き先。車で近くまで行けてそこそこの展望を望めるところ・・・。

ということで、showzineと2人で鈴鹿の鎌ヶ岳に登ってきました。
e0083097_0325282.jpg

 武平峠に車を止めて、歩き出したのがすでに12時半。でもまあ、頂上までのピストンだから大丈夫でしょ。雲一つないピーカンです。歩き始めてすぐに長網を持ってきたのを後悔しました。山ではまだこれの季節じゃないなあと。風が強く持ちにくいので早々と網を畳んで取り外しました。柄はただの杖代わりですね。
 ところが10分もしないうちに登山道に気になる虫を見つけました。この山は花崗岩のザレた山で登山道は砂状に砕けた花崗岩の粒が広がっていて歩きにくいことこの上ありません。そんな足元の砂の中に青く光る虫、の踏みつぶされたものがありました。アオハムシダマシかなあ・・・?
と思いつつ拾い上げてみるとなんとルリクワガタだったのです。我々は未だ生きているものを見つけたことがないので2人とも色めきたってしまいました。でも残念ながらべちゃっと潰れてしまっています。登山者に踏まれたようです。まだ死んではいなくて大顎があうあうと動いていました。ああ、もったいない。それからはさっき仕舞った網をまた拡げて柄にセット。ブナの新芽でも掬いながら行こうとなりました。
e0083097_23255832.jpg
 それにしてもこのルートはほんとに歩きにくい。標高を上げるにつれ鎖やロープに頼らなくては怖くて登れないような岩場が続きます。変化があって面白いんですけどね。いつの間にか歩くのに集中していて長網はやはり邪魔なものになってしまいました。途中、showzineが取り付いた岩の上で「ゾウムシ〜!!」と叫びチョッキリを摘みました。また「色付きのハナノミがいるからお父さん吸って〜!!」など地味目な虫をいくつ採集しながら岩稜を登って行ったのでした。一番目についたのはベニヒラタムシでした。赤いからよく目立ちますね。一昨年の御池岳ハイクの時にいやっていうほど目にしたので今回はパス。

e0083097_0353481.jpg
 頂上直下は両手両足を使わないと登れないような急登でした。さいごの登りをロープに掴まりながら登りきると「あれ、頂上?」というくらいあっけなく登頂したのでした。狭い頂上には先客が数人やすんでいました。

360℃の展望が素晴らしい。峠を挟んで対峙しているのは御在所岳。赤いロープウェイが麓から行き来しているのが見えます。いつかあっちにも行ってみよう。
 南へ続く尾根方面もまだまだ山が深く楽しそうですが、すでに15時近かったので一休みした後、来た道を戻ったのでした。想像はしていたのですが、登りで苦労した滑りやすい道に加えて、複雑な岩稜は下りになると恐怖感が一段と増して緊張の連続でした。
e0083097_23485110.jpg
e0083097_2351483.jpg

 今回は出発が遅かったので短時間のコースでしたが、来年は雨乞岳方面もいいな、などと考えながら日の傾きかけた景色を楽しみながら山を下りました。珍しくshowzineも膝が笑ってると言っていたのが印象的でした。
e0083097_23554960.jpg
 ここのミドリセンチは少し赤味のある奇麗なものでした。

 帰ってから調べてみたら、チョッキリはモンケシツブチョッキリ、ハナノミと思われていたのはナガクチキムシ科のニセハナノミの1種でした。雑虫だけど我が家らしい成果です。
[PR]
by aile21 | 2012-05-05 23:59 | とうちゃん


京都南部の野山で宇治虫親子が発見した生き物の記録  出演 とうちゃん(aile21)・かあちゃん・ちび宇治虫(showzine)


by aile21

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

以前の記事

2016年 05月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 08月
more...

リンク

フォロー中のブログ

昆虫ブログ むし探検広場
生きもの写真家安田守の自...
もえび生物観察記
とある昆虫研究者のメモ
雑問のすすめ@じごまる
まぁくんのオサムシ
生きもの写真家 安田 守...
石神井公園の蟲日記
こぶ屋日記
虫の棲む星
些昆虫記
つやまぐ探虫記
別刊 宇治虫
さぼってばかりの虫屋日記2
古道具屋kanonさんち...
るど公園...
となりの昆虫記。
蠢蝦螽蟷昆蟲記

カテゴリ

全体
とうちゃん
ちび宇治虫
かあちゃん
こんなものみつけた
ちびがみつけたもの
カエル
上海編
関東編
東北編
中部編
沖縄編
中国編
四国編
東海編
北陸編
九州編
未分類

タグ

(213)
(186)
(108)
(84)
(83)
(66)
(52)
(47)
(36)
(33)
(20)
(19)
(19)
(19)
(14)
(13)
(11)
(10)
(6)
(6)

ライフログ


京都の昆虫


小さな骨の動物園


生き物屋図鑑


へなちょこカミキリロード―初心者のためのカミキリムシ入門


昆虫コレクション―集めて楽しむ (森の休日)


森と水辺の甲虫誌

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

近畿
自然・生物

画像一覧