<   2015年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

大顎発見

備忘録

6月14日

上海も梅雨入りしたようで蒸し暑い日々が続いています。この街にも慣れてきたせいかワクワクドキドキする感覚が鈍ってきたかもしれません。先週の日曜日もそして今日ものんびり部屋で過ごしていました。今日も早起きしましたが、洗濯をしたり、調子の悪いパソコンをいじってみたりしていたら気がつくと昼を過ぎていました。

うかうかしているとあっという間にシーズンが去ってしまいそうです。午後になって数時間だけでも散策して来ようと出かけることにしました。

毎朝出勤途中にバスの車窓に気になる林があります。アパートからは地下鉄で4駅ほど。いつも「けっこう桑が生えてるな………、」と。

しかし現地に着いてみると林とはいえ、樹木の幹の太さも樹高も揃っていて、どれも植林されたものなのは一目瞭然です。どこもかしこも新しい林ばかりのようで心が逸りません。ところどころで姿を見せる運河では多くの釣り人が糸を垂らしています。網で掬えば珍しいゲンゴロウでも掬えるのでしょうか。
e0083097_1281427.jpg

木々を眺めながら歩いているとポツポツと桑が生えています。地元京都では桑の木があれば何かしらの虫に出会えるイメージがあります。とはいえキボシカミキリやヒメヒゲナガだったりしますけど。ところが幹を眺めても梢を眺めても静かなもんです。羽脱孔はあちこちに見受けられるのできっと……、いや、やっぱりキボシかな。
e0083097_0254644.jpg
 道路沿いの木に洞を見つけました。

何気に覗いてみると、おっと!

なにやら虫の腹が見えました。そこそこ大きい。

むむむ…、

地元ではこういう場合は大概ゴキブリです。オオゴキブリです。

すると私に覗かれていることに気づいたのかその虫がノソノソ動き出して洞の奥へ移動を始めました。その瞬間、黒光りするエリトラがチラと垣間見えました。

これは確認しなければなりません。落ちている小枝を使って掻き出そうと試みますが案の定、奥へ奥へと引っ込んでいきます。こうなると難しいかな…、と思いつつ、ふと幹の反対側へ回り込んでみると、別の穴からそいつの尻が見えています。そうかこの穴は繋がっているのか。

それからは彼の逃げ場を無くすため、あっちから、こっちから小枝を差し込んで追い込んでいきます。その作戦中、穴の中からスッと姿を現した大顎を目にした時はショックでした。

なんだこいつは!?


 木の洞に小枝を何本も突っ込んでカリカリほじくっている謎のおじさんに気づいた中国人の若いグループが立ち止まってこちらを見ています。やがてなにやら中国語で話しかけてきましたが私は彼らが何を言っているのか皆目わかりません。ただ手招いて「この中に何かいる」ということを指差しながら伝えるしかありませんでした。それに気づいた彼らも木の棒を使ってあちこちの穴から虫の追い出しに参加しました。その間、私は一歩下がって眺めていました。全く喋らない私を訝しく感じているであろうと、拙い中国語で「私は日本人です。」と伝えると、ああ、と納得したような反応をしながらも変わらず一緒になって夢中に虫の追い立てを続けました。それでもその虫はなかなか洞の中から出てきません。やがて中国人の彼らも諦めてしまったので、再び私の番です。せっかくだから彼らに何とか見せてあげたいと、洞の中に指を強引に突っ込み押さえた虫を引っ張り出しました。
e0083097_0274986.jpg
e0083097_0283722.jpg

これは凄い!!

一見、何クワガタかわかりませんでしたが、落ち着いて観察すればやはりヒラタのようです。しかし日本のヒラタクワガタでこんなに大顎の長いものは見たことがありません。チョウセンヒラタクワガタなのでしょうがまさかこんなに大きいものがいるとはビックリです。

中国人の一人が嬉しそうに眺めていたので手渡してみると、クワガタは期待を裏切らず彼の手のひらをガシッと挟み込みました。彼は悲鳴を上げ、周りのみんなは大爆笑です。思いがけず現地の人達と楽しい楽しいひと時をすごせたのでした。

しかしまあ、本当にヒラタばかりだなあ。もしかして中国にはコクワっていないのかなぁ。そしてなんとこの洞からはメスも出てきました。

良い虫に出会えたのでそれ以上の欲は無くなりましたが、せっかくなのでもう少しブラブラしてみます。すでに日は傾いています。

林の脇にある荒地を歩いてみたら、怪しい飛び方の虫が足元から飛び出しました。その飛び方に気になりました。もしや………!?

e0083097_0264574.jpg

ヒメハンミョウかよっ!!??

………ハンミョウには恵まれないな。
e0083097_129965.jpg
e0083097_029174.jpg

そろそろ糞虫も探してみたいところですね。
[PR]
by aile21 | 2015-06-18 01:32 | 上海編

上海のバトケラ

備忘録

6月11日

帰宅の遅くなった日の帰り道。
e0083097_0264171.jpg
 今度はプラタナスの幹にメスが張り付いていました。
クヌギやコナラのような樹液なんか全く出てない木でポツポツとクワガタを見つけるのはなんとも意外です。

 それから10mくらい歩いて川を渡る橋の脇、なにかいるだろうといつも眺めていた柳。
今日もいつものように見上げてみたら、

おお、
e0083097_0324962.jpg
予想通り。
やはり出ましたねぇ。これは必ずいると思っていました。

でも中国のシロスジって日本のものと全く同種なんだろうか・・・。
まあ、いいか。
[PR]
by aile21 | 2015-06-15 00:46 | 上海編

ツヤハダゴマダラカミキリ

備忘録

6月9日

いつものように出勤。

アパートメントを出て間もなく気づく黒い影は目の前の街路樹に張り付いていました。
e0083097_0374614.jpg

やっぱりでたぁ!!

きっとゴマダラあたりとは出くわすんじゃないかと思っていました。
ホストを選ばぬ悪食の代表格。プラタナスもいくかぁ。

しかし、よくよく見てみるといつものゴマダラとは何か違いますね。
最初に目がいくのはエリトラの肩の部分。
真っ黒で、しかも点刻が深いように見えます。
それにやはり全体に黒みが強いですね。
日本のゴマダラは触覚や脚の節々が鮮やかな水色です。

ネットで調べてみるとツヤハダゴマダラカミキリというらしい。
日本にはいない種ではあるけれど、北米などでは外来害虫として問題になっているらしい。

美麗種だとは思うけど、毎年何処かで見かける普通種だし、都会の街路樹にも入っているから、見つけても「なんだゴマダラか、」という感じですね。しかも、数年前には一本の柳の木にビッシリとゴマダラが張り付いている光景に出くわした事があります、大きくて綺麗なカミキリなのに有り難がられないかわいそうなカミキリでもありますね。
世界中で悪名を轟かせるとは、こいつらはたくましいなぁ。

上海で初めて見つけた生きたカミキリはやはりというかゴマダラでした。
ヒラタクワガタといい、ゴマダラカミキリといい、日本のものとちょっとだけ違うというのがなんとももどかしい。

なんだこれは!? こんなの見たことない!
というくらいの虫に出会いたいものです。
[PR]
by aile21 | 2015-06-13 00:47 | 上海編

上海の海・金山衛

 備忘録
5月31日
 海が見たくなって、プチ遠出。
e0083097_01075443.jpg
上海南駅から新幹線みたいな列車(高速鉄道)に乗って約30分、到着したのは上海南端の金山衛站。
e0083097_01123627.jpg
駅からの道路脇では菜種油採取のための刈り取りが盛んに行われていました。
植え込みや草むらを覗き込みながらブラブラのんびり歩いて約30分。
e0083097_01144409.jpg
海です。
想像通り泥の海。干潟。干潮のせいか波もありません。
う~む…、長江と変わらん。
数人の行楽客たちがカニ取りをしています。これも長江と同じ。
e0083097_01171255.jpg
石積みの堤防、葦原、干上がった水際はニチャニチャで足を踏み下ろせる場所は無さそうです。
浜でもあればハンミョウでも探そうと目論んでいましたが、どうやら難しそうです。ちょっと嬉しかったのは泥の上をたくさんのトビハゼがピョンピョン跳ね回っていたことですね。かわいい。
半ば諦めて堤防の上を歩いていると、飛び交うハエの中に気になる飛び方の虫を発見。
ん!? あれはもしや…、
まさしくハンミョウじゃないか!!
地味だけど、きっと、きっと素敵な模様をしてるはず……。
上海のハンミョウはどんなかな~?
e0083097_01181125.jpg
!!!
エリザじゃないか!!!!!
えええ~~~~っ………。
グウゥゥゥ。
もういいです。
気を取り直して観光客に転身することにしました。
e0083097_01190975.jpg
e0083097_01201704.jpg
金山嘴漁業村は古い町並みが残る老漁村。かなり観光地化されていますが、白い壁とうだつの聳える民家が特色です。
e0083097_01205400.jpg
屋台で買い食いをしながらブラブラしました。中国語が出来ないと中々苦しい散策ですが、そういう時は無理矢理英語で押し通すということにも随分慣れました。どうせ英語も通じないことの方が多いなら、日本語でもいいのかもしれませんけれど。
e0083097_01221241.jpg
 海岸沿いの幹線道路には干物屋がいっぱい並んでいます。
e0083097_01235319.jpg
魚臭いというか、生臭いこの匂い。これはもう、伊豆だな。この生臭さに郷愁さえ覚えます。
実は中国の人はあまり海の魚を食べないそうです。一言で言ってしまえば海が遠いということらしい。海の魚は生臭くて嫌いという人のなんと多いことか。魚と言えば川魚。上海に来てからというもの食べた魚料理と言えば、レンギョ、ソウギョ、フナ、雷魚、ブラックバス、ティラピア…。いやぁ、これはちょっと…、と日本人の多くは思うはず。そんな環境にいるとこの生臭さは強烈ですが、これがまたいいんだよね。
 最後は食堂で遅い昼食。もう夕方ですけど。
e0083097_01250852.jpg
e0083097_01254914.jpg
ビールの味は薄かったけれど、日差しと、潮風にあたった後の一杯はやはり格別です。良い休日でした。


[PR]
by aile21 | 2015-06-10 01:05 | 上海編

そして2匹目

e0083097_0495270.jpg

今度は仕事帰りの道すがら。
柳がホストかと思っていたら、クスノキにしがみついていました。
それにしても日本の1番メジャーなコクワなんて姿も見ないのに、ヒラタを連続で見つけるとは…。

いまだカミキリには出会えず。
見かけたのは車に轢かれて潰れたシロスジと、水の入ったバケツに浮いていたアオスジカミキリのみ。
さて、まだチャンスはあるのか?
[PR]
by aile21 | 2015-06-05 01:06 | 上海編

上海のクワガタ

備忘録

5月15日

朝いつものように出勤。
街路樹の連なる舗道に黒く光るものを見つけました。
e0083097_1723236.jpg
おお!

これは…、……これは?

ヒラタ?

小さいし、黒くてツヤツヤしてます。
細長い気もします。

うん、これはラッキー!
[PR]
by aile21 | 2015-06-02 17:25 | 上海編


京都南部の野山で宇治虫親子が発見した生き物の記録  出演 とうちゃん(aile21)・かあちゃん・ちび宇治虫(showzine)


by aile21

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

以前の記事

2016年 05月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 08月
more...

リンク

お気に入りブログ

昆虫ブログ むし探検広場
生きもの写真家安田守の自...
もえび生物観察記
とある昆虫研究者のメモ
雑問のすすめ@じごまる
まぁくんのオサムシ
生きもの写真家 安田 守...
石神井公園の蟲日記
こぶ屋日記
虫の棲む星
些昆虫記
つやまぐ探虫記
別刊 宇治虫
さぼってばかりの虫屋日記2
古道具屋kanonさんち...
るど公園...
となりの昆虫記。
蠢蝦螽蟷昆蟲記

カテゴリ

全体
とうちゃん
ちび宇治虫
かあちゃん
こんなものみつけた
ちびがみつけたもの
カエル
上海編
関東編
東北編
中部編
沖縄編
中国編
四国編
東海編
北陸編
九州編
未分類

タグ

(213)
(186)
(108)
(84)
(83)
(66)
(52)
(47)
(36)
(33)
(20)
(19)
(19)
(19)
(14)
(13)
(11)
(10)
(6)
(6)

ライフログ


京都の昆虫


小さな骨の動物園


生き物屋図鑑


へなちょこカミキリロード―初心者のためのカミキリムシ入門


昆虫コレクション―集めて楽しむ (森の休日)


森と水辺の甲虫誌

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

近畿
自然・生物

画像一覧