タグ:夜間 ( 47 ) タグの人気記事

予感の果て

備忘録

7月15日

 梅雨もまだ開けやらぬ蒸し暑い日でした。
一度アパートに帰っていましたが、そろそろ夜回りもしてみようかと思い立ち、すっかり暗くなってからいそいそと出かけてみました。帰れなくなってはシャレにならないので帰りの終電を確認することだけは忘れるわけにはいきません。とはいえ一時間半くらいはウロウロできそうでした。
e0083097_22561923.jpg
 面白かったのはコカブトがそこらじゅうに見つかったことです。日本では材割や夏の灯下くらいでしか見つけたことはなかったのですが、樹皮上や樹洞に面白いほど見つかりました。
e0083097_22595098.jpg
 点刻の美しい(?)ゴミダマもなかなか良いです。
キマワリもそこそこいましたが日本のものより随分小さいものばかりでした。

 できれば新たなカミキリでも見つけられないかと思ってきたのですが、どうも見つかりません。
仕方がないのでまた樹洞を覗いてみたりすると事も無げにヒラタが見つかったりします。70mmを超えるものもポツポツ見つかるのがなんとも・・・。
e0083097_2312083.jpg
中型のヒラタ(60mm前後)はスルーしていましたが、いろいろ見ているうちに今まで見たこともないような発育不良な小さいクワガタが目に留まりました。おっ!!ヒラタ以外にもこんなコクワみたいなものもいるのか。

でも明らかにコクワではないし・・・・。
e0083097_23545699.jpg
なんだよこれ?
エリトラの列状点刻がまた気になります。
なにより大顎の形状がこれまた・・・。
e0083097_2325072.jpg
もう一つの個体はもっと顕著です。

そうだよなあ・・・。
きっと。
たぶん。


7月18日

 再検証、というより気になって仕方がない。
土曜日も大概は出社していますが、きもち早めに退社してポイントに再訪しました。今度は時間を気にしないでじっくり観察できます。

いつもの木、そもそもこれが何の木なのかさっぱりわからない。ニレっぽくもあるんだけど、まずはいつものように樹洞を覗いてみれば早速クワガタのお尻が見えていました。
どれどれ~?
と摘んでみればメスでした。しかしまたもやエリトラに縦筋。
e0083097_23482669.jpg
やっぱりいるなあ・・・。
予感が確信に近づきます。

ふと上を見上げると頭上の幹の小さな穴からまた別のクワガタらしきものが穴から出たり入ったりしているのが見えました。そのままでは手が届きません。
仕方ない。登るか。

果たしてその穴まで顔を近づけてみると私が木登りをしたせいか、その虫は穴の中に潜り込んでしまいじっとしていました。しかしその穴が小さすぎたせいか頭以外の姿は丸見えです。

どれ、頭を見せろ・・・。
顎を見せろ・・・。

木の枝で小突いたりして刺激を与えてみると余計に脚を踏ん張ってピクリとも動かなくなってしまいました。
こうなったら奥の手です。ポケットからタバコを取り出し煙を吹きかけてみます。

おっ! 効果てきめん。
苦しそうに穴の中でもがき始めました。

そして私はとうとう目にしたのです。
e0083097_034944.jpg
まぎれもないオオクワガタ。
やったー!!!
天然のオスは初めて見ました。
考えなしに登ったのでこの子を握ったまま木を降りなければなりません。片手で木を降りることのなんと怖かったことか。それでも夢中で地上に降りたのでした。
e0083097_017489.jpg
日本では幻と言われてるけどまさかこの地で出会うとは。

しかも!!

余韻醒めやらぬまま上を仰げばさらにもう1mほど上の幹の上をノソノソ歩くそれらしき影。
今度は幹を歩いている最中だったので木を蹴飛ばしてみました。落ちるかなと思ってのことです。しかしノコギリのようにポロッとは落ちてくれません。
ならば今日はやるだけやらねばなるまい。結局地上5mくらいは登ったでしょうか。
e0083097_020126.jpg
オオクワって樹洞の奥深くに潜んでいる警戒心の強い虫だと思っていましたが、普通に木の幹を歩いているんですね。個体数やプレッシャーの違いなんだろうか。
そしてそこから降りる途中、先ほどのオオクワを見つけた穴に今度は別のクワガタのお尻がモゾモゾ動いていました。まだいたのかと掻き出してみると今度はメスでした。ペアで入っていたのでしょうか。
結局オス2、メス3が1本の木で見つかりました。

それにしてもコクワやスジ、ノコギリやミヤマといった我が地元のメジャーが全く見つからないのに大型のヒラタやオオクワが見つかるというのは、これぞお国柄ということなのでしょうか。

ところで私はクワガタには詳しくないのですが、このオオクワの顎を見て少々違和感があります。内歯の向きが随分内側に開いているなと。いわゆるホーペイというものなんだろうか。日本のものもホーペイではあるけれど亜種として分けられているような気もします。勉強しなければ。
そりゃあ、日本のものとは違うよなぁ。

うん、でもオオクワに出会えたんだから満足満足。
ヒラタより小さいというところがまた面白い。笑
[PR]
by aile21 | 2015-07-28 00:52 | 上海編

秋のブルー・ストライプ

e0083097_23204074.jpg
 そろそろ灯下に集まる虫も見納めだろうと、いつものポイントに行ってみたらこんなカミキリがいました。
お盆前までは毎夜のように灯下で見かけましたが、まさか10月に入ってからまた目にするとは・・・。

でも今日は30℃越えだから夏のようなもんだけど。
[PR]
by aile21 | 2013-10-06 23:26 | とうちゃん

石見の灯

e0083097_21344928.jpg
 先日、島根県隠岐島がユネスコのジオパークに指定されました。確かに山陰の海岸線はむき出しの地層が特異で面白いところが多そうです。
宿のすぐそばにこんな景勝地があったなんて・・・。

 昨晩は夕食後にブラブラと散歩(虫探し)をしました。間近の海岸は背後の草地がないのでちょっと面白くないかなと、内陸方面に歩いてみました。住宅がちらほら点在する中、緩やかな坂を登っていきます。畑や藪の際にまで砂だらけ。この辺りの海岸線は飛び砂がキツそうであちこちに「滞砂注意」の立て看板が見受けられます。冬の季節風の強さが伺えますね。

 そんなわけで見つかる虫は砂系のゴミダマばかり。
オオスナ、コスナ・・・?初見と思われる丸っこいスナが見つかったのでまだ良かったのですが。
集落を抜けて開けた丘の上にでたら一面のクズ原でした。懐中電灯だけではこれ以上無理と振り返ると遠くに漁火が見えます。面白いのは点在する民家の灯や街灯より遠く海の漁火のほうが煌々と明るいのです。
すごいな、漁船て。

 来た道を引き戻し、途中から民家の合間を縫うように歩いて街灯廻りをしながら帰りました。
e0083097_2159039.jpg
オサムシモドキ 砂地の定番。
アスファルトにこびりついている何かを必死に齧りとろうとしていました。
e0083097_222228.jpg
スズムシ
他にクツワムシも歩いていました。クツワムシってほとんど見たことないような・・・。
e0083097_2234964.jpg
オオヒョウタンゴミムシ(死骸)

・・・いるねぇ~。

「できれば」と考えていましたがいることはいるんだなぁ・・・。しかしここは砂まみれとはいえ海岸線から1kmほど内陸の丘の上。海岸の虫と認識していたけど砂さえあれば生息範囲はまだまだ広いのかも。
内陸の京都盆地にも記録があるくらいだからなぁ。
それからちょっとした芝地などもいちいちチェックしながら丘を下りましたが結局オオヒョウタンには出会えずじまいでした。

結局海岸まで戻り、街灯下や自販機前を覗きながらブラブラしました。
集落の奥、漁港の波止にポツンと明るい灯りがあったのでそこまで行ってみると、灯りの下で大きな黒い虫がひっくり返ってジタバタしています。
e0083097_22154540.jpg

おっ!! なんや、見つけてもうたか?
大きさ的に・・・・、
色的に・・・・、

ん?

ちょっと牙が長いかな?

・・・・・・・
e0083097_22172996.jpg
なんだ、クワガタか。
それにしても9月の中旬でノコギリクワガタとはね。
夏の漁港ではミヤマクワガタを灯下で見かけることはよくありますが、ノコは初めてだなぁ・・・・。

帰りがけにやっと見つけたのは流木の下で(タダ)ヒョウタンゴミムシ。随分ちっちゃくなっちゃった。
e0083097_22241739.jpg
e0083097_22245214.jpg
昨夜はこんな事をしていて寝不足。ちょっと後悔。
[PR]
by aile21 | 2013-09-13 22:29 | 中国編

今週のいろいろ

 この一週間はあれこれもがいてみたのだけれど・・・。

(8月13日深夜)
 先日、街灯下で見つけたゴミムシダマシで不審なものがありました。帰宅、展脚後に同定を試みたらどうも腑に落ちない。もしかして採集ポイントを勘違いしていたかな?と不安になりました。
それはよくあることで、一度の出撃で複数のポイントを廻るとどっちで採ったのか混同してしまったりします。
初採集のゴミダマだったので間違えるわけにはいかない、ともう一度同じポイントに行ってみたのでした。
結果、同種が再度採集できたので確信が持てて一安心しました。
このゴミダマの件はまた後日にでも・・・。

帰りにクヌギの樹液で見つけたアカアシオオアオカミキリ。
今年も地元で出会えました。
e0083097_118480.jpg


(8月13日日中)
e0083097_1395716.jpg
 滋賀県の湖北、福井県との県境の峠。
到着は午後5時過ぎ。さすがに連日の酷暑のため、真昼間は採集意欲が湧きません。夕方から夜にかけてあれこれしてみようかと。リョウブも終わりかけていてアリ以外は全く虫の気配なし。ブナの立ち枯れを見て回るとサルノコシカケにコブスジツノゴミムシダマシがごっちゃり。♀はともかく♂でも角の長さがバラバラで、もしかして別種が混じっているのかも?と、10匹くらい摘んできました。しかし帰宅後の同定ではどれも同じコブスジツノみたいでした。
浮いた樹皮を捲ってクリイロチビキカワムシ、カタモンヒメクチキムシ採集。

 暗くなったら車の前にシーツを広げて灯火採集を試みます。ガソリンランタンと車のヘッドライトの併用で3時間ほどのんびり虫を待ちました。多くの蛾を中心に細かい雑甲虫がポツポツ集まりました。
が、成果は地味なものでジョウカイボンやハムシ、ナガクチキで未採集のものがいくつか採れましたが特筆するようなものはありませんでした。
e0083097_1405238.jpg
ランタンの足元にウロウロしていたオサムシ。
このあたりのオサムシ分布はどうなっているのかわからず、ちょっと期待しましたが、、帰宅後ゲニを摘出してみたらマヤサンでした。
採集時、前胸背板や翅端に薄茶色の塊がこびりついていました。まるで越冬時の土がこびりついているような感じです。「こんな時期に土中に潜ってるはずないのになぁ・・・」と訝しく思いましたがそのまま毒瓶へ。
帰宅後、ゲニ確認と展脚のためにルーペで見てびっくり。・・・ダニではないですか。

・・・・老眼って悲しいですね。

(8月16日)
e0083097_2225221.jpg
 仕事から帰宅後、showzineと出撃。お盆の時期ということで兼ねてから狙っている虫にチャレンジしていこうとガソリンランタン、LEDライトを持って地元のモミ林へ。自宅を出た時は晴れていたのに、ポイントに近づくと路面がビショビショに濡れています。夕立でもあったようです。
簡易灯火なので光量は強力ではありませんが、真っ暗な森の中では十分目立つのではないかと思われました。7時過ぎに設営完了。しかしすぐに虫が集まってくる気配はありません。頭上はモミなどの香木に覆われていて空がほとんど見えません。そんな頭上からたまに水滴が落ちてきます。まだ降っているのか、雨の名残か・・・。林床もびっしょり濡れています。涼しくて良いのですが湿度が高くて快適ではありませんでした。
セット近くの倒木にはナガニジやカタボシエグリオオキノコ、カツオガタナガクtリキなどなど。ヤマナメクジも活発に蠢いてました。
一度車に戻りオニギリの夕飯にしました。焦っても仕方ないので小休止。車の側の街灯下ではセミの羽化が始まっていました。
 小一時間後、灯火セットのチェック。多くのバッタ、カマドウマ、微小な蛾ばかり。やっと見つけた甲虫はというと前回と全く同じく、マルガタビロウドとシラケチビミズギワコメツキ。
ここ虫少ないのかなぁ・・・。

 再度、灯火を離れて他所のポイントを覗きに行きました。コンビニにはカブトムシやアオドウガネ、ドウガネブイブイ。定点の灯下ではウスバカミキリ、ワモンサビカミキリ。
全般に虫が少ない印象です。

その後セットに戻るも結局、今回も地元での灯火採集は不発でした。
これから秋口にかけてあと何回挑戦できるでしょうか。
e0083097_2234240.jpg
今回showzineが一番喜んでいたのがアブラゼミの羽化観察。
こんな綺麗な姿が、あんなアブラゼミになっちゃうんだもんなぁ・・・。
[PR]
by aile21 | 2013-08-18 02:25 | とうちゃん

ヒメドロムシ科3種

 昨晩の灯下めぐりは今季初のウスバカミキリやカブトムシに出会いましたが、これといって嬉しい虫は見当たりませんでした。そこで以前から気になっていた虫を探してみることにしました。

 地元宇治市であれこれいろいろな甲虫を採集してきましたが、標本箱を眺めてもまだ埋まらない「科」がいくつかあります。その一つが「ヒメドロムシ科」。
以前、若狭で灯下に集まったキスジミゾドロムシを採集したことがあるので、その要領で田んぼや小川近くの灯下で目を凝らして探してみました。
e0083097_241944.jpg
ツヤドロムシ、キスジミゾドロムシ、イブシアシナガドロムシ。
2mm~3mmの微細な甲虫を見つけるのはなかなか大変でした。これはコンクリートなどの白っぽい色面の上でないとそうそう見つからないです。それでも慣れてくるとだんだんわかるようになりますが、脚を広げていると「ああ、虫だな。」とわかるくらい。ゴマ粒程なので老眼の進んだ肉眼ではキツイキツイ。
特にツヤドロムシは2mmあるかどうかというくらい小さいです。それなのに一番多い。

街灯の下でいくつかサンプルが採れたので、ポイント移動。
天ヶ瀬ダムの方へ行ってみました。そこは水銀燈が点っているので期待大かもと・・・。
しかしここはすでに宇治市を出て、宇治田原町ですが。

予想通り吸虫管で吸い付くせない程のツヤドロムシがいました。結局ここもラインナップは同じ3種のヒメドロムシでした。この3種がこのあたりではポピュラーということらしい。
e0083097_342932.jpg
コンクリートの地面に座り込んでヒメドロを吸い取っていたらバサバサと音を立ててモスラが2匹突進してきた。
うわっ!
もうヤママユがでてるのか。もう、邪魔せんといて!
[PR]
by aile21 | 2013-08-02 03:07 | とうちゃん

LEDはどう?

7月18日
e0083097_23132910.jpg
 今年こそは地元でと狙っているカミキリがいる。ポイントはほぼ特定できているんだけれど、さてどうやって手にするか。
一昨年、昨年と何度か夜に出会いを求めて足を運んだのだけれどどうも望み薄な感じ。

手ぶらで探しに行くくらいではダメだと思っていたところに先日、仕事で購入したLEDライトという光明を見つけた。乾電池式なのにかなり明るい。
showzineも「灯火で使えそう」と。
ホントは発電機を用意して本格的にやりたいのだけれど、発電機けっこう高いしなあ・・・。
それに今回のポイントは住宅が近いので現実的には無理そう。

本番は8月の予定なんだけど、一度試しにやってみることにした。
どれくらい明るいのか?
電池は保つのか?
e0083097_23254918.jpg
 流石に一灯では淋しい気がするかな。でもまあ、真っ暗なポイントならそれなりに明るい。照射範囲が狭いのも気になるけど、補助に足元に小さなLEDタッチライト(100均)を2個置いてあとは結果待ち。

まだ明るい6時半にセット完了。帰り間際に近くの倒木で小さな虫を数匹吸って一度帰宅したのだった。
晩飯後、10時頃再度ポイントに様子を見に行った。

 遠目にはしっかり灯火が残っているのがわかったのだが、現場に近づくにつれ・・・・・、あれ?
e0083097_23461927.jpg
うわ・・・、なんか暗くなってる。
ダメだ、全然暗いわ。

たしかに充電式の電池(単4×4本)は満タンではなく一度夜回りで使っってはいた。
しかし3時間くらいは保ってもらわないとなぁ・・・・。

ぶら下げたシーツにはマルガタビロウドコガネが2頭しがみついていた。
あとは無数の蚊やウンカ、小さな蛾など。
・・・これだけかぁ?と目を凝らすと極小のコメツキが3つほど見つかった。シロオビチビサビキコリだ。

もう少し粘りたかったが、電池切れでは致し方ない。
次は満充電して試してみよう。やはり日暮れから日付が変わるくらいまでは保ってほしいところ。
まだまだ不安だなぁ・・・。
[PR]
by aile21 | 2013-07-19 23:59 | とうちゃん

ミ・ヤ・マの夜

e0083097_059522.jpg
午前0時前でまだ28℃。
猛暑、熱帯夜・・・げんなり。
e0083097_105768.jpg
今夏初ミヤマカミキリ。


e0083097_114447.jpgミヤマ・・・


e0083097_14305.jpgミヤマ・・・

・・・fade out.

どんだけおんねん。6匹もおったわ。
e0083097_161473.jpg
ん?
これも今夏初ミヤマ。
他にはホソカミキリ、アオスジカミキリ、ノコギリカミキリ。
一箇所だけ灯下を見てサッサと帰ってきました。

ところで、前回京都市北部のノリウツギで掬ったホソハナなんですが、
e0083097_1125559.jpg
ほぼニョウホウホソハナカミキリだと思うんですが、こんな紋様のものっているんですか?
どなたか教えてください。
[PR]
by aile21 | 2013-07-11 23:57 | とうちゃん

ホタル舞う

e0083097_051770.jpg
 風雅な景色を楽しめる幸せ。
幼少時にホタルを見たことがなかったけれど、都会を離れて生活するようになるとこんなに身近な存在だとは思いもしなかった。

 夜回りに行ってきました。
e0083097_0563519.jpg
センノキカミキリ
e0083097_0571472.jpg
アオスジカミキリ
e0083097_0575311.jpg
セミスジコブヒゲカミキリ(♀)
e0083097_0583834.jpg
シロスジカミキリ
もう夏本番ですね。
他にはホソカミキリ。ゴホンダイコクもいくつも集まっていました。

樹液はというとコクワばかり。ちょっと涼しい夜でした。


おまけ

e0083097_145053.jpg
 二日ほど前、アシナガバチによく似た美しいアブを見つけました。
久しぶりにアブを採ってしまいました。
アブまで手を広げる余裕はないけど・・・。
[PR]
by aile21 | 2013-06-28 01:05 | とうちゃん

おじゃまします

e0083097_23513450.jpg

 深夜のここはなかなか・・・。

e0083097_23542194.jpg

ノコギリクワガタ

e0083097_23561541.jpg

あぶらげ持ってまた来ます。
[PR]
by aile21 | 2012-08-12 23:58 | とうちゃん

8月1日のシルエット

 明日予定していた小学生との夜間採集が中止になりました。この時期ではクワガタもピークを過ぎてるし「カブトでも採れれば御の字かなぁ・・・、月齢も悪いし。」と考えていたのでもしもの事態を考えて仕事の合間に適当に虫をストックしていました。お土産用ですね。ミヤマのペアとか、ハナムグリ、カナブンとか。それが必要なくなったので山に返しに行かなければならなくなりました。

 晩御飯を食べてから「宇治虫」のチェックをしていたら何気に過去のログが目に入りました。その記事は8月1日に投稿されていたのです。

「ふぅ~ん・・・、今日と一緒だな。 んん・・・そうだったのか。」

「ま、ゲンかつぎで行ってみるか。」

手持ちの虫を逃がすだけなのでパパッと車で乗り付けられるいつもの灯下ポイントです。
とは言ってもポイントに着いてしまうと本来の目的そっちのけで暗闇に並ぶ照明が気になってしかたありません。
「とりあえずそっちのチェックから」と放虫もそっちのけで歩き始めました。

早速1本目の外灯を見上げると・・・・・
e0083097_1192012.jpg
おやぁ・・・?

なんかカミキリいるわ。

逆光でよくわからんけど・・・

e0083097_1211242.jpg
なんだろ?

なんか中途半端な大きさだなぁ・・・。

ここの常連といえばミヤマとかノコギリなんだけど。

!!  ん、ちょ、ちょっと待てよ!?
e0083097_124264.jpg
えっ!! こ、これって

間違いないっ!! 他に考えられない!!



e0083097_1341443.jpg
オオシロカミキリ、久しぶりっ!!

やっぱり8月1日なのかぁ!
出発前のゲンかつぎが、まさか的中するとは思いませんでした。こういうこともあるんですねぇ。

先日のアカアシオオアオが銅メダルなら、このオオシロは限りなく金に近い銀メダルって感じです。
どちらも初採集ではないけど「行って良かった~~!」と喜べるカミキリでした。

もう金メダルも狙っちゃおうかな。なんて・・・。
[PR]
by aile21 | 2012-08-02 01:44 | とうちゃん


京都南部の野山で宇治虫親子が発見した生き物の記録  出演 とうちゃん(aile21)・かあちゃん・ちび宇治虫(showzine)


by aile21

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

以前の記事

2016年 05月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 08月
more...

リンク

フォロー中のブログ

昆虫ブログ むし探検広場
生きもの写真家安田守の自...
もえび生物観察記
とある昆虫研究者のメモ
雑問のすすめ@じごまる
まぁくんのオサムシ
生きもの写真家 安田 守...
石神井公園の蟲日記
こぶ屋日記
虫の棲む星
些昆虫記
つやまぐ探虫記
別刊 宇治虫
さぼってばかりの虫屋日記2
古道具屋kanonさんち...
るど公園...
となりの昆虫記。
蠢蝦螽蟷昆蟲記

カテゴリ

全体
とうちゃん
ちび宇治虫
かあちゃん
こんなものみつけた
ちびがみつけたもの
カエル
上海編
関東編
東北編
中部編
沖縄編
中国編
四国編
東海編
北陸編
九州編
未分類

タグ

(213)
(186)
(108)
(84)
(83)
(66)
(52)
(47)
(36)
(33)
(20)
(19)
(19)
(19)
(14)
(13)
(11)
(10)
(6)
(6)

ライフログ


京都の昆虫


小さな骨の動物園


生き物屋図鑑


へなちょこカミキリロード―初心者のためのカミキリムシ入門


昆虫コレクション―集めて楽しむ (森の休日)


森と水辺の甲虫誌

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

近畿
自然・生物

画像一覧