タグ:水生昆虫 ( 11 ) タグの人気記事

ネムノキの咲く頃

e0083097_20171673.jpg
 いつものポイントではネムノキが咲き出していました。

 今日(7/08)はちび宇治虫の定点観察写真(7月分)を撮りに行きました。どんより曇っていて蒸し暑い一日でした。林道の下のほうから写真を撮りながら登って行きました。クマノミズキの花も終わってずいぶん花も少なくなっていました。ちょうどネムノキが満開でした。
e0083097_20364275.jpg 伐採されたアカメガシワの枝にヒメヒゲナガカミキリがたくさんみられました。シラホシカミキリもうろうろ。

 かあちゃんが「ここにもいるよ。」と指さす枝にはヤハズカミキリ。実は地元の山では初採集です。
 ブ〜〜ンと移動。

e0083097_20421151.jpg 「これからどうする?」
 「水生昆虫をガサガサしたい!」

ということで滋賀県の棚田へ。・・・しかし昨年同様、電気柵に囲まれていて網を使えず。それならばとやはり昨年見つけた小さな水路を見に行くも、水すくなっ!!

 ちょうど成長の端境期のようでタイコウチもコオイムシも、マツモムシのほとんどもまだ成虫になっていませんでした。終齢幼虫のようなので今月末には成虫が見つけられるかな。
 時間も中途半端になってしまい、次はどうするか・・・。
花ももひとつ咲いてないようだし、どこを見に行ったらいいのか思い浮かばなかったので左京区の山を車でウロウロしました。途中、運良くクマノミズキが一本、道路脇で満開になっていました。今日の一番はここかな、と頑張って掬ってみました。たくさんのヒメアシナガコガネに混じってアメイロカミキリが入りました。これも初採集です。他にはニンフホソハナやキマダラコメツキ(かな?)。

e0083097_2131590.jpg ポツリポツリとノリウツギは咲いてはいても虫の飛ぶ姿はあまりみられません。
やっと新調した長竿。安物のせいか6.2mだけどものすごくしなります。今までの4.5mはもう短く感じるけど、右に左に自由に振り回せました。しかしこれだけしなるととり回しが難しくて、真上の花ならなんとかなるけど横方向に振るのが大変です。難儀しそう。
 ちび宇治虫が振ってみると、振ってるのか振り回されているのか・・・。ともあれ、写真のノリウツギから初めてのピドニアが採れたので良かったです。

e0083097_21111524.jpg 山の中をどんどん奥に進んでいくと「こんなところに?」という集落がありました。住んでる人もいるようですが、見捨てられたような家も・・・。管理されていないような別荘もちらほら その周りにクリの木が沢山生えていて満開でした。
・・・がここもヒメアシナガコガネばかり。偶然、ムモンオオハナノミも採れましたけど。今度は♂のようです。
e0083097_21362455.jpg 日も暮れてやっと地元に帰ってくると、天ヶ瀬ダムの湖岸を通る道ががけ崩れのため通行止め。

 必要以上に遠回りの帰り道、クヌギの樹液をのぞいてカナブンとアオカナブンを摘んで帰りました。
[PR]
by aile21 | 2007-07-09 21:46 | とうちゃん

くるくる、くるくる・・・

e0083097_0113538.jpg
 ミズスマシ、た〜くさん見〜つけた。

 眺めていると目がまわる〜〜。


 林道を抜け、

 ヌタ場だらけの湿地を抜け、

e0083097_015226.jpg
 辿り着いたのが地図にもない小さな池でした。
e0083097_019791.jpg

 黄砂激しい4月2日でした。
[PR]
by aile21 | 2007-04-03 00:24 | とうちゃん

エビ採り

 今日はかあちゃんと二人でエビ採りに行ってきました。
どこがいいかな〜?

 ちび宇治虫がまだ幼稚園くらいの頃、宇治川や木津川、ちょっと山側の里の川でよくガサガサをしに行きました。
いろんなタイプのヤゴ、ザリガニ、ゴリ、ヨシノボリ、オイカワの稚魚とか・・・、いろいろ採れました。
イトトンボのヤゴは楽しかったです。わりと簡単に羽化してくれるので一時は玄関にイトトンボがフラフラ飛んでいる時が多かったです。
やっぱり嬉しかったのはギンヤンマです。迫力ありますよ〜!
餌の確保がちょっと大変かな。でも大都会に住んでるわけではないので、空いた時間に川岸でちょっと掬えば、いくらでも小魚は確保できました。

 その時になにより一番おおく採れたのが川エビです。
草食性のヌマエビと肉食性のスジエビが採れます。スジエビはかなり獰猛なので小魚を襲うから、めんどくさい乱暴ものです。以前はヌマエビを多く採りたかったのにスジエビばかり。ヌマエビってペットショップで80円で売ってるんですよ。そのショップの目の前の川にもうホント、いっっっっっっくらでもいるのに・・・・。

 今日の狙いはカメゴンたちの残飯整理をしてくれることを期待してのスジエビです。・・・・が、こんな時にかぎってヌマエビばかり採れるんだよなあ。まあ、採集記っていうほどのドラマティックな展開もなく、
 現場に着きました。網を入れたら、ほら!もうこんなに採れちゃた。
って感じです。でもヌマエビばかりだけど・・・。まあいいか。
e0083097_0345565.jpg



 夕食後、ふと気付くとオカメが甲羅干しをしていました。せっかく陸地として流木の上部を水面上に出しておいたのに・・・・。スパティフィラム(草)によじ登っていた。どうも最初にレイアウトした時より傾いてきたなあ、と思っていたのだが、この子達のせいかあ。
e0083097_044514.jpg

[PR]
by aile21 | 2006-10-27 00:48 | とうちゃん

♂カメゴンと♀オカメ

e0083097_1739964.jpg

島根県の知人から水生昆虫のペアを頂きました。
とても可愛くて見てて飽きないです。
[PR]
by aile21 | 2006-10-24 17:44 | かあちゃん

オスのヒゲ

e0083097_4374595.jpg
 もうそろそろシーズンも終わりかな。これからは昆虫ビギナーにはちとつらい時期になりそうです。今までみたいにうろうろしてたら何かしら採れるというわけにはいかなさそう。知識と実績がものをいうんでしょうね。さてどうなることやら。

 (8/16)ちょっと目先をかえて南に向かってみました。仕事の疲れが残っているようで途中コンビニの駐車場で眠ってしまったりしながら車を走らせました。台風が来ているらしい。帰りに灯火をまわるのをメインに考えてそれまではドライブです。時々通り過ぎるノリウツギにはアカハナカミキリすらいません。もう終わりかなあ。
 途中、田んぼ脇の小さな水路を見つけて「ちょっと掬ってみるか?」。
のどかな田園風景。電気柵も無いし、夏の終わりにはちょうどいい感じののんびり感を味わいました。まだ今シーズンはハイイイロゲンゴロウを採ってなかったのでちび宇治虫が気にしていました。何回か掬ったらほどなく網に入ったのでこれもまた気分よく楽しめました。そのうちクロゲンゴロウまで入りました。大型のゲンゴロウは我が家にとって「幻の」昆虫なのに今シーズンはこれで2回目です。クロゲンっているところにはいるんですね。これは逃がしてあげました。

 暗くなって、さて灯火でも見ながら帰ろう。
最初のコンビニで・・・・、おや?あのでかいのは・・・?
e0083097_4384983.jpg


 先日に続いてヒゲコガネです。しかも♂。
よく見るとそこら中にころがっています。えいもんさんのおっしゃる通り今度はオスばかり。ホントだあ〜・・・。あれ!交尾しているのまでいるよ〜。

e0083097_4402152.jpg

 あんなに探していたのにタイミングが合えばたこ採れ状態っていうのも昆虫採集の不思議なところです。一番体格の立派なオスを持って帰りました。このヒゲに会いたかった〜。
[PR]
by aile21 | 2006-08-18 04:49 | とうちゃん

クロゲンゴロウ

 
e0083097_23322777.jpg
(ちび宇治虫)
 今日は久しぶりに水生昆虫採りです。でも水生以外の虫のほうが多く採れました。

 信楽の田んぼは全部電気柵がついてました。材置場も見つけたので見ると?おっ!タマムシだ。クロタマムシかなあ!

 そのあとで、うでが少しこしょばかったので、「なんやろぉ?」と思って見てみると、ちっちゃなゾウムシ!だけどすごくすばやいからクモゾウムシ属かなあ。けっこう口が長くてかっこいい!

 今年はタガメを採ってるのにミズカマキリを採ってないので大津で水路をガサガサすると、だいたいはマツモムシばっかりでおもしろくなかったけど・・・、すごくたくさんマツモムシが群れているところを掬うと?
 マツモムシだらけだけど水草の下に逃げた何かがいた。その前にミズカマキリ発見!
そして逃げたものを探すと?

 いたいた!

 えっ! クロゲンゴロウやん!!

 よっしゃーーー!!! 
e0083097_23513225.jpg
 帰ってから観察すると黒というよりちょっと緑っぽいです。
[PR]
by aile21 | 2006-08-08 23:57 | ちび宇治虫

おまけ・おみやげ

 メインのルリボシカミキリ採集の道すがらコンビニ灯火を見てきました。
なにやらおおきな甲虫がブンブンしているなあ。と思っていたら、やはりカブトムシ。
いくらでもいる。カミキリいないのかなあ。
 ちょっと大きめの甲虫が駐車場でひっくり返ってジタバタ。取り上げてみれば巨大なオオゾウムシ。材木にしがみついている姿ばかり見てきたから、こんなに飛び回るアクティブなオオゾウムシは意外でした。
 あとは無数のカメムシたち・・・。

 そこでコンビニの裏にある照明付きの看板を見に行きました。
看板の下にあるメッシュの柵になにかついている。虫だったらかなりでかいな。
下草をかき分け近付いていくと・・・。
 
 ん〜〜〜〜〜?  

 !!!!!!!!!

 うわ〜〜〜〜!!!!!!!!!!!

e0083097_16261743.jpg

採っちゃったよ、タガメ!
ホントにいるんだ・・・・・・。

すぐさま車に戻り、うとうとしはじめた『ちび宇治虫』に見せてやろうとしたら、さすがわかってる。おとうさんがナニか採ってきたんだろうと思ってピルケースの蓋を開けて待ち構えていました。

 「どうせなにか採ってきたんでしょ?・・・」

 「おお、気がきくなあ。・・・・でもそんなちっちゃいのじゃ入んないよ。(ニヤリ)」

 後ろ手に隠し持ったモノをジャジャジャ〜ン♪と差し出すと、意外にも反応なし。
あれ? と思っていたらナント声を失っていたらしい。

 「野生のやつ初めて見た〜〜!。(水族館では見た事あるらしい)」

 「なにを言うか、おとうさんなんかウン十年生きてきて初めてだぞ。」

 去年もさんざん水生昆虫を探してガサガサしてきました。・・・・・でも今年もダメじゃないかな〜となんとなく思ってました。
 ひゃ〜〜〜。嬉しい!

 後ろ手に持っている時に刺されました。マツモムシやサシガメにもよく刺される。タガメもなんの躊躇なく力こぶたくましい腕でしがみつき・・・プスッ。
 痛〜い!!!!ヤメテヤメテ、離せ〜〜〜!

 あのままにしていたら体液吸われちゃうんだろうか?
その後、山中を抜ける深夜の道にはコンビニが全然無くて、運のよさを実感したのでした。

 e0083097_16552890.jpg 目的地に近くなれば海も近い。もともと期待していたのはこちら。『シロスジコガネ』。
 オシャレなストライプに憧れてました。

 でも・・・、ホントはでっかいヒゲをたくわえたオスが欲しかったんだよね〜〜。
あまり夜間にウロウロしていると昼間の採集と運転に支障をきたすので、今回はメス一匹で我慢です。そんなに珍しい虫ではなさそうなのでまた機会はあるでしょう。(内陸の宇治では無理ですけど・・・)

e0083097_1711165.jpg 『オオキンカメムシ』がもうくすんできました。残念とおもいきや、ひっくり返してみれば腹側のメタリックはまだまだ健在でした。
 う〜〜〜ん。すごい色。南国ですね。

 帰りがけに採れたのが『コヤホソハナカミキリ』。もうノリウツギもお終いのようです。
 あとはおみやげでいただいたのが『ヤノトラカミキリ』と『スネケブカヒロコバネカミキリ』
 ヤノトラは模様が素敵だけれど、形も丸っこくてかわいい。クビアカトラみたいに胸が丸いです。
 スネケブカはいうにおよばず。なんでスネにブラシなんか付いてんだ〜?かわいいのお〜〜。
 ああ〜〜〜〜!!!この2種とも次は自力採集してやる!
 
[PR]
by aile21 | 2006-07-28 17:26 | とうちゃん

田亀

気になってなかなか寝れないっす。途中コンビニ灯火でタガメが採れたらしい。タガメも今期の目標だったので嬉しい〜ですね。灯火楽しそうだな〜〜。私も現場で見たかったな〜〜〜。
[PR]
by aile21 | 2006-07-27 02:16 | かあちゃん

湖西から高島市へ

06/07/16(土)
 活発な梅雨前線が日本海から下がって来る、という予報にビクビクしながらも『ちび宇治虫』と二人で出撃しました。今日は祇園祭りの宵よい山。京都市内は交通規制が厳しいので、湖西を抜けて行こう。
 
 春に立ち寄った棚田。まだミズカマキリが採れてない。「今はどんな感じ?」と思い寄り道。あたりはトンボの大軍に占拠されていました。空を被っています。
 あれ〜? 期待していた水路には水が殆どな〜い。う〜ん・・・。だめかな、これは。やっと小さな水路を見つけて救ってみる。
 このあたりは[獣害予防]のために電気柵と呼ばれる柵が田んぼという田んぼにはりめぐらされている。第三者の昆虫採集としてはなにも言う権利はないんだけれど、やっぱり恐いです。ホントにビリビリするのかなあ・・・。田んぼに近付けないなんて、それはそれで寂しい。
 マツモムシだらけでした。イモリもウロウロ。コオイムシ、ミズカマキリ、タイコウチはまだ幼虫(幼体?幼生?)です。タガメの幼虫でもいればという浅い期待は、スコールのように降り出した大雨にあっさりと洗い流されたのでした。
 『ちび宇治虫』は草地をふわふわ飛び交う『ヘリグロリンゴカミキリ』を掴まえて満足しています。

 さて雨足が強まる中、山奥を目指す。
標高が上がれば雨は止むのか?それとも激しくなるのか?
そもそも、なにしに行くんだっけ?
ルリボシ探しに行くんだよなあ。
・・・バシャバシャの雨と低気温。
なんで今、僕達は山奥を目指しているんだろう。

 林道のゲートに着いたときには霧雨状態になっていた。
・・・・・けれど、う〜〜〜ん、まったく気配なし。テンション下がりっぱなし。
 ああ〜〜〜〜、また降ってきたよ。・・・山降りよ。

 林道を下りながらあちこちに咲き広がっているノリウツギを救っていくことにしました。晴れていればなあ。こんなに満開なのに・・・。
 もう網がベチョベチョに張り付くよ〜。



 e0083097_13285710.jpgそんななかで、未採集種が少しづつ採れてきました。『ムネアカキマダラコメツキ』ちっちゃいけれどおっしゃれ〜!!
 そのあと似てるけどちょっと違う『キマダラコメツキ』追加。



e0083097_13373785.jpg遠くのノリウツギの花に・・・、おお〜っと、真打ち登場!!『アオカミキリ』み〜っけ!
 く〜〜っ・・・涙でる〜。


 だんだん二人の機嫌も戻ってきた。
 ・ニセシラホシカミキリ
 ・アオオビナガクチキ
 ・ムネアカクシヒゲムシ
 ・?ハナノミ
 ・クロハナムグリ(紋の無い真っ黒な個体。珍しい?)
 ・カドマルエンマコガネ♂♀
 ・?アワフキ などを採集できました。

 帰りに立ち寄った温泉の湯舟で『サクラコガネ』救出(採集)。『ちび宇治虫』が「でっかいシロホシテントウ見つけた〜。」というので見てみるとホントにデカい!!!!。(帰宅後調べてみれば『ジュウロクホシテントウ』と判明。)

 締めに、帰宅直前の深夜。地元のお気に入りの場所でマイマイカブリとノコギリクワガタ(小歯)を加えて終了。
 驟雨の中、久しぶりの親子採集に燃えた一日でした。ルリボシはまだおあずけ。
[PR]
by aile21 | 2006-07-17 14:16 | とうちゃん

あの夏が・・・

 
e0083097_22483237.jpg

 ゲンゴロウ(ナミゲン)とタガメを求めて親子で走り回った去年の夏。

 蛭やマムシにハラハラしながらひざまで泥水に浸かって網を掬い続けたあの夏。

 クラクラ〜〜〜・・・・と、暑さで失神しそうになったあの夏。

 あの夏がまたやって来る。

 森や林の昆虫採集はまだいいや。日陰があるんだもの。炎天下の田んぼって周りに身を寄せる木陰って意外とないんだよね〜。何度ぶったおれそうになったことか。

 ボチボチな虫、タイコウチやミズカマキリ、コオイムシ達は早々と採れてしまった。あとはタガメ、ゲンゴロウか・・・。きびしいな〜。このままいくと他の甲虫と同じように極小化に進みそうで怖いです。やっぱりデカイのをガツンッ!と採りたいですね〜。

 去年は運良く、奇跡的にクロゲンゴロウが一匹採れたのが全ての苦労に報いてくれた。あんなラッキーがあるものか。目標の壁の高さにちょっと弱気になっちゃうなあ。今年も「黒い天使」が舞い降りてくれますように・・・。

 稲の根元を泳ぐ小さな甲虫。「ゾウムシって水生昆虫じゃないよなあ〜。」とちび宇治虫と二人で首をかしげたあいつ。イネミズゾウムシ・・・。ちび宇治虫は今年こそ正体の分かったあいつも採るつもりだ。
 ヒラタドロムシ・・・。これも採りたいらしい。というより蛹(幼虫だっけ?)が見たいらしい。・・・これどこにいるの?・・・・

 甲虫中心の採集がモットーの我が家ではあるが、ちび宇治虫にとって水生昆虫はそれと同じくらい大切なターゲットらしい。ああ・・ゲンゴロウは甲虫か。

 あの夏がまたやって来る・・・・。

 ああ、やってきちゃうんだあ・・・。

 決戦近し!? 

 うそ嘘。まあボチボチいきますよ。

 だって他にも採りたい虫たちがたーくさんいるんだもんね。

 写真はtakao_bwさんのリクエスト、去年のオオミズスマシでーす。(ただの)ミズスマシ(長野県美ヶ原産)もあるんですけど、写真がペケです。コンパクトデジカメでは限界です。お許しを〜。
[PR]
by aile21 | 2006-05-03 00:01 | とうちゃん


京都南部の野山で宇治虫親子が発見した生き物の記録  出演 とうちゃん(aile21)・かあちゃん・ちび宇治虫(showzine)


by aile21

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

以前の記事

2016年 05月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 08月
more...

リンク

フォロー中のブログ

昆虫ブログ むし探検広場
生きもの写真家安田守の自...
もえび生物観察記
とある昆虫研究者のメモ
雑問のすすめ@じごまる
まぁくんのオサムシ
生きもの写真家 安田 守...
石神井公園の蟲日記
こぶ屋日記
虫の棲む星
些昆虫記
つやまぐ探虫記
別刊 宇治虫
さぼってばかりの虫屋日記2
古道具屋kanonさんち...
るど公園...
となりの昆虫記。
蠢蝦螽蟷昆蟲記

カテゴリ

全体
とうちゃん
ちび宇治虫
かあちゃん
こんなものみつけた
ちびがみつけたもの
カエル
上海編
関東編
東北編
中部編
沖縄編
中国編
四国編
東海編
北陸編
九州編
未分類

タグ

(213)
(186)
(108)
(84)
(83)
(66)
(52)
(47)
(36)
(33)
(20)
(19)
(19)
(19)
(14)
(13)
(11)
(10)
(6)
(6)

ライフログ


京都の昆虫


小さな骨の動物園


生き物屋図鑑


へなちょこカミキリロード―初心者のためのカミキリムシ入門


昆虫コレクション―集めて楽しむ (森の休日)


森と水辺の甲虫誌

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

近畿
自然・生物

画像一覧